ときわ丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ときわ丸
Sado Steam Ship Tokiwamaru at Niigata.JPG
新潟港沖を航行する「ときわ丸」
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 佐渡汽船
運用者 佐渡汽船
建造所 神田造船所川尻工場(540番船)
信号符字 JD3579
IMO番号 9666699
MMSI番号 431005219
経歴
起工 2013年7月22日
進水 2013年10月21日
竣工 2014年
就航 2014年4月8日
現況 就航中
要目
総トン数 5,380 トン
全長 125 m
全幅 21.8 m
デッキ数 5層
機関方式 ディーゼル
主機関 2機
推進器 可変ピッチプロペラ 2軸
航海速力 19.1ノット
旅客定員 1,500名
車両搭載数 大型バス28台、乗用車8台
または乗用車168台
テンプレートを表示

ときわ丸(ときわまる)は、佐渡汽船が運航しているフェリー

概要[編集]

おおさど丸 (2代)の代船として神田造船所川尻工場で建造され、2014年4月8日に就航した。

2014年3月26日新潟港へ初入港、翌27日に両津港へ初入港し、4月2日に新潟港で報道公開が行われた。4月3日には両津港、4月5日には新潟港で一般公開が行われ、両津港では約2700人、新潟港では約3500人が来場した。4月4日には、クラブツーリズムによる就航前のチャーター運航も行われた。

船名は公募され、社内の選考委員会で決定、2013年4月24日に発表された。永久不変を表す「常磐」と佐渡の象徴である「朱鷺」、和らぎを示す「和」をかけ、穏やかな凪の洋上を羽ばたくトキをイメージして、「ときわ丸」と命名された[1]。なお、応募総数1,729件のうち、「ときわ丸」への応募は29件だった。

航路[編集]

新潟両津航路

本船とおけさ丸 (3代)の2隻で1日5往復、繁忙期は最大7往復が運航される。冬期のドック期間中も直江津小木航路の就航船による代替運航で便数は維持される。

設計[編集]

船体は6層構造で最上層の6階が操舵室および乗組員区画、5・4階が旅客区画および乗組員区画、3階が旅客区画、1・2階が車両搭載区画となっている。 車両甲板は中央部が可動式の2段構造となっており、船首および船尾にバウドア・ランプウェイを装備する。

船内[編集]

船室[編集]

  • スイートルーム
  • 特等室
  • 一等室(イス席・ジュータン席)
  • 二等席(イス席・ジュータン席) - 親子優先席あり

設備[編集]

パブリックスペース

  • エントランスホール
  • イベントプラザ
  • 展望ラウンジ
  • 授乳室
  • 喫煙室
  • ペットコーナー

供食設備

  • スナックコーナー
  • 売店

娯楽設備

  • キッズコーナー
  • ゲームコーナー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “新造旅客カーフェリーの船名決定のお知らせ” (プレスリリース), 佐渡汽船株式会社, (2013年4月25日), http://www.sadokisen.com/data/info/f11366794324.pdf 2016年2月27日閲覧。