ひかわ博一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひかわ 博一
本名 樋川 博一
生誕 (1967-07-04) 1967年7月4日(51歳)[1]
日本の旗 日本 愛知県[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1992年 - 2006年2017年 -
ジャンル 少年漫画・ギャグ漫画
代表作星のカービィ デデデでプププなものがたり
受賞 1987年 第14回藤子不二雄賞受賞
テンプレートを表示

ひかわ 博一(本名:樋川 博一(ひかわ ひろかず)、1967年7月4日[1] - )は日本漫画家愛知県出身[1]

経歴・人物[編集]

1987年、本名である樋川博一名義で『快晴!!青空教室』で第14回藤子不二雄賞を受賞。のむらしんぼのアシスタントを経て、小学館の児童誌に作品を発表。主にゲームなどのコミカライズ作品を手がけた。中でも『星のカービィ デデデでプププなものがたり』は『月刊コロコロコミック』の看板作品として12年以上にわたる長期連載となり、ひかわの代表作となった。

『カービィ』連載末期の24巻7話からは、まるで別人が描いたかのように突然作画が簡略化し、連載終了後は漫画家としての活動が全く見受けられなくなったことから、インターネット上では「鬱病説」や「編集部との関係悪化説」などが噂された[要出典]

ゲッサン』2017年7月号掲載のカメントツによるルポ漫画『カメントツの漫画ならず道』で行われたひかわ本人へのインタビューで、「鬱病説」の噂をキッパリと否定している[2]。さらに、『カービィ』連載中期以降、ひかわは作話担当・作画担当で別名義にすべきほどの仕事量で、下書き以外の作画を一人のアシスタントがほぼ代筆していたにもかかわらず、「ひかわ博一」単独名義で作品を出していたことを明かした。また、作画の簡略化については、そのアシスタントが辞めてしまったことで自力で描かざるを得なくなり、長年執筆を行わなかったことからろくに漫画を描けなくなってしまったため、連載終了に至ったと明かしている。

連載終了後は漫画家としての活動を終えて、印税を元手に株取引を行っていたが、リーマン・ショックの発生でほとんどが焦げ付いてしまったという。前述のルポ漫画が描かれた時点では漫画家としての復帰の意向が全く無い状況で、インタビュー中でも「自分は全てアシスタント任せでどうしようもないクズ。ファンに対しては申し訳ない気持ちでいっぱい」「自分のことなど忘れてほしい(と、漫画にも書いてくれ)」と語っていた。

2012年8月3日星のカービィシリーズ20周年を記念して刊行されたファンブック『プププ大全』に祝福のメッセージを、2017年にコロコロコミック伝説(レジェンド)カフェの会場にて直筆イラストを[3]、それぞれ寄稿している。また、2017年に『月刊コロコロコミック』で連載を開始した漫画『星のカービィ 〜まんぷくプププファンタジー〜』の作者・武内いぶきはリアルタイムでひかわの『カービィ』を読んでおり、その縁があってひかわは単行本1巻の帯コメントを寄せている。

2017年12月15日発売の『コロコロアニキ2018年冬号では、11年ぶりとなる『デデデでプププなものがたり』の新作を発表。以降、低ペースながらも漫画家活動を再開している。

2018年には描き下ろしを含む『デデデでプププなものがたり』の傑作選をコロコロアニキコミックスより刊行した[4]。さらに、復活した号の次にあたる『コロコロアニキ』2018年春号では、『カービィ』の25.5巻が付録となり、新作描き下ろしがさらに一挙2話掲載となったほか、デビューから前述の筆を折るに至るまでを描いた経緯が師匠ののむらしんぼ作の『コロコロ創刊伝説』において2話にわたり掲載され、のむらとの対談記事も掲載された[5]。次の2018年夏号からは正式に、『デデデでプププなものがたり』が連載となった。

作品リスト[編集]

連載[編集]

読み切り[編集]

人物[編集]

  • 趣味は野球で、プレーしている写真を単行本カバーの帯裏に載せたことがある。
  • のむらしんぼのアシスタントを7年間していた。のむらからの愛称は「ピカリン[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]