とおりゃんせ〜深川人情澪通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とおりゃんせ〜深川人情澪通り』(とおりゃんせ ふかがわにんじょうみおどおり)は、北原亞以子の連作時代小説シリーズ。講談社より1989年刊行の『深川澪通り木戸番小屋』が第17回泉鏡花文学賞を受賞、2013年にかけてシリーズ化された。全6巻。江戸深川の澪通りの木戸番小屋に棲む心やさしい夫婦と、暮らしに苦しみ2人のもとを訪れる市井の人々との交わりを通じて人生の機微を描く。

とおりゃんせ〜深川人情澪通り』(とおりゃんせ ふかがわにんじょうみおどおり)と題してNHK総合金曜時代劇」で1995年から1996年テレビドラマ化、あおきてつおにより2004年から2005年に漫画化、『とおりゃんせ 深川人情澪通り』と題し2004年に舞台化された。

作品一覧[編集]

  1. 深川澪通り木戸番小屋(1989年4月)
    • 深川澪通り木戸番小屋
    • 両国橋から
    • 坂道の冬
    • 深川しぐれ
    • ともだち
    • 名人かたぎ
    • 梅雨の晴れ間
    • わすれもの
  2. 深川澪通り燈ともし頃(初出:『茨城新聞』1993年4月4日 - 11月18日 ほか)
    • たそがれ
  3. 新地橋 深川澪通り木戸番小屋(初出:『小説現代』1995年4月号、6月号、7月号、8月号、10月号)
    • 新地橋
    • うまい酒
    • 深川育ち
    • 鬼の霍乱
    • 親思い
    • 十八年
  4. 夜の明けるまで 深川澪通り木戸番小屋
    • 女のしごと(「晴れ、雨、曇り」改題、初出:『小説現代』1996年7月号)
    • 初恋(初出:『小説現代』1997年1月号)
    • こぼれた水(初出:『小説現代』1998年3月号
    • いのち(初出:『小説現代』1998年9月号
    • 夜の明けるまで(初出:『小説現代』2002年9月号)
    • 絆(初出:『小説現代』2003年1月号)
    • 奈落の底(初出:『小説現代』2003年4月号)
    • ぐず(「昔は昔」改題、初出:『小説現代』2003年7月号)
  5. 澪つくし 深川澪通り木戸番小屋(2011年6月)
    • いま、ひとたびの
    • 花柊
    • 澪つくし
    • 下り闇
    • ぐず豆腐
    • 食べくらべ
    • 初霜
    • ほころび
  6. たからもの 深川澪通り木戸番小屋(2013年10月)
    • 如月の夢
    • かげろう
    • たからもの
    • 照り霞む
    • 七分三分
    • 福の神
    • まぶしい風
    • 暗鬼

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

受賞歴[編集]

書誌情報[編集]

  1. 深川澪通り木戸番小屋(1989年4月24日、講談社、ISBN 978-4-06-202543-0)
    • 深川澪通り木戸番小屋(1993年9月3日、講談社文庫、ISBN 978-4-06-185484-0)
  2. 深川澪通り燈ともし頃(1994年11月14日、講談社、ISBN 978-4-06-207180-2)
    • 深川澪通り燈ともし頃(1997年9月12日、講談社文庫、ISBN 978-4-06-263609-4)
  3. 新地橋 深川澪通り木戸番小屋(1995年12月15日、講談社、ISBN 978-4-06-207845-0)
    • 新地橋 深川澪通り木戸番小屋(1998年9月14日、講談社文庫、ISBN 978-4-06-263882-1)
  4. 夜の明けるまで 深川澪通り木戸番小屋(2004年1月28日、講談社、ISBN 978-4-06-212197-2)
    • 夜の明けるまで 深川澪通り木戸番小屋(2007年6月15日、講談社文庫、ISBN 978-4-06-275770-6)
  5. 澪つくし 深川澪通り木戸番小屋(2011年6月9日、講談社、ISBN 978-4-06-216804-5)
    • 澪つくし 深川澪通り木戸番小屋(2013年9月13日、講談社文庫、ISBN 978-4-06-277647-9)
  6. たからもの 深川澪通り木戸番小屋(2013年10月18日、講談社、ISBN 978-4-06-218629-2)
    • たからもの 深川澪通り木戸番小屋(2015年10月15日、講談社文庫、ISBN 978-4-06-293237-0)

テレビドラマ[編集]

とおりゃんせ
深川人情澪通り
ジャンル 時代劇
原作 北原亞以子
『深川澪通り木戸番小屋』
『深川澪通り燈ともし頃』
『新地橋 深川澪通り木戸番小屋』
脚本 大野靖子
下川博
塩田千種
小林竜雄
綾瀬麦彦
斉藤樹実子
池田政之
演出 原島邦明
小林武
吉川邦夫
遠藤理史
関口聰
本木一博
原林麻奈
渡邊良雄
出演者 神田正輝
池上季実子
林隆三
石黒賢
大木実
ナレーター 平田満
音楽 大島ミチル
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 小宮山佳典
製作 NHK
放送
放送チャンネル NHK総合
音声形式 ステレオ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1995年9月15日 - 1996年3月15日
放送時間 金曜 20:00 - 20:49
放送枠 金曜時代劇
放送分 49分
回数 23
テンプレートを表示

とおりゃんせ〜深川人情澪通り』(とおりゃんせ〜ふかがわじんじょうみおどおり)と題し、1995年9月から1996年3月までNHKの「金曜時代劇」枠で放送された。北原亞以子の「深川澪通り木戸番小屋」シリーズを原作とした時代劇。

ストーリー[編集]

謎を秘めた木戸番小屋の夫婦と町の人々の交流を描いた、原則1話完結のシリーズ。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

カッコ内は放映日。

放送回 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1回 1995年09月15日 名人かたぎ 大野靖子
第2回 09月22日 樽屋のおくめ
第3回 09月29日 鬼に逢う日
第4回 10月06日 ともだち
第5回 10月13日 雲間の出来事 下川博
第6回 10月20日 似たものどうし 塩田千種
第7回 10月27日 うさぎ 大野靖子
第8回 11月10日 幼なじみ 小林竜雄
第9回 11月17日 残り火 下川博
第10回 11月24日 男の背中 塩田千種
第11回 12月15日 十手と簪(かんざし) 綾瀬麦彦
第12回 12月22日 わかれ道 斉藤樹実子
第13回 1996年01月05日 鶴の行方 大野靖子
第14回 01月12日 女子豹変す 斉藤樹実子
第15回 01月19日 冬の恋文 塩田千種
第16回 01月26日 福寿草 池田政之
第17回 02月02日 侘助 綾瀬麦彦
第18回 02月09日 頬の傷 綾瀬麦彦
第19回 02月16日 めぐり逢い 斉藤樹実子
第20回 02月23日 いのちの証 池田政之
第21回 03月01日 十三川騒動 大野靖子
第22回 03月08日 噂の女
最終回 03月15日 お捨と笑兵衛
  • 第1回は19:30 - 20:44に拡大。
  • 12月1日の第11回は「東京大田区立てこもり事件」関連ニュースのため20:33で途中中断。
  • 第13回は20:15 - 21:14に拡大。
NHK総合 金曜時代劇
前番組 番組名 次番組
とおりゃんせ
〜深川人情澪通り〜

漫画[編集]

あおきてつおにより漫画化され、集英社漫画時代劇ファン』2004年第1号から2005年第3号に連載(休載12号、13号)、時代劇ファンコミックスから刊行された。全2巻。

書誌情報(漫画)[編集]

舞台[編集]

とおりゃんせ 深川人情澪通り』と題して舞台化され、石原プロ明治座御園座の提携による名作特別公演として、明治座にて2004年8月1日から8月26日に、御園座にて10月31日から11月25日に上演された。

出演[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

  • 原作 - 北原亞以子『深川澪通り木戸番小屋』より
  • 脚本 - 大野靖子
  • 演出 - 水谷幹夫

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

  • NHK金曜時代劇
  • 慶次郎縁側日記 - 同じく北原亞以子作品で本作の約10年後に金曜時代劇/木曜時代劇の枠内でドラマ化された。(3.鬼に逢う日に森口慶次郎が登場している。)