となりのとなり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
となりのとなり
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜 21:00 - 21:55(55分)
放送期間 1974年9月28日 - 1975年3月29日(27回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 波多腰晋二
脚本 松田暢子
池田一朗
プロデューサー 早川恒夫
出演者 小林桂樹
大原麗子 ほか
オープニング リバティ・ベルス「幸せがほしい/やさしい関係」
テンプレートを表示

となりのとなり』は、1974年9月28日から1975年3月29日まで夜9時から1時間枠で、日本テレビ系列で「グランド劇場」として放送されたテレビドラマ

概要[編集]

そば屋「つる鶴庵」の主人・亀田仙助(51歳)(小林桂樹)が23歳年下の美容師の桜井しずか(28歳)(大原麗子)にプロポーズする。このそば屋の家族と周囲の人々を描いたホームドラマ

キャスト[編集]

ゲスト出演

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「幸せがほしい」(作詞:松本隆、作曲・編曲:樋口康雄、歌:リバティ・ベルス)1974年12月まで
  • 「やさしい関係」(作詞:松本隆、作曲・編曲:樋口康雄、歌:リバティ・ベルス)1975年1月から
    • 主題歌のレコード発売時、これら主題歌はそれぞれA面とB面
    • CBSソニーから発売

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1話 1974年9月28日 (サブタイトル無し) 松田暢子 波多腰晋二
第2話 1974年10月5日 (〃) 田中康隆
第3話 1974年10月12日 (〃)
第4話 1974年10月19日 (〃) 波多腰晋二
第5話 1974年10月26日 (〃)
第6話 1974年11月2日 (〃) 田中康隆
第7話 1974年11月9日 (〃)
第8話 1974年11月16日 婚姻届! 夫50歳、妻25歳 松原敏春
第9話 1974年11月23日 後妻に同居を迫るとき
第10話 1974年11月30日 娘のラブレターを開けるとき
第11話 1974年12月7日 主人が仮病を使うとき 松田暢子
第12話 1974年12月14日 夫の過去がバレるとき 松原敏春
第13話 1974年12月21日 女房が尻に敷いたとき 池田一朗
第14話 1974年12月28日 亭主が借りを返す時
第15話 1975年1月4日 中年男が燃えるとき
第16話 1975年1月11日 母と息子がふれあうとき 松原敏春
第17話 1975年1月18日 娘の秘密をかくすとき
第18話 1975年1月25日 瞼の兄が名乗るとき 池田一朗
第19話 1975年2月1日 男まさりの娘が恋するとき 松原敏春
第20話 1975年2月8日 夫が遊びをおぼえるとき 池田一朗
第21話 1975年2月15日 若すぎる女房に合わせるとき 松原敏春
第22話 1975年2月22日 女の亭主が現れたとき 池田一朗
第23話 1975年3月1日 新婚旅行で疲れるとき
第24話 1975年3月8日 となりの縁談をこわすとき 松原敏春 篠木為八男
第25話 1975年3月15日 嫁と女房に出来たとき 池田一朗 田中康隆
第25話 1975年3月22日 男がつわりに悩むとき 篠木為八男
最終話 1975年3月29日 家族そろって旅立ちのとき 田中康隆
日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
となりのとなり