なでしこリーグカップ2016

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2016 なでしこリーグカップ1部
プレナスなでしこリーグカップ1部
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2016年6月4日-9月3日
参加チーム数 10
優勝 日テレ・ベレーザ
準優勝 ジェフ千葉レディース
試合総数 43
ゴール数 131 (1試合平均 3.05 点)
観客動員数 51,803 (1試合平均 1,205 人)
得点王 横山久美(AC長野)(9得点)
2013
2017
テンプレートを表示
2016 なでしこリーグカップ2部
プレナスなでしこリーグカップ2部
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2016年6月12日-9月3日
参加チーム数 10
優勝 ASハリマ アルビオン
準優勝 日体大 FIELDS 横浜
試合総数 43
ゴール数 138 (1試合平均 3.21 点)
観客動員数 19,469 (1試合平均 453 人)
得点王 嶋田千秋(日体大)(6得点)
2017
テンプレートを表示

プレナスなでしこリーグカップ20162016年6月から9月にかけて行われた、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)のカップ戦である「なでしこリーグカップ」の2016年大会である。1部・2部と各部別に大会が行われ、1部では日テレ・ベレーザが2大会ぶり6度目の優勝、初開催の2部ではASハリマ アルビオンが優勝を果たした。

概要[編集]

なでしこリーグカップは過去2年間、1部リーグの拡充(10チーム2回総当たりのレギュラーシリーズと、その後上位6チームと下位4チームによる決勝ラウンド「エキサイティングシリーズ」の開催)に伴いいったん廃止していたが、2016年からリーグ戦の「エキサイティングシリーズ」を廃止し、レギュラーシリーズに一本化することになり、それに代わる形でカップ戦を復活させることになった[1]

2016年度のカップ戦は、「なでしこリーグ1部」と「なでしこリーグ2部」それぞれで開催する。なお大会はリーグ戦の中断期間(リオデジャネイロオリンピックに向けた日本女子代表の強化期間として想定されていた)を利用して施行される[2][3]。6月3日に決勝トーナメントの詳細が発表され、決勝戦は1部・2部共に9月3日に味の素フィールド西が丘で行われる[4]

開催方式[編集]

なでしこリーグカップ1部[編集]

なでしこリーグカップ2部[編集]

試合形式[編集]

  • 各部共通
  • 1試合90分(45分ハーフ)で行う。
  • 決勝トーナメントは準決勝・決勝共に1試合で勝敗を決する。
  • 準決勝は90分で決着が着かない場合は延長戦を行わずPK戦を行う。決勝は延長戦20分(10分ハーフ)を行い、それでも決着が着かない場合はPK戦を行う。
  • 選手交代は5人まで認められる。

結果[編集]

なでしこリーグカップ1部[編集]

グループリーグ[編集]

Aグループ[編集]
チーム
1 日テレ・ベレーザ 8 6 2 0 29 1 +28 20
2 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 8 5 0 3 10 8 +2 15
3 INAC神戸レオネッサ 8 4 2 2 16 4 +12 14
4 伊賀フットボールクラブくノ一 8 2 0 6 6 15 −9 6
5 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻 8 1 0 7 5 38 −33 3











Bグループ[編集]
チーム
1 ベガルタ仙台レディース 8 5 2 1 11 4 +7 17
2 浦和レッドダイヤモンズ・レディース 8 3 4 1 14 10 +4 13
3 AC長野パルセイロ・レディース 8 4 1 3 17 15 +2 13
4 アルビレックス新潟レディース 8 3 1 4 10 10 0 10
5 岡山湯郷Belle 7 0 2 5 4 17 −13 2











決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
8月27日 柏の葉    
 日テレ・ベレーザ 4
 浦和レッズ・レディース 0  
  9月3日 味フィ西
 日テレ・ベレーザ 4
   ジェフ千葉レディース 0
8月27日 三木陸上  
 ベガルタ仙台レディース 0
 ジェフ千葉レディース 1  
準決勝[編集]



決勝[編集]


なでしこリーグカップ2部[編集]

グループリーグ[編集]

Aグループ[編集]
チーム
1 ノジマステラ神奈川相模原 8 7 1 0 22 6 +16 22
2 日体大 FIELDS 横浜 8 4 1 3 16 13 +3 13
3 ちふれASエルフェン埼玉 8 3 3 2 12 12 0 12
4 ニッパツ横浜FCシーガルズ 8 3 1 4 14 15 −1 10
5 スフィーダ世田谷FC 8 0 0 8 5 23 −18 0











Bグループ[編集]
チーム
1 セレッソ大阪堺レディース 8 6 0 2 22 9 +13 18
2 ASハリマ アルビオン 8 5 1 2 11 6 +5 16
3 愛媛FCレディース 8 4 3 1 17 9 +8 15
4 アンジュヴィオレ広島 8 0 3 5 4 13 −9 3
5 FC吉備国際大学Charme 8 0 3 5 6 23 −17 3











決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
8月27日 柏の葉    
 ノジマステラ相模原 1(3)
 ASハリマ アルビオン(PK) 1(5)  
  9月3日 味フィ西
 ASハリマ アルビオン 2
   日体大 FIELDS 横浜 0
8月27日 三木陸上  
 C大阪堺レディース 2
 日体大 FIELDS 横浜 3  
準決勝[編集]

2016年8月27日
16:00
ノジマステラ神奈川相模原 1 - 1 ASハリマ アルビオン
吉見夏稀 40分にゴール 40分 公式記録 (PDF) 千葉園子 43分にゴール 43分
  PK戦  
ミッシェル・パオ 成功
和田奈央子 成功
吉見夏稀 ミス
田中陽子 成功
3 - 5 成功 桑原茜
成功 葛馬史奈
成功 小池快
成功 坂崎奏
成功 千葉園子
千葉県立柏の葉公園総合競技場
観客数: 949人
主審: 的崎睦子

2016年8月27日
16:00
セレッソ大阪堺レディース 2 - 3 日体大 FIELDS 横浜
野島咲良 28分にゴール 28分
宝田沙織 61分にゴール 61分
公式記録 (PDF) 植村祥子 9分にゴール 9分
三浦桃 19分にゴール 19分
平田ひかり 89分にゴール 89分
兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場
観客数: 314人
主審: 高橋美里

決勝[編集]

2016年9月3日
16:00
ASハリマ アルビオン 2 - 0 日体大 FIELDS 横浜
葛馬史奈 16分にゴール 16分
千葉園子 28分にゴール 28分
公式記録 (PDF)
味の素フィールド西が丘
観客数: 1,001人
主審: 朝倉みな子

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 8月6日開催予定だったが、雷の影響により中止[5]、21日に代替開催することが決定した[6]

出典[編集]

  1. ^ なでしこリーグ大改革 3年ぶりカップ戦復活へ(日刊スポーツ2015年7月15日 2016年2月1日閲覧)
  2. ^ 2016プレナスなでしこリーグ・2016プレナスチャレンジリーグ日程発表”. 日本女子サッカーリーグ (2016年2月5日). 2016年2月6日閲覧。
  3. ^ なでしこリーグ日程発表 日テレは浦和と開幕戦(日刊スポーツ2016年2月5日 2月6日閲覧)
  4. ^ “2016プレナスなでしこリーグカップ準決勝戦・決勝戦詳細決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2016年6月3日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/2016/0603_1611.html 2016年6月4日閲覧。 
  5. ^ “2016プレナスなでしこリーグカップ2部 第9節 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2016年8月6日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/2016/0806_1746.html 2016年8月8日閲覧。 
  6. ^ “2016プレナスなでしこリーグカップ2部 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2016年8月10日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/2016/0810_1721.html 2016年8月14日閲覧。 

参考資料[編集]

関連項目[編集]