はなわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はなわ
はなわ
はなわ
本名 塙 尚輝(はなわ なおき)
生年月日 (1976-07-20) 1976年7月20日(43歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県千葉県佐賀県
血液型 O型
身長 175 cm
最終学歴 専門学校東京アナウンス学院
芸風 漫談物真似
事務所 ケイダッシュステージ
活動時期 1997年 -
現在の代表番組 デルサタ
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
エンタの神様
笑いの金メダル
など
作品佐賀県
他の活動 シンガーソングライター
ベーシスト
YouTuber
配偶者 既婚
親族 塙宣之(弟)
公式サイト プロフィール
受賞歴
2006年 第46回ACC CMフェスティバル ベスト音楽賞
2017年 第59回日本レコード大賞企画賞『お義父さん』
テンプレートを表示
はなわチャンネル
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年12月24日 -
登録者数 223,000人[1]
総再生回数 4,2376,122回[1]
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年5月28日時点。
テンプレートを表示

はなわ1976年7月20日 - )は、日本ピン芸人ケイダッシュステージ所属。本名、塙 尚輝(はなわ なおき)[2]専門学校東京アナウンス学院お笑いタレント科(現:芸能バラエティ科)卒業。血液型O型。公称身長は175cm。左利き。 既婚。

漫才コンビ「ナイツ」の塙宣之は2歳下の弟[3]

経歴[編集]

男3人兄弟の次男として埼玉県春日部市で生まれ、2歳時に千葉県我孫子市へ、小学校6年次に佐賀県佐賀市へ移住[4]。高校生時代は「バンド芸人」と称し、笑いを取り入れたMCも行っていた。佐賀県立佐賀東高校卒業後に上京し、東京アナウンス学院お笑いタレント科に進学[5]

2000年前後からNHK『爆笑オンエアバトル』でのベース漫談松井秀喜物真似などで人気を高め、2003年に発売したシングルCD『佐賀県』が約25万枚売上のヒット作品となり、同年の『第54回NHK紅白歌合戦』にも初出場した。

2005年1月から約1年間、当時自身が住んでいた中野区のライブハウスにて、歌あり、コントあり、ゲストとのトークありといった単独ライブ「HANAWA JACK」を毎月敢行。同年2月、アニメMAJOR』で上河内役で声優出演。また、バラエティ番組の企画で徳島インディゴソックス応援歌を作った。同年9月28日、2ndアルバム『HANAWA PACK』発売。同年の『エンタの神様』放送98回目には、カンニングのオンエア時間が長引いたことから、はなわのネタはオンエアされず終わった。同年12月放送の『歌スタ!!』内で、歌手を目指す介護士の男性をスカウトしプロデュースすることになり、はなわが絵本『だいじょうぶ だいじょうぶ』(著者・いとうひろし[6]を元に絵本と同名の歌を作詞・作曲。翌年7月、歌を提供された介護士の男性が同番組内で披露した。

2009年6月3日発売の『腐男塾(現:風男塾)』の3rdシングル『勝つんだ!』の作詞・作曲を担当。以降、サウンドプロデューサーとして60曲以上もの楽曲制作に携わっている。腐男塾は、はなわの遠い親戚であるジャジィはなわプロデュースの男子高校生ユニットと言う設定[7]

2016年に左利きのあるあるネタ『つらいぜ!ダリヒー』が話題になる[8]

2017年5月24日、ビクターエンタテインメントよりシングル『お義父さん』を発売。約12年ぶりのCDリリースとなる。妻・智子さんの失踪した父(はなわにとっての義父)へ宛てた、妻の苦労や幸せな今を歌った曲。2015年7月に結婚15周年を迎え、2016年3月に妻・智子さんへ誕生日プレゼントとして贈り、ライブなどでも披露した曲であり、2017年3月4日(妻の誕生日)にYoutubeへはなわ本人が「お義父さん」ライブ映像をアップしたところ話題になり、視聴回数が20日間で100万回を突破。これまで、はなわはテイチクエンタテインメントからCDをリリースしていたが、ビクターからの熱烈なオファーがあり、CD発売化へ至った。ちなみにその義父は、はなわとの対面後に末期の胃癌と診断され闘病中だったが、2017年10月8日に死去した。義父の死後、『お義父さん』の書籍化が決定し、2017年12月14日にKADOKAWAから発売された[9]

2018年10月3日、ビクターエンタテインメントより約13年ぶりとなるオリジナルアルバム『カラアゲ』を発売。同アルバムでは弟・宣之が在籍するコンビ・ナイツや所属事務所の先輩である原口あきまさがコーラスで参加している他、歌手・中村あゆみとのデュエットソングも収録されている[10]

2019年3月、出生地・春日部市の「かすかべ親善大使」に委嘱された[11]

エピソード[編集]

佐賀県ネタ[編集]

『佐賀県』の歌詞に登場する牛丼屋「吉屋(よしや)」は架空の店だが、2005年7月1日にはなわ自身がプロデュースして唐津市に「吉田家」を開店させた。しかし、2006年9月25日に閉店。また、佐賀駅の近くに「スターバックスはない」と歌っていたが、2006年12月にゆめタウン佐賀内に開店したため、歌詞と異なる事態になった。なお、佐賀県内1号店は鳥栖プレミアム・アウトレット店。

また佐賀県出身で、はなわと親交もある中越典子は歌詞の内容を「ほとんどデタラメ!!」と一蹴しているが、実際は初対面前から「(はなわの『佐賀県』でのブレークについて)嬉しい。お会いしたいですね」と対面を熱望していた[12]

松雪泰子がはなわとTV番組で共演した際、はなわが真っ先に土下座をし、松雪は歌詞内で「佐賀(出身であることを)公表してねえ」と歌われていることに関し「公表してます」と話した。実際は、『佐賀県』発売前にはなわ側が事前連絡しており、松雪の所属事務所も快諾し、松雪本人も「すごくうれしいな」と感想を述べている[13]

牧瀬里穂に対しても「佐賀県」ネタで名前を無断使用したことをブログ内で謝罪しており、番組で共演した際にもはなわは楽屋で牧瀬に謝罪したが、牧瀬は逆に名前を使われたことを喜んでいる[14]。『佐賀県』以外の曲でもメディアの流す事実とは異なるステレオタイプなイメージをさらに誇張した歌詞は多いが、はなわなりのギャグの一種である。

『佐賀県』リリース当時の佐賀県知事古川康はこのネタに好意的でPVにまで出演していたが、後任の山口祥義知事は「佐賀県をバカにしている」と批判的であり、和解に1年ほど要した[15]。なおリリース当時、はなわの両親が当時の知事に直接土下座して謝罪する目的で佐賀県庁を訪れている[16]。2011年頃から、子育てのために実際に佐賀県に居住している[17]

その他[編集]

左利きだがベースは右利き用を使用している。これは右利きの兄から借りてはじめたためである[8]

原口あきまさは、専門学校および芸能事務所の先輩で、個人的にも親しい。原口と「原口・はなわ」というコンビ[18]を組み、演芸番組等でモノマネを交えたコントを披露することがある。

3男の父親である。2009年頃から一家全員で『さんまのSUPERからくりTV』に出演している。2010年8月『からくりTV』にて、はなわが結婚10年目を記念し妻の為に作詞作曲した「10年のうた」を妻と長男・次男の前で披露する模様が放送された。

弟と共に野球のほか「好角家」と公言しており相撲に詳しい。元々柔道をやっていたため相撲も得意で、息子と相撲を取ったりもしている。特に武蔵丸光洋のモノマネを始めてから、武蔵丸の断髪式に呼ばれたり、武蔵丸とともに大相撲中継に出演するなど何かと武蔵丸とは縁が広がり、武双山正士琴ノ若晴將の断髪式にも出ている。さらに、アルバム「HANAWA PACK」発売時期にCDの宣伝を兼ね懸賞旗を6本出している。なお、弟の宣之も野球及び相撲ファンである。また、千代大海龍二が角界に入門する前のヤンキーぶりは、「『大分の龍二』と言えば僕でも知っている位大変有名人だった」という。その影響で長男の元気も相撲を行うようになった[19]

2009年8月30日に、はなわ自らが乗用車を運転中、首都高速道路1号線の左車線に停車。これを避けようとした後続車が中央分離帯に衝突し、車が損傷する交通事故が発生した。本人、後続車の運転手共に怪我は無かった[20]

主なモノマネレパートリー[編集]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

出演中

過去の単発・レギュラー・不定期出演

過去・インターネット番組

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2003年(平成15年)/第54回 佐賀県なんでだろう
〜スペシャル合体バージョン〜
19/30 Every Little Thing テツandトモと合同で出演
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ[編集]

現在のレギュラー

  • なし

過去のレギュラー

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

  • まっすぐにいこう。(2004年4月30日、日本テレビ系、8話) - パン屋役
  • MAJOR 1stシーズン(2005年2月12日、NHK教育、13話) - 上河内役
  • MAJOR 2ndシーズン(2006年3月11日、NHK教育、39話) - 上河内役
  • デジモンセイバーズ(2006年4月・8月、フジテレビ系) - ハグルモン、警官

CM[編集]

OVA[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル

  1. 佐賀県(2003年5月21日)
  2. 岩手県[24](2003年)
  3. 伝説の男 〜ビバ・ガッツ〜[25](2004年6月30日)
  4. あったか戦士 おでんセブン(2008年9月12日・配信限定)
  5. お義父さん (2017年4月12日・ビクターエンタテインメントより配信開始)
  6. お義父さん (2017年5月14日・ビクターエンタテインメントより Type A,B,C 計3種類CD発売 Type CのみDVD封入)
  7. 埼玉県のうた(2019年2月20日) - 映画『翔んで埼玉』主題歌。c/w「咲きほこれ埼玉」:テレビ埼玉開局40周年記念ソング

アルバム

  1. HANAWA ROCK(2003年10月1日)
  2. HANAWA PACK(2005年9月28日)
  3. カラアゲ(2018年10月3日・ビクターエンタテインメント)

DVD

  1. 楽観しゅぎるライブ(2004年5月26日)
  2. 雪国もやし探検隊(「雪国もやしの歌」のPV等を収録、非売品)

書籍

  1. HANAWA BOOK(はなわブック)(2003年10月18日・ブックマン社)
  2. お義父さん(2017年12月14日・KADOKAWA

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b YouTubeランキング はなわチャンネル 登録・再生数
  2. ^ IMPERIAL RECORDS / はなわ [プロフィール]”. www.teichiku.co.jp. 2020年6月15日閲覧。
  3. ^ 宣之は(はなわとは異なる)マセキ芸能社所属。
  4. ^ (日本語) 【ナイツの塙、初登場】はなわ兄弟!実家に突撃サプライズ! (YouTubeチャンネル動画). はなわチャンネル.. (2020年3月30日). https://www.youtube.com/watch?v=mD_NdAwoLew 2020年6月29日閲覧。 
  5. ^ 「佐賀県」のヒットから13年。はなわ、SAGAで父になる。”. SAGA MAGA. 2020年6月29日閲覧。
  6. ^ 図書番号 ISBN 978-4062528634
  7. ^ 腐男塾は2011年7月、「風男塾」と名を改め、2012年1月からプロデューサー名義が「ジャジィはなわ」から「はなわ」に代わった。現在、風男塾は「男装アイドルユニット」として活動している。
  8. ^ a b はなわが語る左利きの辛さ カウンター席で客の目が冷たい”. エキサイトニュース (2016年7月5日). 2016年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月9日閲覧。
  9. ^ はなわ「お義父さん」書籍化 未公開のエピソードも収録「最高の家族に囲まれた」”. ORICON NEWS (2017年11月5日). 2018年10月8日閲覧。
  10. ^ オリジナルアルバム「カラアゲ」 豪華ゲスト参加のバラエティーに富んだ全容発表!”. ビクターエンタテインメント公式HP (2018年8月29日). 2018年10月8日閲覧。
  11. ^ はなわさんのかすかべ親善大使委嘱式を開催しました”. 春日部市 (2019年3月29日). 2019年4月30日閲覧。
  12. ^ “中越典子「こころ」の人は「はなわ」?”. SANSPO.COM. (2003年10月4日). オリジナルの2003年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031006011057/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200310/gt2003100408.html 2020年7月13日閲覧。 
  13. ^ “松雪泰子、はなわ「佐賀県」ネタにされた思い明かす”. 日刊スポーツ. (2018年4月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804130000220.html 2020年7月13日閲覧。 
  14. ^ はなわの名前無断使用の謝罪に、牧瀬里穂が神対応 日刊スポーツ 2017年3月21日11時16分
  15. ^ はなわ 佐賀県庁への出入り禁止を食らっていた「あの歌は佐賀をバカにしてる」
  16. ^ “【オヤジの仕事】はなわさんの生真面目な父は「佐賀県」ヒットで佐賀県知事に土下座した”. encount. (2019年11月29日). https://encount.press/archives/11088/ 2019年12月5日閲覧。 
  17. ^ 「佐賀県」ヒットから15年 はなわの歌手生活
  18. ^ 原口とのコンビでイロモネアの前身番組『ウンナン芸人道祭り'05極限ネタバトル』出演経験がある。
  19. ^ はなわ長男が相撲デビュー Archived 2014年2月22日, at the Wayback Machine. 中日スポーツ 2014年2月2日 紙面から
  20. ^ はなわさんの車を避けようとして、後続車が事故 産経新聞 2009年8月31日
  21. ^ オンバトサポーター - はなわ
  22. ^ さとう珠緒&はなわ、映画で夫婦役「濡れ場があるかも」”. シネマトゥデイ (2015年7月11日). 2015年7月13日閲覧。
  23. ^ 実弟の塙伸之も出演している
  24. ^ フジテレビ脳内エステIQサプリの出題・正解発表ソング
  25. ^ CD化はされていないが輪島功一具志堅用高など世界ボクシングチャンピオンの伝説ソングは多数ある。

関連項目[編集]