とくダネ!発 GO-ガイ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とくダネ!発 GO-ガイ!
ジャンル ワイドショー/情報番組
ディレクター 小室俊一(チーフ)
大熊一郎(〃)
司会者 小倉智昭
中島知子
梅津弥英子
笠井信輔
ナレーター 木村匡也
キートン山田
ほか
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
日向栄二
プロデューサー 織田雅彦
宗像孝
関英一
制作 フジテレビ
放送
音声形式 モノラル放送
とくダネ!発 GO-ガイ!
火曜ゴールデンタイム時代
放送期間 2003年2月4日 - 2003年9月23日
放送時間 火曜 19:00 - 19:54
放送分 54分
金曜ゴールデンタイム時代
放送期間 2003年10月17日 - 2004年2月27日
放送時間 金曜 19:00 - 19:57
放送分 57分
番組年表
関連番組 情報プレゼンター とくダネ!
テンプレートを表示

とくダネ!発 GO-ガイ!』(とくダネはつ ゴーガイ)は、2003年2月4日から2004年2月27日までフジテレビ系列(一部を除く)で放送されていたワイドショー情報番組である。

概要[編集]

情報プレゼンター とくダネ!』から派生した姉妹番組で、報道番組とはまったく異なる切り口でニュースを紹介することをコンセプトにしていた[1]。司会は『とくダネ!』本編にも出演している小倉智昭(フリーアナウンサー)と笠井信輔(フジテレビアナウンサー)、そして中島知子(当時オセロ、2003年9月まで出演) → 梅津弥英子(フジテレビアナウンサー、2004年1月から出演)が務めていた。コメンテーターも『とくダネ!』ではお馴染みの顔ぶれで、さらに泉谷しげるなどをゲストコメンテーターに招いていた。

番組は2003年9月まで生放送を行っていた。生放送によって番組内でタイムリーなニュースを伝えられるメリットはあったものの、当時の阪神タイガースの勢いと阪神ファンの行動(道頓堀に飛び込むなど)を紹介するVTRを見た泉谷が「まるで北朝鮮みたい…」と発言するなど、出演者による問題発言もたびたび起きていた。第3回放送当日の同年2月18日には予定を変更し、同日に起きた大邱地下鉄放火事件を番組全編で取り上げたが、その際にVTRの編集が放送開始までに間に合わなかったこと、そして先の問題発言が起きることへの懸念から、番組は同年10月をもって収録放送に切り替えた。同時に放送曜日を火曜から金曜に変更したが、これによって当時金曜に放送の裏番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ)に出演していた中島の司会継続が困難になり、同年9月をもって番組を降板することになった。中島の降板からしばらくの間は、小倉と笠井による司会体制で行われていた。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

スタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:西渕憲司 → 日向栄二(プロデューサーから昇格)[1][2]
  • ナレーション:木村匡也キートン山田、ほか
  • プロデューサー:織田雅彦、日向栄二 → 宗像孝/関英一(オフィス・トゥー・ワン)
  • チーフディレクター:小室俊一、大熊雅仁 → 大熊一郎(オフィス・トゥー・ワン)
  • 制作協力:オフィス・トゥー・ワン
  • 制作:フジテレビ情報1部 → フジテレビ情報番組センター

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b とくダネ!発 GO-ガイ!”. フジテレビ. 2003年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月18日閲覧。
  2. ^ とくダネ!発 GO-ガイ!”. フジテレビ. 2003年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月18日閲覧。
フジテレビ 火曜19:00 - 19:54枠
前番組 番組名 次番組
自信回復TV 胸はって行こう!
(2002年10月22日 - 2002年11月19日)

つなぎ番組
(2002年11月26日 - 2003年1月28日)
とくダネ!発 GO-ガイ!
(2003年2月4日 - 2003年9月23日)
火曜時代劇 夜桜お染
(2003年10月14日 - 2004年1月27日)
フジテレビ 金曜19:00 - 19:57枠
B.C.ビューティー・コロシアム
(2001年10月26日 - 2003年9月26日)
とくダネ!発 GO-ガイ!
(2003年10月17日 - 2004年2月27日)
単発特番 または 熱チュー!プロ野球
(2004年3月5日 - 2004年4月9日)

これでいいのダ!日本列島あかるいニュース
(2004年4月16日 - 2004年8月20日)