なよろ (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なよろ
Soya line Rapid service Nayoro 20170810.jpg
キハ40形700番台による快速「なよろ」(2017年8月10日 塩狩駅
概要
種類 快速列車
運行開始 1990年9月1日
運営者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
路線
起点 旭川駅
終点 名寄駅
運行間隔 4往復
使用路線 JR北海道:宗谷本線
技術
車両 キハ40系気動車キハ54形気動車
旭川運転所
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 非電化
テンプレートを表示

なよろは、北海道旅客鉄道(JR北海道)が旭川駅 - 名寄駅間を宗谷本線経由で運行する快速列車である。

概要[編集]

1986年昭和61年)11月1日、旭川駅 - 名寄駅間の快速「ピヤシリ」「えんれい」「すずいし」「てしおがわ」として運行を開始した。1990年平成2年)9月1日に1往復増発したうえで「なよろ」に名称を統一し5往復が運行されるようになった。その後、2000年(平成12年)3月11日のダイヤ改正で1往復減便され、現在は4往復となっている。

列車名は北海道名寄市に由来する。なお、「なよろ」の列車名は、1965年(昭和40年)10月1日から1984年(昭和59年)2月1日まで札幌駅 - 名寄駅間の急行列車の愛称として使用されていた(宗谷 (列車)を参照)。

「なよろ」(旭川 - 名寄間運転時)の側面行先表示板

運行概況[編集]

2018年平成30年)3月17日現在、旭川駅 - 名寄駅間を約1時間30分で結び、1日4往復が運行されている。列車番号は3320D - 3327D。かつては専用のヘッドマークが存在した。

このうち、上り2号は音威子府駅から普通列車として運転したのち、名寄駅で列車番号を変え、快速「なよろ」として直通する。

過去には近文幌延稚内の各駅を始終着とする列車も存在した。これらも旭川駅 - 名寄駅間以外は列車番号が変わり、普通列車として運行されていた。

停車駅[編集]

2019年3月16日改正時点。宗谷本線は「なよろ」以外の普通列車もかつて仮乗降場であった駅など一部の駅を通過する場合があるが、本列車はそれらよりも駅を絞って停車する。

  • 快速「なよろ」区間である旭川駅 - 名寄駅間の停車駅のみ記載。
  • 凡例…●:停車駅、ー:通過駅、2・3・4・5:一部列車のみ停車(細部は備考参照)
  • 2号は音威子府駅始発。音威子府駅 - 名寄駅間は普通列車として運転、この区間は各駅に停車(宗谷本線#駅一覧を参照)。
駅名 旭川駅 旭川四条駅 永山駅 比布駅 蘭留駅 塩狩駅 和寒駅 剣淵駅 士別駅 多寄駅 風連駅 名寄駅
下り 停車駅
備考 3:3号のみ停車、5:5号のみ停車
上り 停車駅
備考 2:2号のみ停車、4:4号のみ停車

使用車両[編集]

歴史[編集]

  • 1986年(昭和61年)11月1日:旭川駅 - 名寄駅・音威子府駅・遠軽駅間に4往復の快速を設定。遠軽駅発着列車は札幌駅 - 名寄駅 - 遠軽駅間の急行「紋別」の廃止・運行区間短縮による[注釈 1]。 4往復の快速をそれぞれ「ピヤシリ」「えんれい」「すずいし」「てしおがわ」と命名(同時に普通列車には「かえで」と命名)。
    • 「ピヤシリ」は北海道名寄市にあるピヤシリ山、「えんれい」は名寄市沿線に自生するエンレイソウ、「すずいし」は北海道名寄市の国指定文化財「名寄鈴石」、「てしおがわ」は天塩川が由来となっている。
    • 列車名により特に停車駅が大きく異なるということでもなかった。遠軽発着(名寄本線直通)の下り「てしおがわ」と上り「えんれい」、音威子府発着の下り「すずいし」と上り「ピヤシリ」は、いずれも名寄駅 - 遠軽駅/音威子府駅間は愛称名なしの普通列車として運転。
  • 1989年平成元年)5月1日:名寄本線廃止により、遠軽発着列車が旭川駅 - 名寄駅間の運転となる。
  • 1990年(平成2年)
    • 夏頃(時期不詳。道内時刻表では1990年8月号より掲載):旭川駅 - 名寄駅間に臨時快速列車が1往復設定され、その愛称を「なよろ」とする。
    • 9月1日:臨時快速が通年運転化(ただし列車番号は9000番台のまま)され、従来の列車を含め5往復の列車名を統合し、愛称が「なよろ」に統一される。
  • 2000年(平成12年)3月11日:特急「スーパー宗谷」運転開始に伴うダイヤ改正で1往復減便。1日4往復となる。
  • 2016年(平成28年)3月26日:名寄駅 - 稚内駅間の減便による列車統合に伴い、幌延駅始発(幌延駅 - 名寄駅間普通列車)の上り4号を稚内駅始発(稚内駅 - 名寄駅間普通列車)に変更[報道 1]
  • 2017年(平成29年)3月4日:ダイヤ改正により上り4号を稚内駅始発から名寄駅始発に変更(名寄駅以北の普通列車区間を別列車化)。稚内駅始発列車が消滅。
  • 2018年(平成30年)3月17日:ダイヤ改正により上り6・8号の運転時刻を見直し、旭川駅での特急「カムイ」との接続を改善[報道 2]
  • 2019年(平成31年)3月16日:ダイヤ改正により音威子府駅終着の下り5号を名寄駅終着に変更(名寄駅以北の普通列車区間を別列車化)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 急行「紋別」は廃止時点で札幌駅 - 旭川駅 - 名寄駅 - 興部駅間が急行運転、興部駅 - 遠軽駅間は普通列車として運転された。廃止時に札幌駅 - 旭川駅間は特急列車に置き換えられ、旭川駅 - 名寄駅 - 遠軽駅間の直通列車として再設定されることになった。

出典[編集]

  1. ^ “3月26日以降の普通列車時刻について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年2月8日), オリジナルの2016年3月20日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160320093820/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160208-2.pdf 2016年3月20日閲覧。 
  2. ^ “平成30年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2017年12月15日), オリジナルの2017年12月15日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171215114914/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/171215-1.pdf 2018年1月2日閲覧。 

関連項目[編集]

  • ^ JR時刻表 (交通新聞社) (2019年3月号): pp.710-712. (2019-2-25).