ねこまんが

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ねこまんが』はこいずみまり漫画作品。竹書房の雑誌『まんがくらぶオリジナル』において2001年4月号から6月号にかけてパイロット版はんそくねこまんが』を掲載の後、同年12月号から2013年7月号まで連載された。

作品概要[編集]

単行本表紙にも「脱力系身辺雑記」とあるとおり、作者が過去や日常経験したことなどを記した作品。描画も、作者の他の作品に比べて、簡易なものになっている。4コマ漫画形式をとっているが、話としては掲載1回(概ね4ページ)が1つの続いた話として構成されるのが通常。

なおタイトルは、主人公(作者)がのキャラクターで描かれていることに由来する。猫に関するエッセー漫画というわけではない。

主な登場人物[編集]

私(作者)
猫(ただし2足歩行)で描かれる。
作者の実妹。「私」と同じ猫で描かれるが、区別のため耳にリボンをつけている。作者の言動へのツッコミ役もつとめる。
旦那
作者の夫。単行本5巻付近から登場。人間の姿で描かれる(登場時はサングラス着用、後に素顔)。
おかん
作者と妹の母親。人間の姿で描かれる。

上記以外にも、友人・知人等について、女性は猫・男性は犬ないしオオカミ(いずれも2足歩行)で描かれることが多い。

WEB版[編集]

4コマまんがWEBマガジン「まんがアクセス」にて1996年から不定期掲載されている。1ページのショートショート形式で、「まんがくらぶオリジナル」掲載作とは作風が異なる。

書誌情報[編集]

いずれも竹書房刊。まんがくらぶオリジナル掲載作品のほか、前述の「まんがアクセス」掲載作や、他誌に連載された旅行記等も収録している。

  1. 2003年、ISBN 4-8124-5807-2
  2. 2004年、ISBN 4-8124-6057-3
  3. 2006年、ISBN 4-8124-6420-X
  4. 2007年、ISBN 4-8124-6727-6
  5. 2008年、ISBN 978-4-8124-6871-5
  6. 2010年、ISBN 978-4-8124-7257-6
  7. 2012年、ISBN 978-4-8124-7734-2
  8. 2013年、ISBN 978-4-8124-8314-5