はろー!マイベイビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はろー!マイベイビー
ジャンル 少女漫画子育て
漫画
作者 かわだ志乃
出版社 小学館
掲載誌 ちゃお
ちゃおデラックス
レーベル ちゃおコミックス
発表号 2018年05月号 -
発表期間 2018年 -
巻数 既刊5巻(2020年7月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

はろー!マイベイビー』は、かわだ志乃による日本漫画作品。かわだ志乃の初連載作品で短期連載として『ちゃお』(小学館)にて2018年05月号から7月号まで連載していたが、好評を得て2019年9月号からシリーズ連載されている。

ストーリー[編集]

朝倉 小梅は一軒家に住む中学1年生だが、父親は出張で飛び回って不在、母親は物心つく前に他界でいつも独りぼっちだった。そんなとき隣の家に住む幼馴染萩野真生が時折小梅を心配して小梅の家にご飯を食べに来る。小梅はそんな真生のことが好きなのだが、勇気が出ない。そんなとき小梅の父親からもらった出張のお土産(ガラクタ)のなかに鏡から10年後の未来が見えるおまじないの紙が入っていた。小梅は半信半疑だったもののおまじないをして鏡の前に立つと、なんと母親になった自分の姿が映っていた。その様子に驚く小梅だったが、さらに鏡から小梅の未来の娘あいちゃんが現れパニック! こうして、あいちゃんが未来に帰れるまで、ママ役小梅、パパ役真生の疑似(将来)家族として子育てを頑張ることになるのだった。

登場人物[編集]

※声の項はボイスコミック版の声優[1]

朝倉 小梅(あさくら こうめ)
声 - 木村珠莉
本作の主人公。中学1年生。幼い時に母を亡くしている上に、父は海外で働いているため、家ではずっと一人暮らしだった。
ひょんなことから、10年後の世界からやってきた娘のあいを育てることになり、想像を超えたあいのやんちゃぶりに手を焼きながらも、父親役の真生と三人で明るくにぎやかな毎日を送っている。
料理が得意で、お化けが苦手。幼い頃に真生からもらった手作りの髪飾りを大事に付けている。
萩野 真生(はぎの まお)
声 - 美藤大樹
小梅とは家同士の幼なじみで、同じく中学1年生。10年後の世界では小梅の夫になっている。手先が器用。
小梅に協力して、娘のあいを育てることになり、基本的には失敗続きの小梅をうまくフォローしているが、一方では彼自身の失敗も少なくない。
親の転勤で一度は隣町に引っ越したが、小梅とあいが心配で、親には理屈をつけて小梅の家に住んでいる。
萩野 あい (はぎの あい)
声 - 久保田梨沙
ある日突然、10年後の世界からやってきた小梅と真生の娘。小梅と同じ手作りの髪飾りを付けているが、この髪飾りは未来の小梅があいに与えた物であり、あいが間違いなく小梅の娘である証拠となっている。
まだ赤ちゃんだが、急速に成長して二足歩行を始め、稚拙ながら言葉も話し始めている。人並み外れて好奇心が旺盛な性格で、少しでも目を離すと何を始めるか分からず、小梅と真生を毎日てんてこまいにさせている。
一旦は未来に帰ったが、小梅の誕生日に未来の小梅によって再び現在に送られ、未来への戻り方は分かった今も居付いており、保育園にも通っている。パラレルストーリーでは、小梅と真生のママ役で中学生姿になったが、おっとりとした性格で世話好きな一面が発覚した。
小梅の父
幼いころに母親を亡くし、自身も出張で忙しくいつも家にいないことで小梅にいつも苦労をかけていることを気にしているが、空回りしているのんきな小梅の父親。いつも一人の小梅を心配して生活費のお金とよくわからないお土産をよく送る。出張の頻度は高くもちょくちょく家に戻っていたが、あいが現れて真生と同居するようになって以降、長期出張で家を空けるようになり出番が少なくなっている。小梅にフリフリの服を着させたいと思っている。あいが小梅と真生の未来の娘であることは驚きつつも受け入れている。
クマ吉(くまきち)
クマの姿をしている人気アニメのキャラクター。あいはこのクマ吉の大ファンだが、まだ正しい呼び方ができず、彼のことは「くまちき」と呼んでいる。

ボイスコミック[編集]

ちゃおチャンネルにて、2019年1月25日より第1話のボイスコミックが配信されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【ボイスコミック】『はろー!マイベイビー』 第1話《前編》 ★ちゃおの人気まんがを動画で!★【まんが動画】”. ちゃおチャンネル【公式】CIAO(YouTubeアカウント) (2019年1月25日). 2020年5月18日閲覧。