はくちょう (宇高連絡船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

はくちょうは、かつて三井造船が建造し所有していたホーバークラフトである。

概略[編集]

1969年(昭和44年)に就航した、日本初の商業用ホーバークラフトMV-PP5型の1号船である。1号船ということもあり、実験船でもあった。

ガスタービンエンジン(1,050馬力)を1基搭載し、このエンジンで1基に浮上ファンと2基の推進用プロペラを動かして航行する。実験船であったため、就航後も三井造船が所有し、実験や展示に使用されていた。

その他[編集]

1969年(昭和44年)から暫くは、名鉄海上観光船にリースされ、蒲郡・西浦・伊良湖・鳥羽間で運航された。

1972年(昭和47年)に国鉄が宇野・高松間にホーバークラフト「かもめ」を就航させ、「はくちょう」はその予備艇となり、以降は三井造船玉野事業所に留め置かれ、「かもめ」のドッグ入りなどの際には代わりに運航を担った。

通常運用を外れた1980年(昭和55年)4月から、玉野海洋博物館の前庭で屋外展示されていたが、船体老朽化のため1989年(平成元年)に解体された。

プロフィール[編集]

  • 総トン数:22.8トン
  • 全長:16.0m
  • 全幅:8.6m
  • 定員:52名
  • 航海速力:55kt(最高速度)
  • 船体:アルミ合金