ななまがり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ななまがりは、森下直人初瀬悠太からなる日本お笑いコンビ2014年に活動拠点を大阪から東京へ移転。オーディションで吉本興業所属となったため、NSC卒業生ではない。大阪NSC28期生、東京NSC11期生と同期扱い。
2020年10月22日 ななまがりトークライブ「ななしゃべり」質問コーナーにてななまがりファンの呼称を架空客ペセに仮決定。

ななまがり
NANAMAGARI
メンバー 森下直人
初瀬悠太
別名 ムーシー藤田(森下)
わんわん(初瀬)
結成年 2007年
事務所 吉本興業
出身 かわら長介放送作家魁塾4期(森下)
NSC岡山校1期中退(初瀬)
出会い 大阪芸術大学
落語研究寄席の会
芸種 コント漫才
ネタ作成者 両者
同期 稲田直樹アインシュタイン
すゑひろがりず
チョコレートプラネット
シソンヌ
向井慧パンサー
井下好井 など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2014年 よこすか大声大会 優勝(初瀬)
2014年 よしもと男前ブサイクランキング ブサイク13位(初瀬)
2015年 よしもと男前ブサイクランキング ブサイク29位(初瀬)
2016年 キングオブコント 9位
2019年 よしもと男前ブサイクランキング ブサイク56位(初瀬)
2020年 R-1ぐらんぷり 決勝Bブロック 3位(森下)
2020年 文春オンライン 好きな芸人ランキング 74位
テンプレートを表示
ななまがりコントグラフィー
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年 -
ジャンル コメディ
登録者数 6270人
総再生回数 602,531回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年10月26日時点。
テンプレートを表示

メンバー[編集]

森下 直人[編集]

(もりした なおと、 (1986-05-20) 1986年5月20日(34歳) - )男性。ボケ担当。神奈川県横浜市出身。身長168.5cm、体重62kg、 血液型O型、左利き。薄毛である。

  • 趣味は、ポケモン (特にピカチュウが好き)、映画、ドラマ鑑賞、マスコットキャラクター好き(デニャーズ
  • 特技は、数学、中距離走、リフティング
  • 未婚。彼女いない歴=年齢(2020年10月現在)だが、童貞ではない。
  • 大阪が活動拠点だった時代は同期のすゑひろがりず南條、ロングロング長峰とルームシェアをしていた。
  • R-1ぐらんぷり2020ファイナリスト。「乳首隠せない男」を披露し、決勝Bブロック3位となる。
  • キモお兄さん、ムーシー藤田、ぬいぐるみかわいニストnao中身ジャニーズ 生田潤など様々なキャラクターに変身する。
  • 近年では、ムーシー藤田による「架空芸能人ものまね」が注目されており、AbemaTV「チャンスの時間」やテレビ東京「勇者ああああ 〜ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組〜」に何度も出演。
  • 変人、奇人役を演じることが多いが、私生活の森下も変人エピソードが多く、芸人仲間には有名。
    • 自分が住んでいるアパートで飲食が出来ず、外の駐車場でそのアパート見ながら、または、公園で飲食する生活をしている。このようになってしまった原因は、過去住んでいた古いアパートでバルサンを焚いて外出、帰宅後約50匹のゴキブリの死骸を見て1匹ずつ自分で数えながら拾った辛い経験から。以降、金銭的に無理をして綺麗なアパートに引っ越しても自分の家=ゴキブリという潜在意識が消えずに吐き気を催して飲食は出来ない。他人の家ならどんなに汚い部屋でも飲食可能。
    • 脳内にリトル森下と名付けたもう一人の人格が存在する。森下本人の行動に指示を出してくるが無理難題な指示を出された時には森下本人がリトル森下と交渉するシステムが有るため、人に迷惑や危害を与えることはない。

初瀬 悠太[編集]

(はつせ ゆうた、 (1986-04-05) 1986年4月5日(34歳) - )男性。 ツッコミ担当。香川県高松市出身。身長181cm、体重85kg、血液型O型。非常に声が大きい。

  • 小学生の頃から千葉ロッテマリーンズファン。一番好きな選手は黒木知宏選手(2007年引退)。考え方、芸風は黒木選手のプレースタイルに強く影響を受けている。
  • 実家が香川県高松市「つるいち」という讃岐うどん屋を経営している。父親は、2010年 さぬきうどん技能グランプリのファイナリスト。
  • 新中野ハウスと称して後輩とルームシェアをしている。メンバーは、初瀬、ゲラゲラ星人ダンビラムーチョ原田、キンボシ有宗。
    • 元々同メンバーで方南町ハウスでルームシェアをしていたが、2020年秋頃のアパート取り壊しにより解散予定だった。しかし、個々の事情が重なり、ルームシェアを継続。ルームシェア芸人界隈ではメンバー変更なしに引っ越しすることは異例らしく、仲の良さが窺える。
  • 森下の変人さが話題になりがちだが、初瀬もなかなかの変人である。平場では後輩からもイジられる性格で「なんじゃい!」「アウェイやないか!」というワードを言う⇄言わせられるのが定番。
  • 同期のすゑひろがりず三島とは親友。
    • すゑひろがりずが2019年M-1グランプリの決勝進出し取材が増えているのにも関わらず、三島が結婚発表の場に選んだのが、初瀬メインの「方南町ハウストークライブ」でヨシモト∞ドーム ステージII(定員50席)だった。
    • 三島の親友ランキングは地元の友達を含めると初瀬は5位になってしまう。
  • 交際中の彼女、通称にゃんにゃんがいる。(2020年10月現在)
    • よしログ配信のチャット欄にて目撃情報(交際前)をリークされて以降、初瀬本人も公言、バカップルエピソードも披露、暴露されており、芸人仲間やファンからも周知されている。
    • お互いの呼び方は初瀬がわんわん、彼女がにゃんにゃん。由来は、初瀬がEテレ「いないいないばあっ!」の犬のキャラクター「ワンワン」に似ていると彼女が言ったことから。犬と猫はセットのイメージということで彼女はにゃんにゃんとなった。
    • にゃんにゃんが好きすぎるという理由で人目を気にせずにいちゃいちゃする。吉本興業を代表する劇場ルミネtheよしもとのあるルミネ新宿のエスカレーターでも平気でキスをすると語る。
    • 2020年2月22日のななまがり・すゑひろがりずユニットライブ「地獄変」の打ち上げに初瀬がにゃんにゃんを参加させた。打ち上げ会場に手を繋いで現れ、帰宅の電車では埼京線大宮駅から新宿駅まで森下、南條、三島と向かい合う形になる対面のシートに座り、南條曰く「手を繋いで耳を食べるか舐めるくらいの近さでこそこそ喋り笑い合っていた」という。
    • YouTubeヨシモト∞ホール公式チャンネル、2020年8月6日公開動画『【公約】僕たちがKOCで優勝したら…』で「今付き合ってるにゃんにゃんと結婚します!」「わんわんにゃんにゃん王国築きましょう!」と公約を掲げた。

来歴[編集]

  • 2人とも大阪芸術大学の出身で、在学中は桑原征平(当時は客員教授で元・関西テレビアナウンサー)が主宰するゼミと「落語研究寄席の会」に所属していた。当時の先輩にミルクボーイ、後輩に鈴木もぐら(空気階段)や笑福亭智丸がいた。森下がM-1グランプリ出場のため初瀬を誘ったのがきっかけとなり[1]2005年にユニットを結成。オーディションを受けてよしもと入りし、正式なコンビとしては2007年に活動開始。NSCには通っておらず、大阪NSC28期と同期扱い。
  • 結成当初、改まってコンビ名を考えることに照れがあり「辞書で指差した単語にしよう」ということになって、2人で最初に指した文字が「ななまがり」だったためそのままコンビ名として採用した。2016年11月放送のテレビ朝日はなきんリサーチ「今一番面白いと思う芸人」の「養成所に通っている芸人が面白いと思う芸人」で第3位に選ばれている。
  • baseよしもとでは、「プチbメンバー」として所属した経験がある。5upよしもとでは、2012年1月の「セカンドバトル」「ファーストバトル」で勝利し、2-3月期より初めて「ファーストメンバー」となった。2012年9月の「ファーストバトル」では初の1位を獲得した(18組中)。5upよしもとの新体制移行(2013年1月-)に伴い行われた「5upチャンピオンシップ」で総合7位となり、新たなシステムである「煌〜kirameki〜WEST LIVE」の「煌Member」に選出された。また上位7組で構成される「キラメン7」のメンバーにもなった(2013年5月まで)。5upよしもとの寄席公演である「5up花月」内では「ななまがりコメディ」という15分の喜劇の制作・出演を担当した。2014年2月に卒業。
  • 過去には大阪の若手芸人の登竜門的なお笑いライブ「キタイ花ん」で複数回優勝するなど、インディーズお笑いライブでも好成績を収めている。
  • 2014年春に東京に活動拠点を移し、2016年にはキングオブコントで初めて決勝へ進出した。
  • 2019年5月8日、スケジュールに融通が利くという理由から『水曜日のダウンタウン』(TBS・MBS系)の企画である『新元号当てられるまで脱出できない生活』に出演し、大きく知名度を上げる。後に2人が出演したこの企画は「ギャラクシー賞」2019年5月度月間賞を獲得した。
  • 2020好きな芸人 74位

芸風[編集]

  • 披露するネタはコントが中心。ネタは2人で協力して作っている。奇人・変人を演じる森下に、一般人を演じる初瀬が翻弄される展開のネタが多い。
  • コントの「お約束」を覆す・裏切る手法のコントも多い(「関係ない男」「番長列伝ハヤト」等)。落語研究会出身ということもあり、古典落語を題材にしたコントをすることがある(「犬の目」等)。
  • 大阪の芸人としては珍しく、ネタ内の会話は全て標準語である。
  • 女性人気に対して男性からの評価、芸人ウケのほうが強い。月刊誌「マンスリーよしもとPLUS」の「芸人が選ぶ芸人グランプリ2012」では第9位に選ばれている。
  • 2人とも大喜利の実力には定評があり、「頭脳くん」「パズル」等の大喜利ライブで優勝経験がある。
  • 登場の際は、二人で胸を張って早歩きで舞台の中央に歩み出て「な〜〜な〜〜まがりです!」「お願いします」と声を張る自己紹介を行っているが、吉本社員から「客を怖がらせてどうするんだ」と言われた。

出囃子[編集]

マキシマムザホルモン「アカギ」

賞レース等の戦歴[編集]

M-1グランプリ[編集]

年度 結果 エントリー
No.
会場 日時 備考
2009年 3回戦進出[2] 不明 京橋花月 2009/11/29
2010年 準々決勝進出[3] 1424 なんばグランド花月 2010/12/04 予選62位(3回戦敗退後、追加合格[4]
2015年 2回戦敗退[5] 1271 雷5656会館ときわホール 2015/10/13
2016年 準々決勝進出[6] 888 NEW PIER HALL 2016/11/06
2017年 準々決勝進出[7] 3638 浅草公会堂 2017/11/03
2018年 準々決勝進出[8] 787 NEW PIER HALL 2018/11/06
2019年 準々決勝進出[9] 1379 NEW PIER HALL 2019/11/19 2回戦敗退後、追加合格

キングオブコント[編集]

年度 結果 会場 日時
2008年 2回戦進出
2009年 3回戦進出 テイジンホール 2009/08/22
2010年 3回戦進出[10] メルパルクホール大阪 2010/08/17
2011年 3回戦進出[11] テイジンホール 2011/08/14
2012年 準々決勝進出[12] テイジンホール 2012/08/21
2013年 3回戦進出
2014年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2014/09/09
2015年 準決勝進出[13] 赤坂BLITZ 2015/08/27
2016年 決勝進出(総合9位) TBSテレビ 2016/10/02
2017年 準決勝進出[14] 赤坂BRITZ 2017/09/07・08
2018年 準決勝進出[15] 赤坂BRITZ 2018/09/06・07
2019年 準決勝進出[16] マイナビBLITZ赤坂 2019/09/05・06
2020年 準決勝進出 マイナビBLITZ赤坂 2020/09/03・04

その他[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2012年
    • 04月07日 - ななまがり第一回単独公演『美ゴミ』(びごみ)(5upよしもと/大阪)初の単独公演
    • 07月17日 - ななまがり第二回単独公演『真つき』(まことつき)(5upよしもと/大阪)
    • 11月17日 - ななまがり第三回単独公演『正ちい』(ただちい)(5upよしもと/大阪)
  • 2013年
    • 03月28日 - ななまがり第四回単独公演『掛ゼロ』(かけるぜろ)(5upよしもと/大阪)
    • 08月08日 - ななまがり第五回単独公演『その世』(そのよ)(5upよしもと/大阪)
  • 2014年
    • 02月27日- 『ななまがりの惜しまれ卒業公演』(5upよしもと/大阪)
    • 07月07日- 『ななまがりの日』(5upよしもと/大阪)
  • 2015年
    • 01月11日- 『ななまがり界』(渋谷シアターD/東京)初の東京単独
    • 05月20日 - 『ななまがり力』(渋谷シアターD/東京)
    • 11月17日- 『ななまがり心』(渋谷シアターD/東京)
  • 2016年
    • 05月21日- 『ななまがり光』(渋谷シアターD/東京)
  • 2017年
    • 02月4日- 『あと、ひとまがり』(ルミネtheよしもと)初ルミネ単独ライブ
    • 06月26日- 『NAOTO&YUTA』(神保町花月/東京)
  • 2018年
  • 2019年
    • 7月23日 - 『歯姫元年』(ヨシモト∞ホール)
  • 2020年
    • 7月29日 - 『うれしい』(大宮ラクーンよしもと劇場)
    • 11月7日 - 『ブギまがり』(よしもと祇園花月、うるとらブギーズとの合同単独)

出演番組[編集]

テレビなど[編集]

WEB[編集]

  • 吉本芸人ジョージアプレゼン選手権(AbemaTV、2016年12月10日)
  • ナマイキ!あらびき団YNN、2013年11月7日)
  • あら-1ぐらんぷり2014(YNN、2014年10月8日)
  • ななチャンネル(YouTube
  • ななまがりコントグラフィー(YouTube
  • よしログ(YNN)
  • 滑狼 (ニコ生)森下レギュラー出演

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ インタビューwithキタイ花ん
  2. ^ オートバックスM-1グランプリ2009公式サイト”. 2019年12月7日閲覧。
  3. ^ 日程・結果 - M-1GP2010”. 2019年12月7日閲覧。
  4. ^ 「M-1グランプリ2010」準々決勝に4組が追加合格”. お笑いナタリー (2010年11月24日). 2019年12月7日閲覧。
  5. ^ M-1グランプリ2015 公式サイト”. 2019年12月7日閲覧。
  6. ^ M-1グランプリ2016 公式サイト”. 2019年12月7日閲覧。
  7. ^ M-1グランプリ 公式サイト”. 2019年12月7日閲覧。
  8. ^ M-1グランプリ 公式サイト”. 2019年12月7日閲覧。
  9. ^ ななまがり | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2020年7月26日閲覧。
  10. ^ キングオブコント2010”. www.king-of-conte.com. 2019年12月7日閲覧。
  11. ^ キングオブコント2011”. 2019年12月7日閲覧。
  12. ^ キングオブコント2012”. 2019年12月7日閲覧。
  13. ^ 8月27日(木)赤坂BLITZ(東京)出場者 - キングオブコント2015”. 2019年12月7日閲覧。
  14. ^ 準決勝進出者速報! - キングオブコント2017”. 2019年12月7日閲覧。
  15. ^ 準決勝進出者速報! - キングオブコント2018”. 2019年12月7日閲覧。
  16. ^ 結果速報アーカイブ - キングオブコント2019”. 2019年12月7日閲覧。