ひうち型多用途支援艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひうち型多用途支援艦
AMS 4302 すおう
AMS 4302 すおう
基本情報
種別 多用途支援艦
運用者  海上自衛隊
建造期間 2001年 - 2008年
就役期間 2002年 - 就役中
建造数 5隻
前級 81号型特務艇
次級 最新
要目
基準排水量 980トン
満載排水量 1,400トン
全長 65.0 m
最大幅 12.0 m
深さ 5.8 m
吃水 3.5 m
主機 6MG28HXまたは6DKM28 ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 5,000馬力
速力 15 ノット (28 km/h)
乗員 40名(「げんかい」から45名)
兵装 12.7mm機関銃 (分類上は小火器扱い)×2丁
搭載艇 6.3メートル級複合型作業艇×1隻
7.9m内火艇×1隻
バラクーダ自走式水上標的×2隻
レーダー OPS-26 対水上捜索用[1]×1基
テンプレートを表示

ひうち型多用途支援艦(ひうちがたたようとしえんかん、英語: Hiuchi-class auxiliary multi-purpose support ship)は海上自衛隊が運用する多用途支援艦の艦級。計画番号はJ-147[2]

概要[編集]

各種射撃訓練の支援の他、自走不能になった僚艦や標的艦の曳航・消火・救難・物資輸送・離島に対する災害派遣や新装備の洋上試験など多目的に使用するために建造された。81号型特務艇5隻の後継となる艦であり、1番艦は平成11年度計画に基づき2001年に起工、2002年に就役している。

海上採油基地用のサプライ・ボートをベースにした設計で、後部には広い作業甲板兼貨物搭載甲板を備え、船体は後部甲板が一段低いものとなっており、構造物もなくスペースがとられている。射撃訓練支援の場合は、ここに自走式水上標的(通称バラクーダ)や曳航式水上標的を搭載し作業を行うほか、ここに各種物資を積載することもできる。自走不能になった僚艦を曳航することも任務の一つであることから、機関出力は5,000馬力と排水量に対してかなり強力になっており、ましゅう型補給艦も単艦で曳航することが可能である。艦の中央に大型の煙突を1本備えており、艦橋構造物とは独立している。

当初、3番艦の「あまくさ」までは武装を有しておらず、放水銃が艦橋上にあるのみだったが、4・5番艦の「げんかい」と「えんしゅう」は警備上の理由から12.7mm機関銃用の銃架を艦橋上左右舷に追加装備した。また、1~3番艦も修理時等に順次装備するよう改装された。ただし、海自では12.7mm機関銃は武装ではなく搭載火器扱いとなるために表記はされていない。その他に、「げんかい」と「えんしゅう」は潜水艦の訓練支援も念頭に置いて水中通話機を、また、外洋での活動を考慮して減揺タンクを装備するなど、3番艦までと比べてある程度の改良が施されている。

機関は「ひうち」、「げんかい」、「えんしゅう」が新潟原動機6MG28HXディーゼルを、「すおう」と「あまくさ」はダイハツ6DKM28ディーゼルを採用している。

各艦の名前は、の名前に由来する(燧灘周防灘天草灘玄界灘遠州灘)。

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造 起工 進水 就役 所属
AMS-4301 ひうち 日本鋼管
鶴見造船所
2001年
(平成13年)
1月18日
2001年
(平成13年)
9月14日
2002年
(平成14年)
3月27日
舞鶴地方隊
舞鶴警備隊
舞鶴基地
AMS-4302 すおう ユニバーサル造船
京浜事業所
2002年
(平成14年)
9月19日
2003年
(平成15年)
4月25日
2004年
(平成16年)
3月16日
大湊地方隊
大湊警備隊
大湊基地
AMS-4303 あまくさ 2002年
(平成14年)
12月3日
2003年
(平成15年)
8月6日
佐世保地方隊
佐世保警備隊
佐世保基地
AMS-4304 げんかい 2006年
(平成18年)
11月7日
2007年
(平成19年)
5月24日
2008年
(平成20年)
2月20日
呉地方隊
呉警備隊
佐伯基地
AMS-4305 えんしゅう 2006年
(平成18年)
12月19日
2007年
(平成19年)
8月9日
横須賀地方隊
横須賀警備隊
横須賀基地

参考文献[編集]

  1. ^ Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 374. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ 「技術開発官(船舶担当)」『技術研究本部60年史防衛省技術研究本部、創立六十周年記念事業準備委員会、2012年11月。
  • 『自衛隊装備年鑑 2006-2007』 朝雲新聞社 P279 ISBN 4-7509-1027-9

関連項目[編集]