ねえ、ぴよちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ねえ、ぴよちゃん
ジャンル 4コマ漫画
漫画:ねえ、ぴよちゃん
作者 青沼貴子
出版社 竹書房
掲載誌

中日新聞東京新聞
北海道新聞
河北新報
新潟日報
中国新聞
徳島新聞
愛媛新聞
西日本新聞

発表期間 2017年4月1日 -
巻数 既刊5巻(2020年10月現在)
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

ねえ、ぴよちゃん』は、青沼貴子の作品で、2017年平成29年)4月1日から連載開始されている4コマ漫画である[1]

概要[編集]

掲載紙は、中日新聞東京新聞北陸中日新聞日刊県民福井)、北海道新聞西日本新聞ブロック紙3社連合に属する新聞及び河北新報新潟日報神戸新聞中国新聞徳島新聞愛媛新聞

小学3年生の「ぴよちゃん」と人間の言葉がわかる相棒の飼い猫「又吉」を中心に、家族や友人の日常生活を描くコメディー[2]。時代設定は現代としているが、「『サザエさん』のようにほっとできる昭和の4コマ漫画も必要」との思いから昭和的な作風で描くことを心がけている[2]。各地の地方紙で掲載されていることから季節の話題も避けている[2]

登場人物、及び動物[編集]

主人公[編集]

花乃 ひよこ(はなの ひよこ)
当漫画の主人公で、通称は「ぴよちゃん」。9歳[3]の小学校3年生、名前の由来はひよこ草から[注 1]。何事もポジティブに考え、周囲の人を和ませる[5]。好きな食べ物は餡子、「オフランシーヌ」で売られているケーキ[6]で、元気の源である[5]。嫌いな食べ物は玉ねぎ[7]。飼い猫又吉をこよなく愛する。そのあまり、遠足に連れて行ったり[8] 夏休みの宿題の作品も全て又吉に関するものばかり作成するほどである[9]。歯医者と注射が大の苦手。他にも蜘蛛も苦手である[10]。将来の夢は又吉とお話することである[11]。又吉の新しい座布団をかもみが作った時、又吉の古い座布団をニャブーにあげようとした[注 2]。その後セージのビニールハウスに住みつく猫がニャブーであると彼女が認識した際、もう又吉に乱暴しないでねと言いながら彼の頭を撫でていた[注 3]
モデルは青沼自身の子供たちとしており、その後描いているうちに「都会の子供にはないピュアさがある」「小さい時の自分自身なんじゃないか」との思いから自身の子供時代や母に買ってもらった「ポリアンナ」「赤毛のアン」の主人公のどんなときも楽しさを見つける性格も参考とするようになっている[2]
花乃 又吉(はなの またきち)
もう一人の主人公。花乃家の飼猫であるが[5]、元野良猫である[注 4]。性別は雄で、灰トラの雑種。名前の由来は、猫又の様に長生き出来る様にと、草太によって付けられた[15]。ひよこが生まれた時から大の仲良しで[5]、飼主であるひよこを育てた[注 5]。椰子彦の事を毛嫌いしている[注 6]。一方で、アプローチに失敗して電柱に頭をぶつけた椰子彦を心配そうに見つめるエピソードもある[18]。好きな食べ物は、煮干[19]、鳥のササミ[20]焼き鳥[注 7]刺身[22]チーズ[23]。嫌いな食べ物はミカン[24]。とても賢くて人間の言葉を理解でき[5]トランプの数字、絵柄も理解できる[25]。数も数えられる[26]。一人称はわしで、又吉の台詞は全て関西弁になっている[注 8]。他にも、二本足で歩く事も[注 9]、人間用の便器で用を足す事もできる[28]。運動神経も良く、2メートルの高さの塀にジャンプすることができる。しかし、自分の事を人間と思っている節はなく、味覚は完全に猫であり、人間用に濃く味付けされた物が自分の体に悪い事も理解している。基本的には大人しく家族の言う事は聞き、つまみ食いする事も滅多にない[注 10][注 11]。ひよこと同じく注射が苦手であるが[注 12]、後に注射の際の叫び声を我慢するまでに至った[注 13]
モデルは青沼が約20年前にかつて飼っていたペルシャネコ「ジャック」で、家から出していなかったジャックを「もしジャックが外へ遊びに行ってたら」との思いで想像を膨らませて作画し、アシスタントに任せる色塗りについては縞模様のみ青沼自身が担当している[2]

花乃家の家族親戚[編集]

家族構成は青沼の函館の実家や東京での自身の家族構成と同じ父母と兄・妹の4人家族となっている[2]

花乃 草太(はなの そうた)
ひよこの父親で、サラリーマン[5]の中間管理職[33]。彼の会社には電車で通勤している[5]。週末は家でゴロ寝したいが、決まって家族サービスを強いられる[5]生活習慣病の予備軍である[注 14]。趣味は競馬[35]
花乃 すみれ(はなの すみれ)
ひよこの母で、専業主婦[5]。ややぽっちゃりした体型で、食べることが好き。自転車での外出が好きでダイエットをしては失敗している[5]。時々パートをしている。虫が苦手[36][37]。自己中心的な性格で、自分の行儀の悪さを棚に上げて[注 15]、直後に同じ行動をしたひよこに注意していた[注 16]
花乃 椰子彦(はなの やしひこ)
ひよこの兄で、中学2年生[5]眼鏡をかけていて、裸眼視力は0.3である[注 17]。但し、実際には常用する眼鏡を捜索する為に古い眼鏡を掛けたり[40]、裸眼の状態で衝突した物体を人間と思い込んだりすることがある[注 18]。反抗期ではあるが[5]、ひよこ同様に又吉の事が好きでアプローチするがほとんど失敗に終わる。2次元アイドルが好きである事を家族にも内緒にしている[5]。好きな食べ物はグラタン[42]。葉介からは「ヤッシー」と呼ばれている。成績は悪い。部活には入っていない[43]
花乃 セージ(はなの せーじ)
ひよこの父方の祖父で、草太の父。ひよこ達の家の近所に妻のかもみと住む[5]。髪型はモヒカン刈り。農作業が好きな農家で、いつも美味しい野菜を作ってくれる[5]。餡子はこしあん派[44]
花乃 かもみ(はなの かもみ)
ひよこの父方の祖母で草太の母。眼鏡を着用。料理上手で[5]、自分でハーブを育てている[5]。世話焼きな性格で、夫でも頭が上がらない花乃家の偉い人[5]。年齢は70歳[25]

このまち小学校[編集]

蘭 ひみこ(らん ひみこ)
ひよこの同級生。一人っ子。髪型は縦ロール[注 19]でリボンをしている。二重まぶた。お金持ちでたくさんの習い事(ピアノバレエ[46]英語[47] をしている。ポールを飼っている。ひよこに対してツンデレ的な態度を取る事も時折ある[48]。その一方、本気で怒ったり[49] 呆れたりする事も時折ある[50]ハワイ別荘がある[51]。嫌いな食べ物はキャビア[52]
松崎 博士(まつざき ひろし)
勉強ができて、模試でも上位。ネット検索用のタブレットを手放さない。将来の夢は大学院に行って研究者になることである[11]
竹内 元気(たけうち げんき)
やんちゃな性格。スポーツを得意としている。将来の夢はサッカー選手になることである[11]
梅田 まさる(うめだ まさる)
あだ名は「マーくん」で宮司の孫[53]。おっとりとした性格。柔道を得意としている。将来の夢は宮司になることである[11]
博士・元気・まさるの三人(“松竹梅”トリオ)で校外などでひよことつるんで遊ぶこともある。
蓮田 リコ(はすだ りこ)
ひよこの同級生の女子児童。髪型はポニーテール。
桜川 よし子(さくらがわ よしこ)
ひよこの担任の先生。ジャージを着ている。年齢は29歳[54] だが、小柄で子供に間違えられやすいのが悩み。そのため児童たちから「よしこちゃん」と呼ばれる[55]。ニャブーの事を雌猫だと思っていたが[56]、ひよこに雄猫だと教わりかっこいい器で給餌しようとしていた[注 20]。手先が不器用[58]
校長先生
ひよこが通う小学校の校長先生。児童や教員をあたたかく見守っている。ダイエット中であり、妻からお代わりを禁止されている[注 21]

その他の登場人物[編集]

柳 葉介(やなぎ ようすけ)
椰子彦の友達。たらこ唇でお世辞にもイケメンとは言えない顔である。視力は1.5である[39]。ピーチ(べっぴんさん)の飼主[60]。椰子彦曰く、裁縫が得意である[注 22]
宮司
ハチが居候している神社の主。まさるの祖父[53][62]
一見、強面の容貌をしてハチを追い払う印象として、周囲に誤解されていたが、実はハチを可愛がっており餌を買い与えたり、冬場には防寒のために宮司の着古したダウンジャケットを贈るが、ハチから毛嫌いされている。
橘さん(たちばなさん)
椰子彦の同級生で女子生徒。椰子彦は好意を寄せているが片思い。又吉の大ファンで、自家製又吉グッズを作ったりしている。
センセー
わんにゃん動物病院の獣医。又吉やハチから恐れられている[注 23]
柊さん(ひいらぎさん)
自宅に立ち寄るニャブーに給餌している[64]

その他の登場動物[編集]

すべての動物達は又吉と同じように二足歩行ができて、人間の言葉を理解することができる。漫画の演出上ふきだしで人間の言葉を話す。

ハチ(梅田 ハチ)[65]
黒の野良猫。性別は雄。捨て猫だったが又吉に拾われた。[66]年齢は3歳程度[67] 額に×印の傷があるのが特徴。又吉の弟分[27]。ある神社に住み着くようになった[68]
上記の宮司の下に居候しているが、宮司の想いとは逆に毛を逆立てして懐いていない模様である。
ハチが宮司の想いに毛を逆立てるとき、その場に又吉がいれば又吉が宮司の想いを察してハチをたしなめることもしばしばある。
ポール(蘭 ポール)
ひみこの家で飼われているペルシャ猫。性別は雄[注 24]。年齢は1歳半[70]。灰色の毛と青い瞳が特徴的である。又吉と仲が良い。
ニャブー
花畑町二丁目に住み着く野良猫のボス[71]で、柊さんや桜川先生の家によく行く三毛猫[注 25]。又吉を一方的にライバル視している。ピーチ(べっぴんさん)のことが好き。歌が下手で[注 26]、彼が作詞した歌の歌詞も悪評である[注 27]。セージが所有するビニールハウスの中を住処とする[注 28]。又吉とハチの「どこ行ってきたでしょうかゲーム」をアッシュに仕掛けるも「どこでもいいです」と冷たく返されたため、花乃家の屋根の上で「どうすれば部下にしたわれるのか・・・」と嘆いていたところを目撃した又吉は仰天していた[76]。ベガとの決闘で背中に傷ができ[77]、その影響で一時的に良猫になった[注 29]
アッシュ
左耳が半分ほど欠落しているのが特徴である[注 30]。耳をケガした直後にひみこがわんにゃん動物病院へ彼を連れて行った[注 31]。しかし、治療の直後にこらっ俺様の子分を返しやがれとニャブーがひみこに迫ったため彼はニャブーに連行された[注 32]。彼の名前はひみこが名付けたが[注 33]、初期ではニャブーに耳切れと呼ばれていた[82]。カラスに襲われた時、偶然ニャブーに助けられたため、ニャブーの弟分となった[79]。一時的に又吉の弟分に寝返ったが、ニャブーがあまりにもショックを受けたため、もとに戻った。冷静な性格で、ヨソを荒らすのってよくないとニャブーが良心的な発言をしたら、熱で頭がぼんやりしてるようだと発言していた[注 34]。セージには孔明と呼ばれているが[注 35]、彼はおれはアッシュだと怪訝そうに答えた[注 36]。ひょんなことからひよこがアッシュとニャブーをひみこに紹介した時は[注 37]、彼がひみこに飛びつき泣き出した[注 38]。その直後ひみこにアッシュが懐く様子を見たセージは孔明とアッシュに呼びかけた[注 39]。しかし、アッシュとひみこが呼びかけるとひみこの顔を彼は見つめた[注 40]。やがて、セージのビニールハウスをひみこと一緒に出発したが[86]、ニャブーに引留められた[注 41]。その後、セージのからアッシュをひみこが引取ろうとしたが[注 42]、暫くしてセージのビニールハウス内で彼がおかえりボスとニャブーを出迎えていた[注 43]
ピーチ
葉介に飼われている雌猫で[60]渾名べっぴんさん。又吉に想いを寄せていて、椰子彦が又吉の家族だと判明した途端彼に懐いていた[注 44]。年齢は2歳位[70]
ブチコ
団子屋で飼われている雌猫[注 45]。ピーチ(べっぴんさん)の友達。姐御肌。
タマ
歌が上手な雄猫[73]方向音痴である[89]
ブル公(ぶるこう)
ブルドッグ。又吉と仲が良い。迷子になったベガに道を教えようとする親切な一面もある[注 46]
ワルシマ
又吉に容姿が似た猫で[91]、ルンルンの兄である[92]。ニャブー隊に採用されたが[注 47]、失敗続きの上に又吉たちに寝返ったとニャブーに見なされてニャブー隊をクビにされて二丁目からも追い出されたため[93]、一丁目に移籍した[94]。ハチの餌を盗み食いしていたが、背格好が又吉に似ていたことが災いして「兄貴に似たネコが食ってた」としてハチから「ただじゃおかねえぞ」と攻め立てられるが、又吉が「腹が減ってた」と虚偽の申告をしたため難を逃れた[95]
ベガ
雌の ベンガルネコ。花畑町三丁目のボス猫であり[96]、しろことちゃこにはベガねえ[96]、またはベガねえさん[71]と呼ばれている。方向音痴であり[注 48]、何回も行ったことがある二丁目の工事現場ですら単独で行けない程である[注 49]。花畑町全域のボス猫となる野望を達成するために、しろことちゃこを従えて二丁目に乗り込む[71]が、二丁目のボス猫であるニャブーと決闘し、五分五分の勝負をしていた[77]
しろこ
花畑町三丁目の雌猫である[96]。ニャブーとの決闘を始めようとした時、ちゃこと一緒にアッシュを逆ナンパしていた[注 50]が、「普通そうな二丁目からがいいですね」[注 51]と発言したことでニャブーに「おまえら失礼だな」と反発されている[71]
ちゃこ
花畑町三丁目の雌猫である[96]。ニャブーとの決闘を始めようとした時、しろこと一緒に逆ナンパしていた[注 52]
ルンルン
最初はセンセーについていく事を断ったが[注 53]、最終的にはセンセーについていく事となった[注 54]。ワルシマの妹である[注 55]

書誌情報[編集]

本漫画単行本の出版社は竹書房である。第1巻のみ巻頭の32ページのみカラー印刷である。第2巻以降は全ページカラー印刷である。

2020年初頭頃からインターネット上でも高い人気を得て、蘭ひみこのいじらしさが「ツンデレ」等とTwitter上で共感を呼ぶなどし[2]、2020年1月にSNS上にて拡散され、全国の書店通信販売で品切れになる店舗が相次いだため、同年1月17日に緊急重版を行う事態となり[100]、2020年2月時点で3巻計11万部を売り上げた[2]

  • 1巻 2018年10月25日発売、ISBN 978-4-8019-1650-0
  • 2巻 2019年2月20日発売、ISBN 978-4-8019-1777-4
  • 3巻 2019年8月9日発売、ISBN 978-4-8019-1975-4
  • 4巻 2020年2月27日発売、ISBN 978-4-8019-2181-8
  • 5巻 2020年10月29日発売、ISBN 978-4-8019-2486-4

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ひよこ草の別称はハコベである[4]
  2. ^ うちのビニールハウスにたまにノラネコがいるとセージに言われたが、ニャブーのことであると彼女は認識していなかった[12]
  3. ^ それに対して乱暴されてるのはこっちだとニャブーに反論されていた[13]
  4. ^ 自身の事を元ノラと彼が発言したためである[14]
  5. ^ ひよこが、又吉が私を育てた旨の発言を彼女の同級生である元気とまさるにしていた[16]。そのため、年齢は10歳程度と推測される。
  6. ^ 理由は、ひよこに取って自分は兄という存在だと思い、本物の兄の椰子彦に対しての嫉妬心からである[17]
  7. ^ 味付をしていないもの[21]
  8. ^ しかし、人間には通じておらず、人間にとってはただの猫の鳴き声に聞こえる[27]
  9. ^ 本作に登場する全てのネコイヌは二足歩行している。
  10. ^ もっとも自欲のためではなく、体の具合が悪くなったハチに食べさせるための行為であった[29]
  11. ^ なので、ひよこと魚屋に買い物に行く事も出来る[30]
  12. ^ 動物病院での予防接種の時はダダをこねて、家族を困らせる事もあった程である[31]
  13. ^ 叫ばない理由としてワルシマの妹に聞かれてしまうからと彼が考えたからである[32]
  14. ^ 彼は健診で何か悪いところあったかと妻のすみれに訊かれて主に家庭環境だと答えた[34]
  15. ^ 彼女はソファーに寝そべって喫食していた[38]
  16. ^ 一部始終を見ていた又吉は「どの口が言うとんねん」と彼女を批判していた[38]
  17. ^ 彼は葉介に視力検査の直前に視標の記載内容を教えてもらい視力検査に挑んだが、どこを指してるのか見えないとコメントしていた[39]
  18. ^ 彼は自分の眼鏡を拭上げる最中にバス停留所の標識板と衝突していた[41]
  19. ^ 本人曰く天然パーマである[45]
  20. ^ しかし、ニャブーには相変わらずジュヌビエーブと呼ばわった為名前はそのままだし器はイヌ用だし…とニャブーが嘆いていた[57]
  21. ^ そのため、ひよこのクラスで給食を会食する日にはお代わりしないよう桜川先生に監視されていた[59]
  22. ^ 彼の取れかかった制服のボタンを葉介が丁寧で上手に補修したため[61]
  23. ^ ルンルンを取り返そうとしたワルシマとわんにゃん動物病院に同行した又吉があのセンセーは怒らせたらあかん。(中略)注射のセンセーなんやと言って確かにとハチが同意していた為である[63]
  24. ^ 一人称がボクとなっている事から[69]
  25. ^ 柊さんからはミケちゃんと呼ばれ、桜川先生からはジュヌビエーブちゃんと呼ばれて、又吉は何軒でメシ貰うのかと言う旨の発言を彼にしていた[72]
  26. ^ 彼の歌声は、又吉に野生のイノシシと間違われていた[73]。また、アッシュはニャブーが音痴である旨を又吉やハチに訴えて家出するに至った[74]
  27. ^ その歌についてアッシュがひどい歌詞と又吉やハチに訴えて家出した[74]
  28. ^ ベガとの決闘による怪我で発熱してビニールハウス内でぐったりしていた時、おれのビニールハウスに勝手に住みついてやがると発言したため[75]
  29. ^ ヨソを荒らすのってよくないと彼が発言したら、ボスがいいネコになっちゃったと彼の手下に発言されたため[78]
  30. ^ 子猫の時にカラスに襲われ、そのカラスが彼の左耳を咥えて攫おうとしたため[79]
  31. ^ 数年前の回想で耳をケガしてるから病院つれてく!と彼女が母親に言った[80]
  32. ^ 飼いたかったな〜とひみこが感想を述べ、あんまり行きたくなさそうとひみこの母親がアッシュの心情を悟っていた[81]
  33. ^ 名前の由来については灰色だからとひみこが述べている[80]
  34. ^ ニャブーがした発言の原因を手下が気づかずボスがいいネコになっちゃったと発言したものを訂正していた[78]
  35. ^ 昔、中国諸葛孔明というとても賢い軍師がいて、この猫も賢いからとセージが理由を述べている[83]
  36. ^ ひよこも嫌そうだよ〜と彼がセージにつけられた名前の由来を理解していない様子を悟っていた[83]
  37. ^ おじいちゃん家に住みついたネコたちだよとひよこが紹介していた[84]
  38. ^ その際、あなたアッシュ!?とひみこが彼に訊いていた[84]。なお、又吉とニャブーはアッシュが泣いてる!と驚愕した[84]
  39. ^ セージの呼びかけに対して彼は無反応だった[85]
  40. ^ 「アッシュ」がいいみたいだねと彼の思惑をひよこが悟り又吉とニャブーは苦笑いした[85]
  41. ^ 彼はニャブーに引きずられていた[86]。なお、その際についてきてた?と彼に関してひよことひみこが困惑していた[86]
  42. ^ セージにアッシュを飼ってもいいですか?とひみこがきいてまあそいつも行きたいみたいだしねとセージが理解を示した[87]
  43. ^ ニャブーはふんどこへでも行きやがれ!と悲観した様子だったが彼に出迎えられた時は…た、ただいまっ!と感涙していた[87]
  44. ^ 椰子彦に抱きついてわたしも連れて帰って〜と懇願していた[60]
  45. ^ 彼女がこの前ぴよさんがおだんご買いにうちに来ましたよと又吉に告げていた[88]
  46. ^ しかし、ベガに悲鳴を上げられたりネコをおどかしちゃあかんで〜と又吉に勘違いされたりしていた[90]
  47. ^ ニャブーが実施した採用試験で怖い顔が出来なければ不採用だったが、彼が又吉にそっくりだ、こいつ使えるぞと発言したため基準変わってますよとアッシュに窘められていた[91]
  48. ^ 彼女が方向音痴である理由を、箱入り娘だからとちゃこに発言されていた[96]
  49. ^ ちゃこにベガが方向音痴で心配されていたがここは何度もきてるからさすがに迷わないってとしろこに発言されていた[97]。しかしながら、その時ベガは迷子になり偶然居合わせたワルシマに目的地の確認するとここ一丁目っすよと告げられていた[97]
  50. ^ 彼女は、カノジョさんいますか〜♡とアッシュに質問していた[98]
  51. ^ 花畑町三丁目の次にベガがボス猫となる場所をどうするか話し合っていた時、ちゃこが「一丁目には『伝説の最強ネコ』(=又吉)がいる」と発言したのを受けて挟み撃ち作戦の回避を決断した際に発言していた[71]
  52. ^ 彼女は、お兄さんお名前教えて〜♡とアッシュに発言していた[98]
  53. ^ その時、センセーに私と来るかい?と彼女は訊かれたが、行かないお兄ちゃんを待ってるのと答えた[99]
  54. ^ その時、彼女はルンルンとついてきたから君の名前はルンルンだと男性に名付けられた[99]
  55. ^ 妹がいないんですとワルシマが又吉達に言った時、さっきセンセーにだっこされてあっちいったよとブチコが言った為である[92]

出典[編集]

  1. ^ 新4こま漫画「ねえ、ぴよちゃん」|愛媛新聞ONLINE”. 愛媛新聞社. 2020年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 朝刊漫画 ねえ、ぴよちゃん 連載1000回超えました! 人と猫 愛されキャラのコメディー 朝にほっこり 共感広がる - 北海道新聞2020年2月25日朝刊
  3. ^ 第5巻122ページ
  4. ^ 第2話、第1巻6ページ
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r ねえ、ぴよちゃん公式サイト” (日本語). 2020年7月25日閲覧。
  6. ^ 第5巻103ページ他
  7. ^ 第1372話
  8. ^ 第4話、第1巻12ページ
  9. ^ 第153話、第1巻84ページ
  10. ^ 第3巻30ページ
  11. ^ a b c d 第5巻9ページ
  12. ^ 第1263話
  13. ^ 第1316話
  14. ^ 第1169話
  15. ^ 第1358話
  16. ^ 第8話、第1巻9ページ
  17. ^ 第453話、第2巻116ページ
  18. ^ 第587話、第3巻64ページ
  19. ^ 第145話、第1巻73ページ
  20. ^ 第190話、第1巻95ページ
  21. ^ 第132話、第1巻64ページ
  22. ^ 第441話、第2巻110ページ
  23. ^ 第5巻20ページ
  24. ^ 第5巻23ページ
  25. ^ a b 第4巻98ページ
  26. ^ 第1177話、第5巻124ページ
  27. ^ a b 第17話、第1巻10ページ
  28. ^ 第115話、第1巻63ページ
  29. ^ 第1巻103ページ
  30. ^ 第2巻115ページ
  31. ^ 第112話、第1巻51ページ
  32. ^ 第1353話
  33. ^ 第4巻92ページ
  34. ^ 第6話、第1巻9ページ
  35. ^ 第375話
  36. ^ 第163話
  37. ^ 第402話
  38. ^ a b 第1124話
  39. ^ a b 第574話、第3巻57ページ
  40. ^ 第2巻56ページ
  41. ^ 第1290話
  42. ^ 第36話、第1巻37ページ
  43. ^ 第5巻43ページ
  44. ^ 第160話
  45. ^ 第442話、第2巻111ページ
  46. ^ 第173話、第1巻92ページ
  47. ^ 第1巻103ページ
  48. ^ 第350話、第2巻63ページ他
  49. ^ 第2巻123ページ他
  50. ^ 第3巻26ページ他
  51. ^ 第1巻82ページ
  52. ^ 第1462話
  53. ^ a b 第569話
  54. ^ 第1172話、第5巻122ページ
  55. ^ 第1巻65ページ
  56. ^ 第1050話、第5巻59ページ
  57. ^ 第1289話
  58. ^ 第4巻101ページ、第5巻96ページ
  59. ^ 第1319話
  60. ^ a b c 第1242話
  61. ^ 第1464話
  62. ^ 第568話
  63. ^ 第1341話
  64. ^ 第1370話
  65. ^ 第4巻48ページ
  66. ^ 第5巻67ページ
  67. ^ 第639話、第3巻91ページ
  68. ^ 第497話
  69. ^ 第1巻11ページ
  70. ^ a b 第753話、第4巻27ページ
  71. ^ a b c d e 第1233話
  72. ^ 第996話
  73. ^ a b 第615話、第3巻79ページ
  74. ^ a b 第971話
  75. ^ 第1237話
  76. ^ 第1117話
  77. ^ a b 第1234話
  78. ^ a b 第1236話
  79. ^ a b 第1028話、第5巻47ページ
  80. ^ a b 第1378話
  81. ^ 第1379話
  82. ^ 第588話
  83. ^ a b 第1317話
  84. ^ a b c 第1377話
  85. ^ a b 第1380話
  86. ^ a b c 第1381話
  87. ^ a b 第1383話
  88. ^ 第1250話
  89. ^ 第2巻28ページ
  90. ^ 第1402話
  91. ^ a b 第1125話
  92. ^ a b 第1340話
  93. ^ 第1187話
  94. ^ 第1190話
  95. ^ 第1157話
  96. ^ a b c d e 第1218話
  97. ^ a b 第1401話
  98. ^ a b 第1244話
  99. ^ a b 第1339話
  100. ^ 相棒猫やツンデレお嬢様にキュン 「ねえ、ぴよちゃん」ネットでバズって緊急重版”. 神戸新聞(2020年1月23日作成). 2020年1月23日閲覧。

関連項目[編集]