どぶ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
どぶ
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
棚田吾郎
製作 吉村公三郎
出演者 乙羽信子
音楽 伊福部昭
撮影 伊藤武夫
編集 今泉善珠
製作会社 近代映画協会
配給 新東宝
公開 日本の旗 1954年7月27日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

どぶ』は、1954年に公開された近代映画協会の製作による日本映画。監督・脚本は新藤兼人が担当した。

概要[編集]

終戦直後の横浜市鶴見区にあるバラック部落を新藤が自身で取材し、映画化した。河童沼のほとりのルンペン部落に住む知恵遅れの女、ばくち好きの男、新興宗教にすがる老婆、元新劇の名優だったと自称する男たちの人生模様を描いている。

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

出演者[編集]