ぬのびき型消防艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぬのびき型消防艇
基本情報
艦種 消防艇
命名基準 の名前
前級 おとわ型消防艇
次級 よど型巡視艇
要目
排水量 89トン
全長 23.0m
最大幅 6.0m
深さ 3.2m
機関方式 ディーゼル3基3軸
600馬力×1
500馬力×2
速力 14ノット
航続距離 180海里
乗員 12名
兵装 非武装
テンプレートを表示

ぬのびき型消防艇(ぬのびきがたしょうぼうてい)は、海上保安庁に所属していた消防艇。海上保安庁の船種はFM(PC型巡視艇相当)であった。

開発[編集]

1969年(昭和44年)、多発するタンカーの炎上事故に対応するために、海上保安庁はタンカー火災に対応できるひりゆう型消防船3隻を主要港に配備した。一方で、地方の港湾における船舶火災に対応できる小型の消防艇が求められ、1974年(昭和49年)2月25日、1番船の「ぬのびき」が竣工した。

設計[編集]

各地に配備されていたおとわ型消防艇などの小型消防艇を代替し、10万トン級の石油タンカーの火災に対応できるように設計された。外観はひりゆう型消防船を小型化したような大型の櫓が特徴である。エンジンは、600馬力のディーゼル1基と500馬力のディーゼル2基を装備し、消火活動時は主機関を消防ポンプ駆動に用いて、小型エンジン2基で移動する。

消防用設備[編集]

ひりゆう型消防船と比べて、ほぼ半分の消火装備を有する。

第1放水甲板(櫓最上層)には、近距離火災に用いる放水銃(放水能力:3,000L/分)を2基装備する。船橋天井には、類焼を防ぐための冷却用海水を放水する海水専用放水銃(放水能力:6,000L/分)を1基設置している。第2甲板(櫓中層)には、夜間に用いる探照灯を設置した。消火に主に用いるのは、船首に搭載した泡水兼用放水銃(放水能力:1,800L/分)1基である。さらに、陸上への送水援護や部分消火用に6,000L/分の送水が可能なホース接手を船橋前方に2基備えている。

自衛用の設備として、海水を扇状に噴霧するノズルが設置されているほか、油処理剤の散布装置も搭載している。

運用[編集]

門司海上保安部における「きよたき」(左)

1番船「ぬのびき」が就役した1974年(昭和49年)に起きた第十雄洋丸事件では、ひりゆう型消防船3隻が消火活動にあたったが、鎮火できずに第十雄洋丸を撃沈処分するという結果になった。海上保安庁ではひりゆう型消防船に加えて本級の配備も強化し、1981年(昭和56年)までに10隻のぬのびき型消防艇が建造された。

1999年(平成11年)に老朽化のため3番船「おとわ」が退役し、2013年(平成25年)2月12日に最後に残った「きよたき」が解役されて、全船が退役した[1]。後継として、本級以上の消火能力を有するよど型巡視艇が建造されている。

同型船[編集]

番号 船名 竣工 所属 退役
FM01
ぬのびき
1974年(昭和49年)2月25日 第五管区神戸海上保安部 2000年(平成12年)10月31日
FM02
よど
1975年(昭和50年)3月20日 第三管区茨城海上保安部鹿島海上保安署 2002年(平成14年)3月13日
FM03
おとわ
1974年(昭和49年)12月25日 第三管区千葉海上保安部木更津海上保安署 1999年(平成11年)8月12日
FM04
しらいと
1975年(昭和50年)2月28日 第四管区名古屋海上保安部 2013年(平成25年)1月11日[1]
FM05
ことびき
1976年(昭和51年)1月31日 第六管区広島海上保安部岩国海上保安署 2003年(平成15年)3月11日
FM06
なち
1976年(昭和51年)2月14日 第六管区徳山海上保安部 2003年(平成15年)3月11日
FM07
けごん
1977年(昭和52年)1月29日 第五管区姫路海上保安部 2003年(平成15年)3月11日
FM08
みのお
1978年(昭和53年)1月27日 第七管区大分海上保安部 2013年(平成25年)1月11日[1]
FM09
りゆうせい
1980年(昭和55年)3月24日 第一管区室蘭海上保安部 2013年(平成25年)1月28日[1]
FM10
きよたき
1980年(昭和56年)3月25日 第七管区門司海上保安部 2013年(平成25年)2月12日[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 「海上保安庁ニュース 消防艇4隻が解役」『世界の艦船』776集(2013年4月号) 海人社
  • 徳永陽一郎・大塚至毅『海上保安庁 船艇と航空』交通ブックス205 成山堂書店、1995年。ISBN 4-425-77041-2。
  • 世界の艦船 増刊第62集 海上保安庁全船艇史』(海人社、2003年7月号増刊、第613号)

関連項目[編集]