はやぶさ (フェリー・4代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
はやぶさ (4代)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 共栄運輸
運用者 青函フェリー
建造所 函館どつく室蘭製作所
建造費 約26億円[1]
信号符字 JD3635
IMO番号 9699763
MMSI番号 431005182
経歴
起工 2013年6月[1]
進水 2013年
竣工 2014年3月16日[1]
就航 2014年3月28日[1]
現況 就航中
要目
総トン数 2,949 トン
全長 114.85 m
垂線間長 105.00 m
型幅 19.00 m
型深さ 11.45 m
満載喫水 4.80 m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
推進器 2軸
航海速力 19.0 ノット
旅客定員 300名
車両搭載数 トラック44台
テンプレートを表示

はやぶさは、共栄運輸青函フェリーで運航しているフェリー。本項目では、2014年に就航した4代目を取り扱う。

概要[編集]

はやぶさ (3代)の代船として函館どつく室蘭製作所で建造され、2014年3月16日に竣工した[1]。その後、3月25日に函館港でお披露目会が行われた後、函館港北埠頭耐震岸壁整備に伴う函館ターミナルの新バースへの移動に合わせて、3月28日に函館港18時発の12便から運航を開始した。

設計[編集]

車両航送の需要増により積み残しが発生していたことから前船より大型化し、車両搭載能力がトラック約10台分増加した。

旅客設備が大幅に強化されており、旅客定員が80名から300名に増加、青函フェリーの就航船で初となる個室も設けられた。

船内[編集]

船室[編集]

  • ステートルーム(4室) - 個室、2段ベッド
  • リクライニングイス席(1室)
  • カーペット席(4室、うち1室は婦人専用)
  • バリアフリー専用席
  • ドライバールーム(2室) - 階段式2段ベッド、1室は一般旅客も利用可能

設備[編集]

  • 自動販売機(飲料・カップ麺)
  • シャワールーム(男・女)
  • 喫煙室

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “青函フェリー新造船「はやぶさ」28日就航”. 函館新聞 (函館新聞社). (2014年3月26日). http://www.ehako.com/news/news2014a/7294_index_msg.shtml 2017年2月5日閲覧。