ぱしふぃっくびいなす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ぱしふぃっくびいなす
Pacific Venus at Noshiro 20170729-1.jpg
能代港・40,000トン岸壁にて
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 日本の旗 日本
所有者 新日本海フェリー
運用者 日本クルーズ客船
建造所 石川島播磨重工業東京第一工場(3095)
母港 大阪港
姉妹船 おりえんとびいなす
船級 NK, JG[1]
信号符字 JPEI
IMO番号 9160011
MMSI番号 431281000
経歴
起工 1996年
進水 1997年9月29日
竣工 1998年3月31日
就航 1998年4月12日
現況 就航中
要目
総トン数 26,518トン[2]
載貨重量 4,202トン[1]
全長 183.4 m[2]
全幅 25.0 m[2]
喫水 6.5 m[2]
デッキ数 12層
機関方式 ディーゼル
主機関 ディーゼルユナイテッド 12PC2-6 2基
推進器 2軸[2]
出力 18,540 PS[2]
最大速力 21.9ノット
航海速力 20.8ノット[1]
航続距離 7,000マイル[1]
旅客定員 238室/696名[2]
乗組員 204名[2]
フィンスタビライザー装備[2]
テンプレートを表示

ぱしふぃっくびいなす (Pacific Venus) は、日本クルーズ客船が運航するクルーズ客船

概要[編集]

同社が運航していた「おりえんとびいなす」の準同型船として1998年に就航した日本籍で2番目に大きなクルーズ客船である。おりえんとびいなすでの経験を活かして更にレジャークルーズに重点を置いた構造で[2]、内装は「エコロジー&ヒューマニズム」をコンセプトとして設計されている[1]

ミドル、ショートクルーズが中心であるが、世界一周やオセアニアクルーズなどのロングクルーズも行う。

設備[編集]

12階
  • トップラウンジ「サテライト」
    • ゲームコーナー
  • サンデッキ
11階
  • オブザベーションラウンジ「グラン・シャリオ」
  • びいなすサロン(エステティック・ネイルサロン・ボディセラピー)
  • プール&ジャグジー
    • プールサイドデッキ
    • プールサイドバー
  • 展望浴場
    • スチームサウナ
  • ジムナジウム
10階
  • スポーツデッキ
    • スポーツデッキバー
  • スモーキングルーム(10階利用者専用)
9階
  • コンファレンスルームA
  • カラオケルーム
  • カードルーム
  • 茶室「楽水亭」
8階
  • メインホール「テアトロ・ピアッツァ」 - 9階まで吹き抜け[1]
7階
  • メインダイニングルーム「プリマベーラ」
  • メインラウンジ「ル・パシフィーク」
  • ピアノサロン「アルカンシェル」
  • プロムナード
  • ダイニングサロン「グラン・シエクル」(スイートルーム以上船客専用)
  • オープンバー「ウィンド・オブ・メコン」
  • ロゴショップ「ハミングバード」
6階
  • ライティングルーム
  • パソコンルーム
  • シアター - 5階まで吹き抜け
  • コンファレンスルームB
  • レセプションルーム
  • スモーキングルーム
  • 大型ランドリー
5階
  • エントランスロビー - 7階まで吹き抜け[1]
  • フロント
  • ツアーデスク
4階
  • 医務室
  • 美容室
  • 理容室

客室[編集]

客室はスタンダードルームを除き全室が海に面したツインルーム。

  • ロイヤルスイートルーム - 65m2(10階 各2室)
    • ロイヤルスイートA「アルカイック」「モダン」
    • ロイヤルスイートB「エレガント」「ノーブル」
  • スイートルーム - 35m2(10階 8室)
  • デラックスルーム - 23.5m2(9階 通常18室・バリアフリー2室)
  • ステートルーム - 15.3m2
    • 9階「ステートE」:6室
    • 8階「ステートF」:34室
    • 6階「ステートG」82室・「ステートH」8室
    • 5階「ステートH」20室・「ステートJ」14室
    • E・F・Gは角窓、H・Jは丸窓、F・G・H・Jは3人利用可。
  • スタンダードルーム (5階・6階内側合計16室 2018年現在は販売なし)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]