なごり雪 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
なごり雪
監督 大林宣彦
脚本 南柱根
大林宣彦
原案 伊勢正三「なごり雪」[1]
製作 大林恭子
工藤秀明
山本洋
出演者 三浦友和
音楽 學草太郎
山下康介
主題歌 伊勢正三「なごり雪
撮影 加藤雄大
編集 大林宣彦
内田純子
製作会社 PSC
TOSエンタープライズ
大映
配給 大映
(現・KADOKAWA
公開 日本の旗 2002年9月28日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

なごり雪』(なごりゆき)は、2002年9月28日に公開された大林宣彦監督の日本映画作品。伊勢正三作詞・作曲の楽曲なごり雪」をモチーフとする。映画の原案も伊勢正三による[2]

作品概要[編集]

大林宣彦監督による大分三部作[3]の第一作。旧友の妻が交通事故で危篤状態にあるとの呼び寄せで、50歳を迎えた男が28年ぶりに故郷・臼杵市に帰郷する。津久見市出身の伊勢正三の『なごり雪』をモチーフに、淡い青春の想い出を描く。

臼杵の古い街並みが残る二王座でのうすき竹宵や、臼杵磨崖仏での石仏火祭りなど、臼杵各地で撮影が行われたほか、大分市や旧・宇目町(現・佐伯市)でもロケが行われている。

映画内の登場人物のセリフとして、楽曲『なごり雪』の歌詞をそのまま使うという、実験的な試みがなされている。

映画会社大映が手がけた最後の制作・配給作品となった。(2002年10月に角川書店新旧分離方式で事業譲渡し、角川大映映画(現・KADOKAWA)に承継)

DVDソフト版では、冒頭にテレビのアスペクト比の調整を促すデモンストレーションが収録されている。

キャスト[編集]

  • 三浦友和(梶村祐作)
  • 須藤温子(雪子)
  • 細山田隆人(祐作・過去)
  • 反田孝幸(水田・過去)
  • 長澤まさみ(水田夏帆)
  • 田中幸太朗(杉田良一)
  • 斎藤梨沙(新谷由梨絵)
  • 日高真弓(槙弘美)
  • 小野恒芳(弘美の父)
  • 大谷孝子(弘美の母)
  • 広瀬大亮(弘美の弟)
  • 山本佳奈(テニス部員)
  • 山本梨香(テニス部員)
  • 赤嶺徳幸(テニス部員)
  • 荒瀬貴子(テニス部員)
  • 峰岸マック(弘美の愛犬)
  • 東明里(三歳の雪子)
  • 安東衣世(現在の雪子)
  • 前田麻子(看護婦)
  • 小形雄二(医師)
  • 左時枝(梶村道子)
  • 津島恵子(水田の母)
  • ベンガル(水田健一郎)
  • 宝生舞(菅井とし子)

スタッフ[編集]

  • 監督:大林宣彦
  • プロデューサー:大林恭子、山崎輝道、福田勝
  • 原案:伊勢正三「なごり雪」
  • 主題歌:「なごり雪」伊勢正三自身が歌っている。
  • 脚本:南柱根、大林宣彦
  • 撮影:加藤雄大
  • 美術:竹内公一
  • 衣装:千代田圭介
  • 編集:大林宣彦、内田純子
  • 音楽:山下康介、學草太郎
  • 撮影協力:大分県臼杵市、臼杵市商工会議所、竹田市宇目町野津町 ほか

ロケ地[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ DVDのエンドロールによる
  2. ^ DVDのエンドロールによる
  3. ^ ただし、2013年現在で製作されているのは2作品であるため、三部作としては完結していない。

関連項目[編集]