市民生活協同組合ならコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
市民生活協同組合ならコープ
市民生活協同組合ならコープ本部.jpg
本部
本社所在地 日本の旗 日本
奈良県奈良市恋の窪1丁目2番2号
北緯34度40分36秒
東経135度48分29.1秒
座標: 北緯34度40分36秒 東経135度48分29.1秒
法人番号 1150005000938
テンプレートを表示

市民生活協同組合ならコープ(しみんせいかつきょうどうくみあい ならコープ)は、奈良県奈良市に本部をおく消費生活協同組合。本部は奈良県奈良市恋の窪1丁目2番2号。生活協同組合コープきんき事業連合に加盟している。

概要[編集]

2016年3月末時点

  • 本部:奈良県奈良市恋の窪1丁目2番2号
  • 設立:1974年7月25日
  • 組合員数:263,151人
  • 加入率:45.0%
  • 出資金:97億1,501万円
  • 供給高:382億9,644万円
  • 職員数:1,582人

歴史[編集]

  • 1974年7月25日 - 奈良市橿原市大和郡山市平群町にあった自主的な共同購入グループを統合、「奈良市民生活協同組合」が誕生する。創立総会。
  • 1975年 - 機関紙「あをがき」が創刊。
  • 1977年 - 初のスーパーマーケット方式店舗、「生協マーケットみみなし店(現・コープみみなし)」を橿原市に出店。
  • 1978年 - 奈良市大安寺東荷田(当時。その後、恋の窪に町名変更)に本部及び北部支所を移転。
  • 1982年 - 灘神戸生協(現生活協同組合コープこうべ)と事業連帯開始。
  • 1989年 - 愛称に「ならコープ」を採用。現シンボルマークを制定。
  • 1990年 - 物流センターを磯城郡田原本町に開設。新型店舗「コープ真美ヶ丘」を香芝市に出店。
  • 1994年 - 創立20年。「市民生活協同組合ならコープ」に名称変更。
  • 1998年 - 戸配の「こまどり便」を全配送センターで開始。農産加工センター開設。
  • 1999年 - ショッピングセンター「ハーモニープラザ・コープたかだ」を大和高田市に出店。特別養護老人ホーム「あすなら苑」を大和郡山市に開設。
  • 2002年 - ISO14001認証取得。
  • 2003年 - 農産加工センターを田原本町に開設。コープきんき事業連合創立。
  • 2004年 - 創立30年。奈良市の平城ニュータウン内にコープ朱雀、奈良市中山町西の学園前サティ跡地にコープ学園前を出店。
  • 2005年 - 京都府城陽市に京都生協と共同の店舗物流センターを開設。ISO9001:2000認証取得。コープ西大和閉店。
  • 2006年 - 奈良市宝来町に西奈良支所開設(生駒支所を移転)。
  • 2009年 - 朱雀コープにテナント棟を新築。
  • 2010年 - 夕食宅配サービス開始。
  • 2011年 - 田原本支所開設。
  • 2012年 - 奈良県医療福祉生協設立を支援。田原本物流センターに太陽光発電設備導入。
  • 2013年 - 「コープあったか便移動店舗」運行開始。
  • 2014年 - 配達先指定お届けサービス「きずな便」の案内開始。
  • 2015年 - (株)ハートフルコープよしの(就労継続支援A型事業所)設立。(株)コープエナジーなら設立。川上村と「水源地の村づくりに関する包括連携協定」を締結
  • 2016年 -田原本物流センター東棟低温センター稼働。「コープなんごう」を高田市に出店。
  • 2017年 - 小売電気事業の「ならコープでんき」事業開始。ならコープグループが開発を支援したつくばね発電所(小水力発電)が稼働開始。コープ六条を閉店し、近隣にコープ七条を開店。
  • 2018年 - 旧コープ六条を改装し、地域住民と生協組合員の活動拠点として「コープふれあいセンター六条」オープン。下北山村と包括連携協定を結び、下北山村営小又川水力発電所の更新工事に着手する事を合意。

事業所[編集]

本部[編集]

奈良市恋の窪1丁目2番2号

物流センター[編集]

磯城郡田原本町宮古395-1

農産加工センター[編集]

磯城郡田原本町宮古395-1

支所[編集]

  • 西奈良支所 奈良市宝来町1064-1
  • 高田支所 大和高田市大字出165番地5
  • 桜井支所 桜井市安倍木材団地1丁目13-1
  • 田原本支所 磯城郡田原本町宮古395-1

店舗[編集]

  • コープおしくま 奈良市押熊町1115
  • コープ朱雀 奈良市朱雀6丁目9番5号
  • コープ学園前 奈良市中山町西1-716-3
  • ディアーズコープいこま 生駒市俵口町758-1
  • コープいまご 大和郡山市今国府町366-5
  • ディアーズコープたつたがわ 生駒郡平群町椿井734-1
  • ローソン ならコープwithローソン真美ケ丘店 香芝市真美ヶ丘1丁目14-5
  • コープみみなし 橿原市新賀町478
  • ハーモニープラザ・コープたかだ 大和高田市曽大根196
  • コープなんごう 大和高田市大字大谷758-81
  • コープ七条 奈良市七条西町二丁目1101

子会社、関与法人[編集]

  • 株式会社奈良コープ産業
  • 株式会社CWS
  • 社会福祉法人協同福祉会 特別養護老人ホーム「あすなら苑」
  • 株式会社ハートフルコープなら
  • 株式会社ハートフルコープよしの
  • 株式会社コープエナジーなら

特徴[編集]

  • コープきんき事業連合の一員であり、近畿の他生協との商品カタログの共通化をはかっているが、地元産野菜、パン、柿の葉寿司などの独自商品にも力を入れている。
  • 学園前や朱雀などの店舗はコープこうべの店舗をモデルとしており、既存の店舗についてもコープこうべの店舗をモデルに改装されている。
  • シンボルマークは話し合い・力を合わせる協同の輪をイメージ。3つの輪を象徴した形は、『輪と和と話』『出資・利用・運営』『安心・安全・信頼』など生協の基本理念を表現しており、楕円は上昇を意味する。
  • 「奈良市民生活協同組合」から「市民生活協同組合ならコープ」に変更した理由として、奈良市民しか利用できないという誤解を受けたから、という説もある。
  • 基本的に店舗利用はならコープの組合員限定だが、京都府との府県境が近い「コープおしくま」のみ、京都生協の組合員も利用できる。