はじめての文学 村上春樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
はじめての文学 村上春樹
著者 村上春樹
発行日 2006年12月10日
発行元 文藝春秋
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 272
コード ISBN 978-4163598109
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

はじめての文学 村上春樹』(はじめてのぶんがく むらかみはるき)は、村上春樹短編小説集。

文藝春秋から刊行されている「はじめての文学」シリーズ全12巻のうちの一冊[1]。2006年12月に出版された。装丁は大久保明子。

若い読者層を対象としたシリーズであるため、本書はふりがなを増やし、大きな活字で組まれている。作品の選択は村上が自ら行った[2]

収録作品[編集]

タイトル 初出 単行本
1 シドニーのグリーン・ストリート 』臨時増刊「子どもの宇宙」1982年12月号 中国行きのスロウ・ボート
2 カンガルー日和 『トレフル』1981年10月号 カンガルー日和
3 『トレフル』1983年2月号 カンガルー日和
4 とんがり焼の盛衰 『トレフル』1983年3月号 カンガルー日和
5 かいつぶり 『トレフル』1981年9月号 カンガルー日和
6 踊る小人 新潮』1984年1月号 螢・納屋を焼く・その他の短編
7 鉛筆削り
(あるいは幸運としての渡辺昇①)
MEN'S CLUB』1985年11月号 夜のくもざる
8 タイム・マシーン
(あるいは幸運としての渡辺昇②)
『MEN'S CLUB』1986年1月号 夜のくもざる
9 ドーナツ化 『MEN'S CLUB』1986年6月号 夜のくもざる
10 ことわざ 『太陽』1993年4月号~1995年3月号(掲載号不詳) 夜のくもざる
11 牛乳 同上 夜のくもざる
12 インド屋さん 同上 夜のくもざる
13 もしょもしょ 同上 夜のくもざる
14 真っ赤な芥子 同上 夜のくもざる
15 緑色の獣 文學界』1991年4月臨時増刊号『村上春樹ブック』 レキシントンの幽霊
16 沈黙 『村上春樹全作品 1979~1989』第5巻(講談社、1991年1月) レキシントンの幽霊
17 かえるくん、東京を救う 『新潮』1999年12月号 神の子どもたちはみな踊る

2. 「カンガルー日和」は、本書に再録するにあたり、大幅に加筆修正がなされた。

16. 「沈黙」は、本書に再録するにあたり、大幅に加筆修正がなされた。

脚注[編集]

  1. ^ 「はじめての文学」シリーズに収められている他の11人の作家は以下のとおり(五十音順)。浅田次郎小川洋子川上弘美桐野夏生重松清林真理子宮部みゆき宮本輝村上龍山田詠美よしもとばなな
  2. ^ 本書、257頁。