ひかわ玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひかわ 玲子
(ひかわ れいこ)
ペンネーム ひかわ 玲子
(ひかわ れいこ)
誕生 渡辺 かおる
(わたなべ かおる)
(1958-05-17) 1958年5月17日(59歳)
日本の旗 東京都豊島区
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学社会科学部
活動期間 1988年 -
ジャンル ファンタジー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ひかわ 玲子(ひかわ れいこ、1958年5月17日 - )は、日本の小説家東京都豊島区出身[1]、東京都在住。早稲田大学社会科学部卒業[1]

経歴[編集]

本名:渡辺かおる[1]音楽評論家渡辺茂の子として、東京都に生まれる。恵泉女学園中学校・高等学校を経て、早稲田大学を卒業。父がSF同人誌『宇宙塵』の同人であったため、幼い頃からSFやファンタジーに親しんだ。

学生時代はワセダミステリクラブに在籍しており、また、小谷真理らが参加していたファンタジー系サークル「ローラリアス」にも参加。後に「ローラリアス」の副幹事も経験している[2]。伯父である推理作家氷川瓏(と渡辺剣次)の影響を受け、自らも小説を書いた。筆名はこの伯父に因む(「ひかわ(氷川)」「玲子(玲瓏:玉などが透き通るように美しいさま。)」)。

レコード会社のプロモーター、ライターを経て、M・Z・ブラッドリーの『ヘラーズの冬』『ホークミストレス』を共訳(氷川玲子名義)。1988年、「バセット英雄伝 エルヴァーズ」を『ドラゴンマガジン』に連載し、小説家デビューした。「女戦士エフェラ&ジリオラ」や「三剣物語」などのシリーズがあり、剣や魔法が登場するファンタジー(ヒロイック・ファンタジー)を得意とする。

なお、1988年に最初の著書(『グラフトンの三つの流星』)を刊行した彼女が、それを持って既に病床にいた伯父、氷川瓏を訪ねたところ、瓏はわがことのように喜んだという[3]

作品リスト[編集]

翻訳[編集]

氷川玲子名義

ひかわ玲子名義

  • いにしえの呪い:魔法都市ライアヴェック 1(ウィル・シェタリー、エンマ・ブル編、1989年4月、社会思想社井辻朱美らと共訳)

オリジナル作品[編集]

  1. グラヴィスの封印
  2. 黒銀の月乙女
  3. 漆黒の美神
  • 『バセット英雄伝 エルヴァーズ』(1990年4月 - 1992年5月、富士見書房富士見ファンタジア文庫>)
  • 『龍の七部族』(1990年8月 - 1999年6月、朝日ソノラマソノラマ文庫>)
    2008-2009年、朝日ノベルズ(朝日出版社)より全三巻(I〈水方郭〉、陥つ II 北星の門 III 竜の地平)再版
  • 『三剣物語』(1990年9月 - 1991年10月、角川書店角川スニーカー文庫>)
    • 『九大陸物語』(1997年9月 - 2000年8月、角川書店<角川スニーカー文庫>)
  • 『銀色のシャヌーン』(1990年11月 - 1995年5月、徳間書店トクマノベルス>)
  • 『ラヴェンダー野のユニコーン』(1992年8月 - 1996年9月、集英社コバルト文庫>)
  • 『太陽の娘』(1992年10月 - 2002年12月、角川書店<角川ノベルズ>、徳間書店<徳間デュエル文庫>)
  • 『魔法のお店』(1992年11月 - 2002年5月、講談社ノベルスほか)
  • 『妖かしの館-美族』(1993年3月、光文社光文社文庫>)
  • 『惑乱の華-美族』(1995年3月、光文社<光文社文庫>)
  • 『至宝の佳人-美族』(1997年7月、光文社<光文社文庫>)
  • 『コスモ・ホッケー・イレブン!―銀河大戦紀』(1993年 - 集英社スーパーファンタジー文庫)
    2009-2010年、『流星のレクイエム コスモホッケーイレブン』として朝日ノベルズ(朝日出版社)にて全3巻再録
  • 『魔幻境綺譚』(1993年3月 - 1996年8月、角川書店<角川スニーカー文庫>)
  • 『百星聖戦紀』(1992年12月 - 2005年8月、富士見書房<富士見ファンタジア文庫>)
  • 『妖かしの館』(1993年3月 - 1997年7月、光文社<光文社文庫>)
  • 『クリセニアン年代記』(1993年8月 - 2002年1月、小学館<小学館キャンバス文庫>)
  • 『クリセニアン夢語り』(2007年5月 - 2008年8月、小学館<ルルル文庫>)
  • 『ヤンノレク騎士団年代記』(2005年4月 - 8月、小学館<パレット文庫>)
  • 『アーサー王宮廷物語』(2006年2月 - 4月、筑摩書房
  • ゴッデス!』(2007年4月 - 2008年11月、『Novel JAPAN』、『キャラの!』に連載 / <HJ文庫>)
  • 『くるみ割り人形/白鳥の湖 バレエ名作物語』(2012年11月、集英社みらい文庫

寄稿誌・アンソロジー・同人誌[編集]

  • 「トリップ世代のエターナル・チャンピオン」(『幻想文学』19号、1987年7月)寄稿
  • 「読書メモ エキゾチズム・幻想」(『幻想文学』25号、1989年3月)寄稿
  • 「ビー玉の夢」(『奇妙劇場 vol.3』、1991年1月、太田出版)寄稿
  • 「ク・ムーンの裔」(『ファンタジー王国 2』、1991年3月、カドカワノベルズ)寄稿
  • 「蘇るアーサー王伝説」(『ユリイカ』第23巻第10号、1991年9月)寄稿
  • 「Hi!JOURNAL OPENNING ESSAY」(『S-Fマガジン』第32巻第10号、1991年10月)寄稿
  • 「光の言葉」(『ザ・ファンタジー 1』、1993年4月、カドカワノベルズ)寄稿
  • 「追っ掛け☆香港dream」(『竜虎酔夢:チャイナ・ファンタジア』、1995年9月、カドカワノベルズ)寄稿
  • 「マイ・ベストFT Part2」(『S-Fマガジン』第36巻第1号、1995年1月)寄稿
  • 「少女の行方 享楽する少女達」(『imago』第6巻第4号、青土社、1995年4月)
  • 「緊急フォーラム SFの現在を考える(最終回)誰が日本SFを書いても良いはずだ」(『S-Fマガジン』第38巻第10号、1997年10月)寄稿
  • 「花の楽土」(『カサブランカ革命:百合小説の誘惑』、1998年12月、イースト・プレス)寄稿
  • 「生け贄」(『異形コレクション 12 GOD』井上雅彦編、1999年9月、廣済堂文庫)寄稿
  • 「話してはいけない」(『異形コレクション 15 宇宙生物ゾーン』井上雅彦編、2000年3月、廣済堂文庫)寄稿
  • 「ビー玉の夢」(『異形アンソロジータロット・ボックス 3 吊るされた男』井上雅彦編、2001年6月、角川ホラー文庫)再録
  • 「エデンに還れ(1)」(『S-Fマガジン』第42巻第8号、2001年8月)寄稿
  • 「エデンに還れ(2)」(『S-Fマガジン』第42巻第10号、2001年10月)寄稿
  • 「エデンに還れ(3)」(『S-Fマガジン』第42巻第12号、2001年12月)寄稿
  • 「黄金の王国」(『異形コレクション 21 マスカレード』井上雅彦編、2002年1月、光文社文庫)寄稿
  • 「エデンに還れ(4)」(『S-Fマガジン』第43巻第2号、2002年2月)寄稿
  • 「エデンに還れ(5)」(『S-Fマガジン』第43巻第4号、2002年4月)寄稿
  • 「エデンに還れ(6)」(『S-Fマガジン』第43巻第6号、2002年6月)寄稿
  • 「インタビュー 象徴としてのユニコーン ファンタジーにとって幻獣とは何か」(『幻想文学』64号、2002年7月)寄稿
  • 「エデンに還れ(7)」(『S-Fマガジン』第43巻第8号、2002年8月)寄稿
  • 「エデンに還れ(8)」(『S-Fマガジン』第43巻第10号、2002年10月)寄稿
  • 「エデンに還れ(最終回)」(『S-Fマガジン』第43巻第12号、2002年12月)寄稿
  • 「アダルミシアの大切なお友達」(『ヒント?:カラフル文庫アンソロジ- Vol.9』、2005年7月、ジャイブ)寄稿
  • 『Rolarious : 30th anniversary vol. 10』(ローラリアス、2008年8月)発行
  • 「リヴンデルの哀しみの王」(『きつねこタルト:召しませロマンス♥ 』vol. 4、2011年、きつねこ本舗(同人誌))寄稿
  • 「草原の風」(『グイン・サーガ・ワールド:グイン・サーガ続篇プロジェクト 6』天狼プロダクション、2012年12月、早川書房
  • 「リヴンデルの哀しみの王 2」 (『きつねこタルト:召しませロマンス♥ 』vol. 5、2012年8月、きつねこ本舗(同人誌))寄稿
  • 「猫の風景」(『ファンタスティック・ヘンジ』、2012年11月、変タジー同好会(同人誌))寄稿
  • 「リヴンデルの哀しみの王 3」(『きつねこタルト:召しませロマンス♥ 』vol. 6、2012年12月、きつねこ本舗(同人誌))寄稿
  • 『アフリカの誘惑:映画で旅するアフリカの歴史 1』(2013年8月、翡翠楼)共著発行
  • 「アザーズ」(『きつねこタルト:召しませロマンス♥ 』vol. 7 、2013年8月、きつねこ本舗(同人誌))寄稿
  • 「ふたりの王」(『Hobbit : Thorin Oakenshield fan book』2013年12月)寄稿
  • 「リヴンデルの哀しみの王 4」(『きつねこタルト:召しませロマンス♥ 』vol. 8、2013年12月、きつねこ本舗((同人誌))寄稿
  • 『アフリカの誘惑:映画で旅するアフリカの歴史 2-1』(2014年8月、翡翠楼)共著発行
  • 『アフリカの誘惑:映画で旅するアフリカの歴史 2-2』(2014年8月、翡翠楼)共著発行
  • 『指輪夜話:the stories of middle-earth』(ひかわ玲子プロジェクト:短編5作収録、2014年8月)発行
  • 「恋のから騒ぎ」(『きつねこタルト:召しませロマンス♥ 』vol. 9、2014年8月、きつねこ本舗(同人誌))寄稿
  • 『ひかわ玲子ペーパー 2014年冬コミ号』(ひかわ玲子プロジェクト、2014年12月)発行
  • 「長崎は今日も晴だった」(『きつねこタルト:召しませロマンス♥ 』vol. 10 、2014年12月、きつねこ本舗(同人誌))寄稿

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本幻想作家事典』東雅夫石堂藍 / 編集、国書刊行会2009年発行 より
  2. ^ 『グラフトンの三つの流星』大陸ノヴェルス・1988年12月9日初版「著者紹介」より
  3. ^ 『怪奇探偵小説名作選9 氷川瓏集 睡蓮婦人』日下三蔵編、ちくま文庫・2003 巻末「解説」より