とん税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とん税(とんぜい、: tonnage tax)とは、とん税法(昭和32年3月31日法律第37号)に基づいて、外国貿易船の開港への入港に対して課される日本の租税。港湾施設などの行政サービスを受けることに対する応益的な税である。古い表記は噸税であるが、「噸」の字が当用漢字常用漢字でないことから、「とん税」という表記が法令・公用文の正式な表記である(国税犯則取締法第1条第1項には「噸税」の表記が残る)。

とん税の納税義務者は、原則的には外国貿易船の船長であるが、税関長の承認を受けた場合には、代行者や運航者が納税義務者となることもできる。

とん税の課税標準は、外国貿易船の純トン数に応じることとされ、税率は、次のとおりである。

  1. 開港への入港ごとに納付する場合 純トン数1トンまでごとに16円
  2. 開港ごとに1年分を一時に納付する場合 純トン数1トンまでごとに48円

現行とん税法の前身は、1899年(明治32年)に公布された噸税法である。

税収の推移[編集]

財務省の統計を参照(単位:100万円)

  • 平成17年度 9,116
  • 平成16年度 9,036
  • 平成15年度 8,809
  • 平成14年度 8,725
  • 平成13年度 8,557
  • 平成12年度 8,843
  • 平成11年度 8,705
  • 平成10年度 8,557
  • 平成9年度 9,206

関連項目[編集]