にちなん丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
にちなん丸
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1982-1987)
フィリピンの旗 フィリピン(1988-)
所有者 関西汽船(1973-1982)
来島どっく(1982-1985)
ネグロス・ナビゲーション英語版(1988-2005)
Asian Marine Transport Corporation(2005-)
運用者 関西汽船(1973-1982)
室戸汽船(1982-1985)
ネグロス・ナビゲーション英語版(1988-2005)
Super Shuttle Ferry(2005-)
建造所 波止浜造船
母港 大阪
高知
IMO番号 7302122
改名 にちなん丸(1973-1982)
フェリーむろと(2代)(1982-1987)
Santa Ana(1988-2005)
Super Shuttle Ferry 8(2005-)
経歴
起工 1972年
進水 1972年
竣工 1973年
就航 1973年3月
要目
総トン数 6,114 トン
全長 118.0 m
型幅 20.4 m
型深さ 12.7 m
喫水 5.72m
機関方式 ディーゼル
主機関 川崎MAN 2基
推進器 2軸
出力 12,000馬力
航海速力 19.6ノット
旅客定員 1,100名
テンプレートを表示

にちなん丸は、関西汽船が運航していたフェリー。後に室戸汽船でも就航した。

概要[編集]

関西汽船初の長距離フェリーとして波止浜造船で建造され、1973年3月に神戸 - 日向航路に就航した。

1982年11月、航路廃止により来島どっくに売却された。その後、室戸汽船に用船され、フェリーむろと (初代)に代わって、フェリーむろと(2代)として就航した。本船の就航により、フェリーむろと(初代)は、関西汽船に用船されくるしま丸となった。1987年フェリーむろと (3代)の就航により引退し、用船解除。

その後、海外売船され、フィリピンネグロス・ナビゲーション英語版に売却され、Santa Anaとして就航した。 2005年にAsian Marine Transport Corporationへ売却され、Super Shuttle Ferry 8と改名してSuper Shuttle Ferryのブランドで運航された。

航路[編集]

関西汽船

本船のみで隔日運航を行っていた。運航ダイヤは、下り便は神戸発21時30分、日向着11時30分、上り便は日向発22時30分、神戸着12時30分、所要時間はいずれも15時間だった。

室戸汽船

設計[編集]

海外売船後、船尾にデッキを増設するなど改造を受けている。

船内[編集]

船室[編集]

  • 特等室
  • 一等室
  • 二等室

設備[編集]

パブリックスペース

  • 案内所
  • エントランスロビー

供食・物販設備

  • カフェテリア
  • バー
  • 売店

脚注[編集]

[ヘルプ]