ともだちいっぱい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ともだちいっぱい
ジャンル 教育番組子供番組
テーマ曲作者 福田和禾子
オープニング 橋本潮水島裕ほか「ともだちいっぱい」
言語 日本語
製作
制作 日本放送協会
放送
放送局 NHK教育テレビジョン
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1990年4月 - 1995年3月
放送時間 火曜-土曜 10:30-10:45
放送枠 幼稚園・保育所の時間
放送分 15分
テンプレートを表示

ともだちいっぱい』は、1990年4月から1995年3月までにおけるNHK教育テレビ幼児向け番組ゾーンの総称。

概要[編集]

長年月曜 - 土曜の10:30からの15分間は幼児向け番組枠「幼稚園・保育所の時間」として位置づけられ各曜日にて個別に番組が制作・放送されていたが、1990年度からこれを月曜新設の『こどもにんぎょう劇場』を除き[1]1つのゾーンとして位置づけ、1989年度に放送されていた『やっぱりヤンチャー』のキャラクターを引き継ぐとともに設定を変更・拡張し、新たなキャラクターを加えて複数の曜日にわたって登場させた。番組タイトルは曜日順に『かずとあそぼ』『つくってあそぼ』『なかよくあそぼ』『しぜんとあそぼ』『うたってあそぼ』と、その内容を示す語句と「~あそぼ」の組み合わせで統一された。

このゾーンでは全曜日で小山田満月作詞・福田和禾子作曲[2]・出演者たちの歌唱によるテーマ曲を乗せたアニメーション映像の共通オープニングが流れ、オープニングの最後に各曜日の番組名が表示された。エンドクレジットにおける番組名も各曜日のタイトルではなく『ともだちいっぱい』のゾーン名が表示された[3]

1994年度には火曜の数量番組『かずとあそぼ』を『マホマホだいぼうけん』に、木曜の道徳番組『なかよくあそぼ』を『わいわいドンブリ』に一新した。この2番組はオープニングや本編冒頭で『ともだちいっぱい』のゾーン名が表示され、形式上は当ゾーンの番組として扱われたが、前述の共通オープニングは使用せず、ゴロリやモンタなど他曜日の既存キャラクターもこの2番組には一切登場しないなど構成は異なり、事実上ゾーンから独立した別番組として制作されていた。

1995年度にはゾーン解消となり『うたってあそぼ』『マホマホだいぼうけん』が1994年度をもって終了、『つくってあそぼ』『わいわいドンブリ』は独立番組として継続された。『つくってあそぼ』は2012年度まで、当ゾーン時代から数えて23年間にわたり継続放送された。また『しぜんとあそぼ』は同タイトルのまま番組内容を大幅に変更し、2013年度以降も継続放送されている。なお、2011年には「幼稚園・保育所の時間」枠自体も解消となった。

2014年2月1日16:00 - 17:00に「お願い!編集長」の企画として『なかよくあそぼ』『しぜんとあそぼ』『うたってあそぼ』『かずとあそぼ』の第1回が再放送された。

曜日ごとの内容[編集]

10:30の本放送を基準とする。「夕方」は16時台(年度により異なる。詳細は放送時間の節参照)、「朝」は9:15-の再放送枠を指す。
『マホマホだいぼうけん』『わいわいドンブリ』はそれぞれの項目を参照。

  • 火曜 『かずとあそぼ』(再放送:金曜夕方・月曜朝)
    数量番組。ペカリンさんの絵本の中の世界でモンタ達が数理学的なトラブルを解決するために冒険する。
    1990年度は『ピコピコポン』が継続放送されていたため他曜日から1年遅い1991年度から開始したが、1994年度は『マホマホだいぼうけん』となり、このゾーンでの放送期間が3年間と最も短い。
    一部エピソードにおいては『ピコピコポン』から「Xの概念」などのテーマやシナリオ、挿入歌の流用がされた。
  • 水曜 『つくってあそぼ』(再放送:月曜夕方・火曜朝)
    工作番組。ワクワクさんとゴロリが身近な素材と道具を使って工作し、遊ぶ。
    このゾーンで最初に放送を開始した。1995年度以降もオープニングを一新し独立番組として継続、2012年度まで放送された。
    当ゾーン期間中に制作された回もオープニングを差し替え、エンドクレジットの番組表記を『つくってあそぼ』に、NHKのロゴは当時の新ロゴ(「3つのたまご」ロゴ)に上書き変更して1995年度以降も再放送された。このため回によってはゴロリ以外のキャラクターをゾーン解消後に見ることができた。独立番組としての初回「つみきにペタリ」は新作ではなく1993年度制作分の再放送である[4]
  • 木曜 『なかよくあそぼ』(再放送:火曜夕方・水曜朝)
    道徳番組。ゆう兄ちゃんやモンタ、ソラミ、ヤンチャー達が仲良く遊んだり冒険をする。
    1989年度開始の前身番組『やっぱりヤンチャー』の内容を引き継いでいるが、設定や世界観などは変更されている。物語も仕切り直しがされ、ゆう兄ちゃんたちとヤンチャーとの初対面が当番組の初回で改めて描かれた。
    『かずとあそぼ』とともに1年早い1993年度をもって終了し、1994年度は『わいわいドンブリ』に交代した。
  • 金曜 『しぜんとあそぼ』(再放送:水曜夕方・木曜朝)
    自然科学番組。うしおお姉さんとヒョロリがモリリンコの森を観察する設定で動物や虫の生態を紹介する。
    1995年度以降も独立番組としてタイトルのみ残り、内容はドキュメンタリー形式に変更されたが、同ゾーンで始まった番組としては2020年度時点で唯一の存続番組である。
  • 土曜 『うたってあそぼ』(再放送:木曜夕方・金曜朝)
    音楽番組。うしおお姉さんとヒョロリが歌やダンスで遊ぶ。
    ゾーン解消とともに終了し、1995年度は新番組『うたってオドロンパ』に交代した。

曜日別番組表[編集]

年度 1990 1991 1992 1993 1994 1995 「ともだちいっぱい」廃枠後

数量番組
ピコピコポン
(ゾーン外)
かずとあそぼ マホマホ
だいぼうけん
マホマホだいぼうけん終了
(夏季テレビクラブで一部再放送[5]
数量番組廃止

工作番組
つくってあそぼ つくってあそぼを継続
火曜へ移動

道徳番組
なかよくあそぼ わいわい
ドンブリ
わいわいドンブリを継続
水曜へ移動

自然科学番組
しぜんとあそぼ しぜんとあそぼをリニューアルし継続
木曜へ移動

音楽番組
うたってあそぼ うたってあそぼ終了
金曜へ枠移動しうたってオドロンパ開始

放送時間[編集]

  • 本放送 火曜 - 土曜 10:30 - 10:45
  • 再放送(午前) 月曜 - 金曜 9:15 - 9:30
  • 再放送(夕方)
    • 月曜 - 金曜 16:00 - 16:15(1990 - 91年度)
    • 月曜 - 金曜 16:25 - 16:40(1992年度)
    • 月曜 - 金曜 16:30 - 16:45(1993年度)
    • 月曜 - 金曜 16:05 - 16:20(1994年度)

放送時間はすべてJST

夕方の再放送については、「ともだちいっぱい」廃枠後も1996年度まで続いた。

キャラクター[編集]

『マホマホだいぼうけん』『わいわいドンブリ』のキャラクターは除外。

曜日を問わず登場[編集]

ゴロリ以外の3人は枠解消後テレビに出演しなくなっていたが、2014年からは『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』(NHK BSプレミアム)で久々に登場している。

モンタ(声:田中真弓
ソラミ(声:林原めぐみ
『やっぱりヤンチャー』からスピンオフ登場の双子の猿のキャラクター。『なかよくあそぼ』を中心に登場する。
モンタくんはやんちゃだが少々泣き虫、ソラミちゃんはしっかり者だが少々我儘な性格。モンタくんの名前は猿の呼び方の「モンキー」から来ている。
ゴロリ(声:中村秀利
熊のキャラクター。のんびりした性格。『つくってあそぼ』を中心に登場しており、他の曜日への登場は比較的少なかった。
『ともだちいっぱい』枠が廃止になった1995年度以降はテレビに出演する唯一のキャラクターとして、独立番組となった『つくってあそぼ』でもわくわくさんと共に長きにわたり活躍した。
ヒョロリ(声:津久井教生
狐のキャラクター。担当番組は『しぜんとあそぼ』と『うたってあそぼ』だが、他の曜日への登場頻度も多い。

特定曜日のみに登場[編集]

基本的に各曜日のみの登場だが、特番で一同が共演することもある。

ゆう兄ちゃん(水島裕
『やっぱりヤンチャー』からのスピンオフ。『なかよくあそぼ』の進行役で、初期においては『つくってあそぼ』冒頭にも登場していた。毎回、オープニングタイトルが終わった後、視聴者の幼児に向かって優しく「こんにちは」と声をかけるところから番組が始まる。
うしおお姉さん(橋本潮
『しぜんとあそぼ』『うたってあそぼ』の進行役。ヒョロリンコに住む音楽家のお姉さん。オープニングタイトル後に「こんにちは」と声をかけるのはゆう兄ちゃんと同様。
わくわくさん(久保田雅人
『つくってあそぼ』の進行役。丸眼鏡と赤い帽子が特徴のデザイナーの青年。『ともだちいっぱい』後期では当該曜日のオープニングにも登場し、ゆう兄ちゃんやうしおお姉さん同様に「こんにちは」の挨拶も行う。『つくってあそぼ』が独立番組になった後も最終回まで活躍した。
ヤンチャー(声:鈴木清信
『なかよくあそぼ』のみに登場。『やっぱりヤンチャー』からのスピンオフのメカ亀。「タートルタートル」が口癖。怒るとヤンチャーパワーで相手を吹き飛ばす。自身の発言によるとシリーズの中では1号から3号までが存在しているらしく、初期型はエネルギー源として強化燃料となる特製ドリンクを必要としており、通常の食べ物を食べると体の中のメカが壊れるということだったが、3号は通常の食べ物がエネルギー源となるように改良がなされている。
ギャースカ(声:田中真弓)
『なかよくあそぼ』のみに登場する悪玉キャラ。猫の姿とカラスの姿を使い分けているがどちらが本当の姿かは不明。猫の姿でいることが多いが、たまに狸の姿をするときもある。『やっぱりヤンチャー』の頃から、様々なものへの変化は得意な様子。大魔王ギャオスの命令、さらには自身の欲望を満たすために毎回悪事をはたらく。
大魔王ギャオス(声:渡部猛
『なかよくあそぼ』のみに登場。毎回ギャースカにヤンチャーを島から追い出すよう指令を伝える。暗闇と声で表現されるため、実体は不明。
ペカリンさん(声:梅津秀行
『かずとあそぼ』のみに登場する同番組の進行役。数理学的なトラブルが起こると「困ったときがチャンスです~、頭の良くなるチャンスです~」と定番の歌を歌いながら登場し、モンタたちを絵本の中の世界に案内する。ペカリンさんの絵本の中で起こる数理学的事件を解決することで、モンタたちは現実でのトラブルを解決する方法を身に着けて帰還する。時には、正体を隠して絵本の中に登場し、解決の糸口を与えることもある。自身の発言によると「ペカリンキック」という必殺技があるらしい。

スタッフ[編集]

  • 作:小山田満月、東龍男、鈴木悦夫(うたってあそぼ)、朝比奈尚行(つくってあそぼ)
  • 音楽:福田和禾子(各番組共通)、小松原まさし(なかよくあそぼ)、井川雅幸(つくってあそぼ)、沖浩一(かずとあそぼ)、堀井勝美(しぜんとあそぼ)
  • 演奏:東京室内楽協会(各番組共通)、新室内楽協会(なかよくあそぼ)、アンサンブル・レニエ(しぜんとあそぼ)、アンサンブル・オーキーズ(かずとあそぼ)
  • 伴奏:小寺久美子(1990 - 91年度のうたってあそぼにおいてエレクトーン伴奏を担当。)
  • 振付:坂上道之助、大原晶子
  • 手遊び指導:阿部直美
  • 人形操演:山口真美、岡部満明、酒井三枝子、冨士川直実、萱島信子
  • 人形操作:船塚洋子、大江健司、佐久間治、磯辺美恵子
  • 人形デザイン・製作:ヒダ・オサム、劇団カッパ座
  • 人形美術:佐藤孝夫、加藤晃、岡部正義、上野新司、光子館
  • 絵:上野新司
  • タイトルアニメーション:落合由美子+3D

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 1990年度までは火曜にゾーン外の『ピコピコポン』を放送。
  2. ^ 福田和禾子オフィシャルサイト 作品リスト ともだちいっぱい”. ビュート・エージェンシー. 2020年8月8日閲覧。
  3. ^ 画面左上に「ともだちいっぱい」、右下に「おわり NHK」・1993年度 - 1994年度は「~おわり 制作・著作/NHK」と表示。「うたってあそぼ」では「おかあさんといっしょ」同様、右上からフェードインしていた。
  4. ^ NHKクロニクル NHK番組表ヒストリー |つくってあそぼ+つみきにペタリ 検索結果”. 日本放送協会. 2020年5月13日閲覧。
  5. ^ NHKクロニクル NHK番組表ヒストリー |マホマホだいぼうけん 検索結果”. 日本放送協会. 2020年5月13日閲覧。
NHK教育テレビ 幼稚園・保育所の時間 数量系番組(1991年度 - 1993年度)
前番組 番組名 次番組
ともだちいっぱい かずとあそぼ
NHK教育テレビ 幼稚園・保育所の時間 工作系番組(1990年度 - 1994年度)
ともだちいっぱい つくってあそぼ
つくってあそぼ
※内容そのままに独立番組化
NHK教育テレビ 幼稚園・保育所の時間 道徳系番組(1990年度 - 1993年度)
ともだちいっぱい なかよくあそぼ
NHK教育テレビ 幼稚園・保育所の時間 自然科学系番組(1990年度 - 1994年度)
ともだちいっぱい しぜんとあそぼ
しぜんとあそぼ
※タイトルのみ残し内容変更
NHK教育テレビ 幼稚園・保育所の時間 音楽系番組(1990年度 - 1994年度)
ともだちいっぱい うたってあそぼ