なごやか (鉄道車両)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄12系客車 > なごやか (鉄道車両)

なごやかは、日本国有鉄道(国鉄)が1980年(昭和55年)に改造製作し、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化以降は東日本旅客鉄道(JR東日本)が1997年(平成9年)まで保有していた和式客車で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。

概要[編集]

東京北鉄道管理局が1980年12月から1981年(昭和56年)にかけて製作した、車内を敷きにした和式客車である。12系改造のお座敷列車としては門司鉄道管理局のお座敷列車「海編成」に続いて2編成目である。いずれの車両も12系から改造されており、両端の車両はスロフ12形800番台、中間の車両はオロ12形800番台である。改造は大宮工場が担当した。

各車の愛称は、関東地方の旧国名から採られている。全車両がグリーン車である。

  • 1号車 スロフ12 803「相模」(旧スハフ12 8) - 定員44名
  • 2号車 オロ12 805「武蔵」(旧オハ12 226) - 定員46名
  • 3号車 オロ12 806「安房」(旧オハ12 243) - 定員46名
  • 4号車 オロ12 807「上野」(旧オハ12 20) - 定員46名
  • 5号車 オロ12 808「下野」(旧オハ12 18) - 定員46名
  • 6号車 スロフ12 804「常陸」(旧スハフ12 11) - 定員44名

なお、塗装は改造当初12系原色のままであったが、1987年に原色をベースに赤白の斜め線を入れた塗装となったのち、1992年に白と水色で車体を斜めに塗り分けた塗装に変更された。

沿革[編集]

尾久客車区(現在の尾久車両センター)に配置され、主に関東地区の団体臨時列車として運用されていた。

  • 1981年 運行開始。
  • 1987年 JR東日本に継承、塗装変更。「なごやか」の愛称付与。
  • 1992年 塗装変更。
  • 1997年 後継車両として485系改造の「」が登場し、それに伴い廃車。