とってもシアワセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とってもシアワセ
ジャンル テレビドラマ
原作 松山善三(原案)
脚本 松山善三
出演者 辰巳柳太朗
製作
制作 TBS
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1966年4月30日 - 1967年3月25日
放送時間 土曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
回数 47

とってもシアワセ』は、1966年4月30日から1967年3月25日までTBS系列局で放送されていたTBS製作のテレビドラマである。ハウス食品工業(現・ハウス食品)の一社提供。全47話。

概要[編集]

苦しい時にも悲しい時にも笑顔を忘れずに信じあって生きていく一家の姿を描いたホームドラマ。原案者の松山善三が温めていたテーマで[1]、祖父と孫たちの交流を中心に描いていた。

TBSほかでは毎週土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送されていたが、同時間帯に自社製作ドラマ『部長刑事』を放送していた朝日放送では3日遅れの火曜 19:30 - 20:00 に放送されていた。

キャスト[編集]

参考:東京新聞東京新聞社、1966年4月30日付、テレビ欄の番組解説。 

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東京新聞』 東京新聞社、1966年4月30日付、テレビ欄の番組解説。 
TBS系列 土曜19:30枠
ハウス食品工業一社提供枠)
朝日放送を除く
前番組 番組名 次番組
新・名犬ラッシー
(1965年8月7日 - 1966年4月23日)
とってもシアワセ
(1966年4月30日 - 1967年3月25日)
窓からコンチワ
(1967年4月1日 - 1967年9月30日)