としごろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
としごろ
監督 市村泰一
脚本 元持栄美
製作 瀬島光雄
出演者 和田アキ子
森昌子
石川さゆり
山口百恵
音楽 小川寛興
主題歌 山口百恵「としごろ
撮影 小杉正雄
編集 杉原よ志
配給 松竹
公開 日本の旗 1973年4月14日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

としごろ』は、1973年4月14日に公開された日本映画

松竹配給、市村泰一監督。

作品内容[編集]

中学校のバレー部は、先輩の章子がコーチとして指導している。京子は兄が支配人をするレストランで友達を歓迎する。昌子は卒業後工場に勤め、優子は高校バレー部へ進むが、優子の父は職人だが手に怪我をして働くことができない。バレー部コーチの沼田は、優子を自宅に引き取り、学費も出して応援するが、優子を優遇しすぎたため沼田の妻は実家へ帰ってしまう。キャプテンの淳子は、昌子との待ち合わせの途中、三人の不良に輪姦され、妊娠してしまう。悩んだ淳子は、たまたま海辺で遭遇したなんらかの悩み抱えた男子生徒の山岸と心中してしまう。やがて不良三人は章子から警察へ突き出され淳子の心中の理由は知れる。優子は膝を怪我し、実家へ戻され、高校をやめて就職しようとするが、膝は再起不能と聞かされて諦める。

キャスト[編集]

挿入歌[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:市村泰一
  • 製作:瀬島光雄
  • 脚本:元持栄美
  • 音楽:小川寛興
  • 撮影:小杉正雄
  • 美術:梅田千代夫
  • 照明:佐久間丈彦
  • 編集:杉原よ志
  • 録音:鈴木正男
  • 助監督:福田幸平
  • スチール:小尾健彦