とちぎんTT証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とちぎんTT証券株式会社
Tochigin Tokai Tokyo Securities Co.,Ltd.
Utsunomiya Securities 2013-02-09.JPG
本店
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
320-0801
栃木県宇都宮市池上町4-4
設立 1945年2月(昭和20年)
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 5060001000039
金融機関コード 0641
事業内容 金融商品取引業
代表者 代表取締役社長:菊池正敏
資本金 3億100万円
従業員数 106名
(2018年10月1日現在)
主要株主 栃木銀行 60%
東海東京フィナンシャル・ホールディングス 40%
(2018年10月1日現在)
外部リンク http://www.tochigintt.co.jp/
特記事項:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第32号
テンプレートを表示

とちぎんTT証券株式会社(とちぎんてぃてぃしょうけん、: Tochigin Tokai Tokyo Securities Co.,Ltd.)は、栃木県宇都宮市に本店を置く日本の証券会社栃木銀行連結子会社

概要[編集]

60有余年の歴史を有する栃木県唯一の地場証券会社である。

2005年に東海東京証券の子会社となり、その後東海東京フィナンシャル・ホールディングス設立により同HDの子会社となった。 東海東京証券(および後身の東海東京FHD)は2007年の山口フィナンシャルグループを皮切りに、地域金融機関とのアライアンス戦略により営業基盤を拡大する施策を採っており、その一環として2016年8月23日栃木銀行に子会社である「宇都宮証券」株式の過半(60%)を譲渡し同年度内に栃木銀行の子会社とすることで基本合意したと発表。東海東京FHDも引き続き出資を維持し、両社の共同出資会社となった[1]
山口FGをはじめ横浜銀行、西日本シティ銀行、池田泉州ホールディングス、ほくほくフィナンシャルグループとのアライアンスは、共同出資により設立した地域新会社に東海東京証券の該当地域支店を会社分割により譲渡し営業開始させているが、栃木銀行とのアライアンスでは子会社の宇都宮証券を活用しての提携となった。
2018年(平成30年)10月、とちぎんTT証券に社名変更[2][3]した。

沿革[編集]

  • 1910年明治43年)11月 - 宇都宮信託合資会社として創業。
  • 1920年大正9年) - 宇都宮ビルブローカーを設立。同年、宇都宮信託合資会社を買収。
  • 1929年昭和4年) - 宇都宮ビルブローカーを解散し、宇都宮商会を設立。
  • 1945年(昭和20年)2月 - 宇都宮商会は組織変更し、宇都宮証券株式会社となる。
  • 2005年平成17年)5月 - 東海東京証券株式会社の傘下となる。
  • 2009年(平成21年)4月 - 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社の傘下となる。
  • 2017年(平成29年)4月 - 栃木銀行の連結子会社となる。
  • 2018年(平成30年)10月 - とちぎんTT証券に社名変更。

本支店一覧[編集]

  • 本店
  • 宇都宮東支店 栃木県宇都宮市東宿郷3丁目2-18
  • 今市支店 栃木県日光市今市474
  • 鹿沼支店 栃木県鹿沼市久保町1864-9
  • 真岡支店 栃木県真岡市並木町4丁目5-10
  • 西那須野支店 栃木県那須塩原市五軒町6-4
  • 越谷支店 埼玉県越谷市赤山本町10-15(栃木銀行越谷西支店内)

脚注[編集]