どーなつプリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

どーなつプリン』は、猫部ねこ作の漫画作品。講談社漫画雑誌なかよし』に2002年から2004年まで連載。単行本は「KCなかよし」から全3巻が刊行されている。

あらすじ[編集]

カラメル小学校5年生の望月美紅は学校の星見会で巨大な流星に遭遇し、その正体は宇宙怪獣の卵と思いきや、生まれたのは愛らしい女の子のモエちゃんだった。

そんな可愛いモエちゃんや正義の使者のうさっち、地球征服を企む謎の組織・ブラック・シュガー団等と、今日もカラメル小学校は大騒ぎに…。

登場キャラクター[編集]

モエちゃん
卵から生まれた可愛い女の子。ドーナツを思わせるシニヨンヘアと天使の羽が特徴。お菓子や甘い物が大好きで、中でも美紅の手作りドーナツ・どーなつプリンが大好物。うさっちのことがお気に入り。
後に美紅達の進級と同時に1年生(1年2組在籍)に編入する。友達としてカエルのケロ吉(後述)をよく連れている。
連載終盤で、モエモエ星のモエモエ星人(通称モエモエザウルス)と正体が判明した。
ブラックモエちゃん
ブラック・シュガー団のブラック光線で悪の心を植え付けられたモエちゃん。目付きは悪く耳が尖っており、八重歯が特徴。背中の羽は悪魔の羽に変わっている。
お腹が空いたり、辛い物(作中で主に食べるのはカレーパン)を食べると、ブラックモエちゃんに変身し、炎を吐いたり暴走する(ただし甘い物(主にどーなつプリン)を与えれば元に戻る)。
モエちゃん(大)
連載終盤で登場したモエモエ星人の一人。
羽がない点と大人の姿である点を除けばブラックモエちゃんとそっくりの容姿をしており、辛いものを食べると悪魔の羽が生え、炎を操る。関西弁で喋る。
ケロ吉
いつもモエちゃんが連れているカエル
普段は妻や子供、仲間のカエル達と共にカラメル小学校のプールで暮らしている。
カエル大明神
カエルの神様。カラメル小学校のプールの端に置かれたが存在し、プールを占拠したブラック・シュガー団を成敗した。
うさっち
宇宙の平和を守る為、うさっち星からやってきた正義の使者。耳の先が黒色で、ピンク色の体をしている。うさっち星では耳の先が黒いのは伝説の勇者の証となる。
後にモエちゃん同様、美紅達の進級と同時にカラメル小学校の1年生(1年2組在籍)に編入。
望月 美紅(もちづき みく)
私立カラメル小学校の生徒。連載当初は小学5年生だったが、後に6年生に進級[1]
お菓子作りが趣味で、モエちゃんが大のお気に入り。弟の翠に世話を焼いている。クラスメイトの星野(後述)に恋心を抱いているが、彼が美少女としての素顔を明かした黒子に好意的な感情を向けるようになったことに複雑な感情を抱いていたものの、連載終盤で黒子と友情が芽生えた。
望月 翠(もちづき みどり)[2]
私立カラメル小学校の生徒で、美紅の弟。姉同様、連載当初は小学5年生だったが、後に6年生に進級[1]
モエちゃんとは仲良しで、女子に大人気だが、あまり関心を持たない。実はカナリの悪趣味で以前黒子の覆面に一目惚れしたが、ブラックモエちゃんによって燃やされ、あっけなく破局(?)した。

私立カラメル小学校[編集]

作中の主な舞台となる小学校。緑色系の制服で、女子はセーラー、男子は詰襟(夏は半袖シャツ)と半ズボンで統一されている。一時はアクシデントで学校が全壊し、プレハブ校舎となったが、後に建て直された[3]

生徒たち[編集]

連載当初は5年2在組在籍していたが、後に6年2組に進級する[1]

望月 美紅(もちづき みく)
お菓子作りが得意。クラスメイトの星野とモエちゃんのことが好き。
詳細は#望月美紅参照。
望月 翠(もちづき みどり)
美紅の弟。女子からモテるが、あまり興味はない。モエちゃんと仲良し。
詳細は#望月翠参照。
星野 輝一(ほしの こういち)
美紅が想いを寄せている男の子。夢は何故か世界征服。
美少年だが、翠やモエちゃん、黒子が来てから人気がガタ落ちになっている。遂に念願のアイドルデビューを果たすものの、未だに人気は全く無い。翠をライバル視するが、あまり相手にされていない。あるトラウマがきっかけで幽霊が大の苦手。
宮竹 早苗(みやたけ さなえ)
美紅の友達。ツインテールが特徴。翠に恋心を寄せており、同じく彼に恋する京香とは影では恋のライバルだが、黒子が現れて以来は京香と新たな友情(?)が芽生え、黒子を目の敵にする。
中田島 京香(なかたじま きょうか)
美紅の友達。黒髪セミロングヘアが特徴。早苗と同じく翠に恋心を寄せており、影では恋のライバルだが、黒子が現れて以来は早苗と新たな友情(?)が芽生え、黒子を目の敵にする。
黒子・ブラックシュガー(くろこ -)
美紅のクラスの転校生で、ブラック・シュガー団のボスの娘。
詳細は#黒子・ブラックシュガー参照。

教師たち[編集]

ピエール
カラメル小学校の第22代学園長だったが、ブラック・シュガー団(のペット)に学園長の証のヅラを奪われたことで教頭に降格[4]。うさっちとはいいコンビ。
趣味はヅラコレクションだが、時々女物のヅラまで被っては、女装してしまう。
連載終了までヅラの下が明らかになることはなかった。
ポン太(ポンた)
ブラック・シュガー団のボスのペット(アライグマ)だが、カラメル小学校の第23代学園長。
詳細は#ポン太参照。
先生(本名不明)
美紅達のクラス担任。普段は冴えない性格だが、出世を夢見ている。
一時は学園長(代理)の命令で、風紀怪人Z[5]に変身するが、うさっちーズとブラックモエちゃんに成敗される。その後は以前と変わらず普通の教師として登場している。
新居 野々香(あらい ののか)
モエちゃんとうさっちのクラス担任で、新任教師。子供が好きで、特にモエちゃんがお気に入り。

ひみつ戦隊うさっちーズ[編集]

ブラック・シュガー団が学園長に就任してから学園を守る為、うさっちとピエールが結成したチーム。最初は2人だけだったが、後にモエちゃんと翠、ケロ吉に正体がバレて以降、5人(?)となった。メンバーの召集はカエル語放送によって集まる。

うさっちピンク
リーダー。バンダナとヘルメットが特徴で、武器は光線銃。
詳細は#うさっち参照。
ピエールレッド
サブリーダー。怪傑ゾロを思わせる衣装を身に纏っている。
詳細は#ピエール参照。
モエホワイト
ブラックモエちゃんに変身した戦法を得意とする。
詳細は#モエちゃん参照。
翠グリーン
メンバーの参謀役。ブラック・シュガー団の基地にモエちゃんとうさっちが潜入する際、ブレーンの立場についた。
詳細は#望月翠参照。
かえるブルー
姿を消した子供達を探して欲しいとメンバーに依頼し、子供達と共にうさっち達のピンチを救った。
詳細は#ケロ吉参照。

ブラック・シュガー団[編集]

地球征服を企む悪の組織。ポン太がカラメル小学校の学園長に就任してからは、生徒達にチョッカーのコスプレをさせたり、学校のプールを占拠したり、調理実習の肉じゃがを奪おうとする等、悪事を働いてたが、後期になってからあまり悪事を行わなくなっている。

悪のボス
ブラック・シュガー団のボス。いつも覆面を被って素顔を隠してるが、時々覆面を外して行水しているらしい。ペットのポン太を連れ、チョッカーを従える。娘の黒子を非常に可愛がっており、彼女に甘いところがある親バカ。
連載終了までピエールのヅラ同様、素顔が明らかになることはなかった。
黒子・ブラックシュガー(くろこ -)
美紅達のクラスの転校生で、ボスの娘。
初登場時は父と同じような覆面を被っていたが、アクシデントで覆面が燃えてしまうも、素顔は美少女。密かに翠に好意を寄せている。故に嫉妬深く、他の女子達が翠と仲良くしているのを見るとチョッカーをけしかけ、邪魔をしてくる。連載終盤で美紅と友情が芽生えた。
ポン太
ボスの飼っているアライグマ。性別はオス。ボスには可愛がられている。作中でピエールのヅラを被って以降、カラメル小学校の第23代学園長になる。
チョッカー
ブラック・シュガー団の子分。いつもサルのように「キー」とかしか喋れない。
女子チョッカー
黒子専用のチョッカー兵士。ピンクのスカートとリボンが特徴。

うさっち星[編集]

うさっちの故郷。うさぎの形をした惑星で、一時うさっちが故郷へ里帰りする際、モエちゃんや美紅、翠が勝手に付いてきた。

うさっち
うさっち星の勇者。
詳細は#うさっち参照。
カルロス
うさっちの後輩。うさっちを先輩と呼び、尊敬している。作中では美紅に対して顔を赤らめる描写を見せた。
ジャクリーヌ
うさっちの恋人。愛らしい雰囲気とは裏腹に怒ると怖い。
長老
うさっち星の長老(年齢不詳)。ジャクリーヌの祖父でもある。

書籍情報[編集]

  1. ISBN 4063640108
  2. ISBN 4063640361
  3. ISBN 4063640620

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『なかよし』2003年4月号
  2. ^ 1話では風邪を引いてたため、名前のみの登場だったが正式に登場したのは3話から。
  3. ^ 地下にブラック・シュガー団の基地が存在する。
  4. ^ それ以降はタオルで頭部を隠してたが、後に新しいヅラを購入するも、以前のヅラとあまり変わらなかった。
  5. ^ 「悪に魂を売りわたした教師」という設定で、生徒達曰く「変態」。