どっかうれしい金曜日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
どっかうれしい金曜日
DOKKA URESHII KINYÔBI
ジャンル 生活情報番組
出演者 高橋章子
伊沢勉
製作
制作 中京テレビ
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年4月3日 - 1989年3月31日
放送時間 金曜 10:30 - 11:20
放送分 50分
テンプレートを表示

どっかうれしい金曜日』(どっかうれしいきんようび)は、1987年4月3日から1989年3月31日まで中京テレビで放送されていた生活情報番組[1]である。名鉄百貨店の一社提供[1]。放送時間は毎週金曜 10:30 - 11:20 (日本標準時)。

前番組『真代のカゲキにシンデレラ』と同様に、主婦をターゲットにした内容で放送[1]。元『ビックリハウス』2代目編集長の高橋章子がメインキャスターを、俳優の伊沢勉がサブキャスターを務めていた[1][2]

コーナー[編集]

おとなり探偵団
スタッフが東海3県各地の一般家庭を訪問取材してきたVTRをもとに、高橋と伊沢がトークを繰り広げるコーナー。
アッコと勉のドッキントーク
高橋と伊沢がその日のゲストとトークをするコーナー。トークは毎回番組側が提示する1つのテーマに基づいて行われていた。
なるほどそうか!
「ベランダで出来る家庭菜園」「漬け物の作り方」「税金に関する豆知識」など、家庭の主婦にとっては耳寄りな情報を紹介するコーナー。
わたしの得意料理
視聴者から寄せられた各家庭自慢のオリジナル料理のレシピを紹介するコーナー。このコーナーで、出演者である高橋自身が家庭で実践しているオリジナル料理を紹介することもあった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 中日新聞縮刷版』中日新聞社、1987年4月3日、28頁。
  2. ^ 出典ページに記載の番組宣伝広告には「伊澤勉」と記されている。
中京テレビ 金曜10:30枠
前番組 番組名 次番組
真代のカゲキにシンデレラ
(1986年4月4日 - 1987年3月27日)
※10:30 - 11:25
どっかうれしい金曜日
(1987年4月3日 - 1989年3月31日)
金曜日が最高
(1989年4月7日 - 1992年3月27日)