ははじま丸 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ははじま丸
Hahajima-Maru,JAPAN.jpg
ははじま丸(母島沖港)
基本情報
船種 貨客船
船籍 日本の旗 日本
運用者 伊豆諸島開発
建造所 三菱重工業下関造船所
IMO番号 9033323
経歴
起工 1990年
進水 1991年
竣工 1991年5月31日
就航 1991年6月16日
終航 2016年7月1日[1]
要目
総トン数 490トン
載貨重量 289トン
全長 56.7m
9.0m
深さ 4.0m
満載喫水 3.4m
機関方式 ディーゼル
主機関 ニイガタ8MG28HX型×1基
出力 3000ps
最大速力 16.8ノット
航海速力 16.0ノット
旅客定員 143名
積載能力 トムソン式デリック・ポスト5t吊×1基、コンテナ12個
[2]
テンプレートを表示
ファンネルマーク

ははじま丸(ははじままる、Hahajima Maru)は、伊豆諸島開発が運航する貨客船小笠原諸島父島母島を結ぶ航路に就航している。

概要[編集]

初代ははじま丸の代船として1991年に就航した。本船の就航により、初代ははじま丸は第2ははじま丸となり、本船のドック入りの際の代船として数年間運航されたが、老朽化のため引退、共通予備船として1998年にゆり丸が建造された。

父島母島を結ぶ航路に就航しており、所要時間は2時間10分である。おがさわら丸が父島に入出港する日は連絡船としての役割を持ち、運航時刻も連絡するように設定されている。また、1日の間に父島と母島を往復する場合は、天候によっては母島出港時刻が予定より早まる場合がある。乗船券は入出港の各待合所のみで発売されており、事前予約もできない。

2016年7月1日の運航を最後に3代目ははじま丸と交代した[1]

船内[編集]

1等客室と2等客室がある。横揺れ防止のフィンスタビライザーを装着している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 7月1日の母島”. 小笠原母島観光協会 (2016年7月1日). 2016年8月12日閲覧。
  2. ^ 海人社 世界の艦船 1991年8月号 132ページ