はしだのりひこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はしだ のりひこ
出生名 端田 宣彦
生誕 (1945-01-07) 1945年1月7日
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
死没 (2017-12-02) 2017年12月2日(72歳没)
学歴 同志社大学神学部
ジャンル フォークソング
職業 シンガーソングライター
担当楽器
ギター
活動期間 1964年 - 2017年 
共同作業者 ドゥーディ・ランブラーズ
ザ・フォーク・クルセダーズ
はしだのりひことシューベルツ
はしだのりひことマーガレッツ
はしだのりひことクライマックス
はしだのりひことエンドレス

はしだ のりひこ(本名:端田 宣彦、1945年1月7日 - 2017年12月2日[1])は、日本のシンガーソングライターフォークシンガー。身長163cm。愛称はのりちゃん。娘は舞台女優の端田新菜。

京都府京都市生まれ。4人兄弟の長男。同志社高等学校を経て、同志社大学神学部に進学。8年と2年の休学で10年在籍し、退学。

活動[編集]

高校2年の文化祭でギターを始める。1964年にドゥーディ・ランブラーズの一員としてデビューした後、加藤和彦に請われて1968年ザ・フォーク・クルセダーズの一員として参加する。フォーク・クルセダーズが1968年10月に解散した後、「はしだのりひことシューベルツ」や「はしだのりひことクライマックス」「はしだのりひことエンドレス」のリーダーを務め、ソロに転向。

ドゥーディ・ランブラーズ[編集]

同志社大学の学生であった藤原洪太、田平義昭、端田宣彦らによって1964年に結成された。1967年6月5日にクラウンレコードから「真っ赤なリボンとおさげのあの娘/戦いは一度でいい」を発表。「戦いは一度でいい」は歌詞が全編英語で作られている。

ザ・フォーク・クルセダーズ[編集]

  • 「何のために」(作詞・北山修 作曲・端田宣彦)は、レコード未発表のはしだのオリジナル曲に、北山が新たな歌詞をつけたもの。
  • フォーク・クルセダーズの代表曲「帰って来たヨッパライ」ははしだのフォークル加入以前に制作された曲であるため参加していないがステージでは彼の持ち歌となっていた。

はしだのりひことシューベルツ[編集]

  • 「シューベルツ」とはシューベルトと“Shoe Belts”(靴のひも)をひっかけたもの。メンバーは、はしだのりひこ、越智友嗣杉田二郎井上博
  • 」(1969年)が最大のヒット作品。この名前ではかなりの作品数を発表した。続く「さすらい人の子守唄」で『夜のヒットスタジオ』に出演した時は、バックのイメージ映像が映されないという放送事故が起きた。「風」は、キャンディーズ中澤裕子藤本美貴、2014年には高畑充希が自身のアルバム『PLAY LIST』においてカバーしている。
  • ベースの井上博の死去により解散。

はしだのりひことマーガレッツ[編集]

  • 少女たちを従えたマーガレッツを結成し、中津川フォークジャンボリーで演奏。テレビにも出演したが、レコードの発表には至っていない。

はしだのりひことクライマックス[編集]

  • メンバーは、はしだのりひこ、藤沢ミエ、中嶋陽二坂庭省悟
  • 1971年に「花嫁」が大ヒットし、この年の第22回NHK紅白歌合戦にも出演。他に2枚目のシングル「ふたりだけの旅」がスマッシュ・ヒット。3枚目「この胸に」、4枚目「沈黙」がリリースされた。
  • スタジオ録音アルバムは製作途中で頓挫し、ライブアルバムが1枚残されただけであった。
  • また、シングルリリースを予定していた「戦争は知らない」や、LP用の「嫁ぐ日」などが、録音されながらも、現在まで30年以上も公式に音盤化されずに、幻となっている。制作途上で解散したことや坂庭の死去もあり公式発表はまず不可能に近い。

はしだのりひことエンドレス[編集]

  • メンバーは、はしだのりひこ、林竹洋子、和泉常寛北村謙(病気のため途中脱退)。千田雄一や、水城英明が在籍した時期も有り。
  • 「嫁ぐ日」が水平ヒットとなる。テレビ番組『凡児の娘をよろしく』(関西テレビ制作・フジテレビ系列)のテーマ曲として長く愛された。
  • 「はしだのりひことシューベルツ」「はしだのりひことクライマックス」はメンバー四人のグループ名であり、シューベルツ、クライマックスのみでもメンバー全員のことを指した。エンドレスは、はしだのりひこ以外のメンバーがエンドレスであることが明言されているが、エンドレス単体での活動は行っていない。
  • エンドレスは、「嫁ぐ日/霜の音」の他にシングル「時は魔法使い/海はきらいさ」「初恋物語/青春は涙の旅」「ひとり/明日の色は」、LP『はしだのりひことエンドレスVol1』をリリースするが、大ヒット曲のないまま、解散を迎えた。
  • カゴメトマトケチャップのCMソング「赤いキッス」(作詞・阿久悠、作曲・小林亜星)を歌っている。
  • リードヴォーカルを務めた林竹洋子は解散後、広島県山口県を拠点としてソロ歌手・ローカルタレントとして活動し、現在は柏村武昭夫人である。柏村と林竹はRCCラジオの『サテライトNo.1』で共演していた。
    • 『サテライトNo.1』の企画で制作された林竹のソロシングル「青春ジェネレーション」(作詞・石川良)/B面「生きているのに」(作詞・永六輔)では両曲の作曲をはしだのりひこ、編曲を和泉常寛が務めた(発売:東芝EMI)。

その後[編集]

ソロ活動を開始。フォークルファミリーとは長らく没交渉に近かったが、2001年にドリーミュージックから出したミニアルバムのライナーノーツには北山修が寄稿している。

並行して妻の看病に専念したとされる時期もあったことから「主夫」としての活動が話題になったこともあり、その方面での法人団体にも関与した。主夫としての体験記を雑誌に連載し、これが後に『おとうさんゴハンまーだ』という本にまとめられ、『風のあるぺじお』の題で映画化された。

2017年4月23日、KBS京都開局65周年企画「京都フォーク・デイズ ライブ~きたやまおさむ~と京都フォークの世界」にゲスト出演、約10年ぶりに表舞台に姿を現し、車椅子姿で10年ほど前から「パーキンソン病」を患っていたことを公表した。このKBS京都のライブの後に京都市内の病院に入院したため、これが公の場に姿を見せた最後の場となった[1][2]

2017年12月2日午前1時16分、パーキンソン病のため死去[3][1][2]。72歳没。また、同年5月から白血病も患っていた[2]

ディスコグラフィ[編集]

グループ[編集]

シングル[編集]

発売日 品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
はしだのりひことシューベルツ
1969年1月10日 EP-1132

ETP-2431

A 北山修 端田宣彦 青木望
B 何もいわずに シューベルツ 杉田二郎 ありたあきら
1969年6月25日 EP-1155 A さすらい人の子守唄 北山修 端田宣彦 青木望
B 夕陽よおやすみ 杉田二郎 ありたあきら
1969年10月5日 EP-1191

ETP-2642

A 朝陽のまえに 北山修 杉田二郎 青木望
B さよなら 加藤久美子

補:北山修

端田宣彦
1970年3月5日 EP-1214 A 白い鳥にのって 北山修 杉田二郎 青木望
B 西の空に沈む太陽 端田宣彦
1970年5月5日 EP-1220 A 一人ぼっちの旅 久二比呂志 端田宣彦 青木望
B 砂の城
はしだのりひことクライマックス
1971年1月10日 EP-1274 A 花嫁 北山修 端田宣彦

坂庭省悟

青木望
B この道 端田宣彦
1971年5月25日 ETP-2451 A ふたりだけの旅 北山修 端田宣彦 青木望
B 青空をつかまえよう 中島陽二
1971年9月25日 ETP-2556 A この胸に 安井かずみ 端田宣彦

中島陽二

青木望
B 忘れられないの 北山修 中島陽二
1972年1月10日 ETP-2611 A 沈黙 端田省洋 端田宣彦 青木望
B 愛のポエム ドン・パック

落合恵子

中島陽二
はしだのりひことエンドレス
1972年10月25日 ETP-2745 A 時は魔法使い(結婚讃歌) 織本瑞子

補:阿久悠

端田宣彦
B 海はきらいさ 北山修
1973年3月10日 ETP-2805 A 嫁ぐ日[4] 端田宣彦 瀬尾一三
B 霜の音 和泉常寛 エンドレス
1973年10月25日 ETP-2926 A 初恋物語 松本隆 端田宣彦 瀬尾一三
B 青春は涙の旅 端田宣彦
1974年6月5日 ETP-20015 A ひとり 岩谷時子 端田宣彦 宮本光雄
B 明日の色は 端田宣彦 エンドレス

アルバム[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム 備考
はしだのりひことシューベルツ
1969年6月10日 東芝EMI LP EP-7717 未完成
  1. 日本の旅
  2. まわるメリーゴーランド
  3. 夕陽よおやすみ
  4. ア・ボーイ・ライクス・ア・ガール
  5. 海はきらいさ
  6. マイ・ハート
  7. さすらい人の子守唄
  8. 花にうもれた恋
  9. ピンクの戦車
  10. 風の天使
  11. 娘はどこへ
  12. 何もいわずに
1971年 東芝EMI LP ETP-8081
東芝EMI LP ETP-40167
2003年6月27日 東芝EMI CD TOCT-25110
2016年11月30日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-7198 ボーナストラック1曲入り。
1969年11月10日 東芝EMI LP EP-7728 シューベルツ・リサイタル
  1. ワニ足のジョニー
  2. 海はきらいさ
  3. 風の天使
  4. ピンクの戦車
  5. アンチェインド・メロディー
  6. マイ・ハート
  7. 日本の旅
  8. ラクダ天国
  9. ア・ボーイ・ライクス・ア・ガール
  10. MC
  11. 朝陽のまえに
  12. MC
  13. 乙女の挽歌
  14. シューベルツ・メンバー紹介
  15. さすらい人の子守唄
  16. メンバーのあいさつ
  17. さよなら
  18. フィナーレ~風
2007年8月8日 ユニバーサルミュージック CD TOCT-26282
2016年11月30日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-7199 ボーナストラック1曲入り。
1970年6月 東芝EMI LP EP-7746 天地創造
2016年11月30日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-7200 ボーナストラック7曲入り。
1970年8月 東芝EMI LP EP-7771 井上博にささげる

シューベルツ・さよならリサイタル

東芝EMI LP ETP-8102
2008年10月22日 ユニバーサルミュージック CD(紙ジャケ) TOCT-26694
2016年11月30日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-7201 ボーナストラック1曲入り。
1971年3月 東芝EMI LP EP- はだしのりひことシューベルツ
東芝EMI LP ETP-60163
2016年11月30日 ユニバーサルミュージック CD ボーナストラック1曲入り。
1971年3月 東芝EMI LP ETP-7503-04 はしだのりひことシューベルツのすべて
はしだのりひことクライマックス
1971年 東芝EMI LP 結成コンサート実況盤

※ 1970年12月13日、神田共立講堂での結成コンサートのライヴ・アルバム。

  1. 帰って来たヨッパライ~祗園小唄
  2. 御挨拶の儀
  3. コットン・フィールズ
  4. あなただけに
  5. この道
  6. 花嫁
  7. デイドゥリーム・ビリーバー
  8. マンダム~男の世界
  9. 忘れられないの
  10. お父帰れや
  11. 砂にまみれて
  12. みんな風が悪いのさ
2003年9月29日 東芝EMI CD(紙ジャケ) TOCT-25204 24bitリマスター版。
2005年3月30日 東芝EMI CD
2016年11月30日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-7202 ボーナストラック8曲入り。
はしだのりひことエンドレス
東芝EMI LP EP- はしだのりひことエンドレスVol1
東芝EMI LP ETP-8250
2006年9月29日 東芝EMI CD(紙ジャケ)
2016年11月30日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-7203 ボーナストラック5曲入り。

ソロ[編集]

シングル[編集]

  1. 祇園の鳥居 / かもめ 1974.10.25
  2. 町の灯 / 父さん 1975.06.15
  3. 若い旅人 / 西風バス 1977.09.25
  4. 目は軍艦 / 風に聞け ※はしだのりひこと水族館名義 1977
  5. 嫁っこは、いねえか / 風に聞け 1978.07.10
  6. へんてこりんロック / 星がみつめてる(ふしぎ犬トントン主題歌)1978
  7. 風の行方 / たとえば光 1979.05.10
  8. 夢を探して / 風 1989.04.05

アルバム[編集]

  • たとえば光(1976年9月、東芝EMI、ETP-72197)
  • BIG ARTIST Best COLLECTION はしだのりひこ(1990年6月7日、東芝EMI)
  • はしだのりひこ/メモリアル(2002年)
  • ゴールデンベスト(2010年12月8日)
  • たとえば光(2016年11月30日、ユニバーサルミュージック、UPCY-7204)
  • はしだのりひこ/メモリアル NEW EDITION(2016年11月30日、ユニバーサルミュージック、UPCY-7205)

著書[編集]

  • 『おとうさんゴハンまーだ』(教育史料出版会,1986年)ISBN 4876520151
  • 『親父たたかう:息子よ、語り合いたいこの時を』(文化出版局,1991年)ISBN 4579303334
  • 『自然とおしゃべり:はしだのりひこアウトドア対談』(つむぎ出版,1994年)ISBN 4876681007
などのエッセイがある。

出演[編集]

テレビ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

はしだのりひことクライマックスとして出場

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1971年(昭和46年)/第22回 花嫁 08/25 小柳ルミ子
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CM[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “はしだのりひこさん死去 フォーク歌手、72歳「悲しくてやりきれない」「花嫁」などヒット”. 産経ニュースWEST. 産業経済新聞社. (2017年12月2日). http://www.sankei.com/west/news/171202/wst1712020037-n1.html 2017年12月2日閲覧。 
  2. ^ a b c “元フォークル・はしだのりひこさん死去 数年前から療養生活”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2017年12月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/02/0010783402.shtml 2017年12月3日閲覧。 
  3. ^ はしだのりひこさん死去、今年4月に最後のステージ”. 日刊スポーツ (2017年12月3日). 2020年7月26日閲覧。
  4. ^ 関西テレビ制作・フジテレビ系列テレビ番組『凡児の娘をよろしく』のテーマ曲。

関連項目[編集]