なか卯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社なか卯
Nakau Company, Limited
Nakau Sendaihigashiguchi Shop.jpg
なか卯店舗例(仙台東口店)
種類 株式会社
略称 なか卯
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南2丁目18番1号
設立 1966年2月4日
(玉堀建物株式会社)
業種 小売業
法人番号 6010401089907
事業内容 丼、うどんを中心とした和風ファストフード店、及びそのチェーン本部の経営
代表者 平山賢太郎(代表取締役社長
資本金 1千万円
(2016年8月末日現在)
売上高 335億円(2018年3月期)
従業員数 237人(2018年3月末日現在)
決算期 3月31日
主要株主 ゼンショーホールディングス (100%)
外部リンク https://www.nakau.co.jp/jp/
テンプレートを表示

株式会社なか卯(なかう)は、(どんぶり)[1]うどんをメイン商品とする外食チェーンストア

2012年3月末現在、直営店とFC店を合わせて日本国内に489店舗[2]を展開している。株式会社ゼンショーホールディングス連結子会社である。

概要[編集]

親子丼などの丼もの以外に、うどんにも力を入れているのが特徴である。

2018年12月現在の未出店または撤退で店舗が存在しない地域は、長野県和歌山県島根県徳島県福岡県以外の九州地方沖縄県。九州地区は2017年の熊本市東区の長嶺店の閉店を最後に一度完全撤退したのち、2018年に福岡市早良区に小田部店を出店し再出店を果たした。かつては宮崎県・鹿児島県にも店舗があったが、撤退している。2018年12月現在、これらの未出店地域の出店および撤退した地域の再出店予定は全くの白紙である。

高知県は一度撤退していたが、2008年10月に再進出。石川県も一度撤退後、長らく店舗が存在しなかったが、2009年2月11日に再進出。青森県にあった店舗はエリアフランチャイズ契約解除などが理由で独立して地元運営会社の経営による「いち家」に転換しているが、2009年6月に再進出(第一フードサービスとは別経営)。また、千葉マリンスタジアム平和島競艇場内にも店舗が存在する。

漫画キン肉マン』に登場する牛丼には、なか卯がモデルとなっているものがある。作者ゆでたまごによれば大阪・住之江にあった店を参考としており、漫画内の店頭看板やメニューにて「牛丼・うどん」と描かれている点などからも、なか卯と判別できるとしている[3]

店内で流れる「なか卯」オリジナル曲は、小西めぐみの歌唱による「なか卯って」である。

沿革[編集]

メニュー[編集]

親子丼
  • カレー(店舗によってはかつカレーもあり)
  • うどん(つゆは京風)
  • 定食(定食の持ち帰りは原則不可)
  • 朝食メニュー(目玉焼きベーコン朝定食、目玉焼き朝定食)
  • 期間限定メニュー

かつて存在していたメニュー[編集]

牛丼 並盛り
    • 牛丼
    • 衣笠丼 - あげをだしと卵でとじた京都伝承の丼
    • 木の葉丼 - ごぼう入りのさつま揚げを薄く切り、油揚げと一緒に卵でとじた丼[8]
    • 牛すき丼

食材[編集]

2004年2月2日アメリカ合衆国牛海綿状脳症(BSE)が発生し、アメリカ産牛肉の輸入が禁止されたことにより在庫が無くなったため、主要チェーンでは最も早く牛丼の販売を停止した。

2006年6月頃、アメリカ産牛肉の輸入再開が見込まれた時期より、多くの牛丼チェーンが米国産の早期の使用再開を表明した。しかし、親会社ゼンショーは「わが社の基準で安全性が確認されない限り米国産牛肉には戻せない」とのコメントを出しており、同様の方針を掲げるグループ内のすき家と共に、他牛丼チェーンと姿勢を大きく異にしている。

店舗例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]