この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

とんちんこぼうず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とんちんこぼうず』はNHKの幼児向け番組『おかあさんといっしょ』内で放送された人形劇。1969年10月から1971年3月まで放送。 2018年現在、NHKの公式サイトでは「とんちこぼうず」と表記される[1]

概要

山寺の和尚さんといたずら好きの小坊主3人組「とんねん、ちんねん、かんねん」(とんちんかん)との「とんち合戦」や、寺の内外で起こる騒動を3人が協力して解決するという、「一休さん」を彷彿とさせるストーリーが展開される。

『おかあさんといっしょ』の歴代人形劇では3代目に当たる作品で、放送期間は1年半と最短である。

唯一メインキャラクターが人間という設定である(2016年現在)。主要キャラクターの演者はマスクのみを被っており、扮装は役柄に沿った衣装を着けた「マスクプレイ」スタイルが採用され、動物キャラなどが従来通りの着ぐるみやパペットだった。

人形デザイン(キャラクターデザイン)は引き続き土方重巳が担当したが、背景画などの装置デザインとして、風刺漫画や『かっぱ天国』などで知られ、墨絵漫画にも定評があった漫画家・清水崑が起用されている。

NHKの談話によると、NHK公式には映像は残っていないとされている。

キャラクター

スタッフ

関連項目

脚注


NHK教育テレビ おかあさんといっしょ人形劇
前番組 番組名 次番組
とんちんこぼうず