ひがわり娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひがわり娘』(ひがわりむすめ)は小坂俊史4コマ漫画作品。「まんがタイムオリジナル」(芳文社)で、1999年6月号から2006年12月号にかけて連載されていた。また、一部は「まんがタイムダッシュ!」でも掲載されていた。

後に、同誌2008年7月号より2010年2月号まで登場人物を同じくする作品『ささきまみれ』が連載された。この『ささきまみれ』についても本項で扱う。

作品について[編集]

主人公の笹木まみとその友人飯田ナツコ中尾みちえを中心キャラクターとした、1話完結型のシチュエーション・コメディ。タイトルは伊藤咲子の楽曲『ひまわり娘』のパロディ[要出典]

3人は標準時の設定では20代前半のフリーターであるが、ある時は小学生、またある時はOL、またある時は雪山で遭難したりするなど、職業や年齢などの設定やシチュエーションが毎回異なる[1]。サブキャラクターは設定によって役割が変わっており、スター・システムの要素がある。設定は毎回変わるが、笹木まみが失敗を繰り返すヘタレであることだけは変わらない。

なお、続編の『ささきまみれ』は『ひがわり娘』標準時の設定に固定されている。

主な登場人物[編集]

笹木 まみ(ささき まみ)
愛称はササ、ササちゃん。
年齢は22-24歳くらいのフリーター5月29日生まれのO型。
髪には常にバレッタを付けている。バレッタは京都の老舗100円ショップのものである。
成績はあまりよくないようで、英語、生物、世界史すべて7点(本人はスリーセブンと喜んでいた)だったり、数学のテストで10点という散々な成績を残した。
クジ運が良く、宝くじで30万円を当てたことがある。
一度、冬眠しようとしたが失敗した。
中学2年の時、家出をして親から自衛隊に捜索願が出された。
物怖じしない。夜の墓場で墓前にあるお供え物を食べようとしたり、幼児の時は虫を平気で掴んだことがある。
誕生日の夜にベランダから落ちてしまい入院した。
作中何度か陸上部であった描写が出てくる。陸上部では円盤投げの選手だった。
かなりの田舎である地元から専門学校進学のために上京したが、落ちこぼれてフリーター生活に突入する。飯田、みっちゃんは地元からともに上京した親友である。
タイムマシーン1980年にタイムスリップし、飯田の母に会ったことがある。
飯田 ナツコ(いいだ なつこ)
愛称はそのまま飯田。
2月5日生のA型。ツッコミ役。
女優になるのが夢で劇団に所属している。
幼児の時に猫に顔を引っ掻かれ、それ以来猫は苦手。
笹木に早生まれということでバカにされたことがある。
作中で和服を着たことが2度ある。
男にはソコソコもてるが、あまり長続きはしない。初恋は中2の時だった。別れ際には催涙スプレーをかけられた。
中尾 みちえ(なかお みちえ)/ 七尾 みちえ(ななお みちえ)
愛称はみっちゃん。
12月18日生のA型。見守り役。
そば屋の一人娘でそば屋でバイト中。夢は日本一のそば屋になること。
優しい性格で病気になった笹木の看病をしたり、笹木と飯田の大喧嘩の仲裁に入ったり、お金が無くて帰れない笹木にお金を恵んだことがある。
なお、作者本人のこだわりから「ささきまみれ」では『七尾みちえ(ななお みちえ)』に改名されている(「ささき」「いいだ」に合わせたとのこと)。
柴崎 順三(しばさき じゅんぞう)
54歳。乙女座。サブキャラクターの中で最も出番が多い。
笹木の担任教師、大家、会社社長、コーチといった役から通行人の役まで幅広く演じている。
木村 めぐみ(きむら めぐみ)
23歳。世話好きで保母さんやバスガイド、教師、秘書として出演した。
笹木のにんじん嫌いを無くす為に「チョコにんじん」を作ったが失敗し、にんじん嫌いになる。
ひがわり娘ではサブキャラクターだったが、後作品の幼稚の園では主人公の一条ルルの保母としてメインキャラクターに昇格した。
笹木 あい(ささき あい)
主人公・笹木まみの姉。これまで直接登場したことは、一度もない。
懸賞マニア。現在、妹とは生き別れの状態にあるらしく、笹木は時々雑誌の懸賞欄をチェックして、消息を確かめているようである。
姉妹ということで、容姿はバレッタを外して髪を下ろした笹木まみに似ているらしい。
妹とは異なり、異性関係はかなり派手な様子。
実は既に娘(笹木メイ、3歳)がいる。娘には、自分のことをマミイと呼ばせている。
笹木 メモ(ささき めも)
笹木まみの娘。
まんがタイムオリジナル2006年8月号の、創刊24周年記念特別企画「2030年未来予想図」にて特別出演。
2030年の時点で、中学5年生(つまり高校2年だが、作者は、2030年ころに教育制度が変わり、中学校の在学年数が伸びたと仮定しているのだと思われる)。
その企画には、飯田の娘と思われる同級生も出演したが、名前は明かされていない。
佐々木 麻美(ささき まみ)
「ささきまみれ」から登場。小坂作品における「登場位置固定キャラクター」にあたり、笹木の隣の部屋に引っ越してきた異字同音の人。「登場」とはいうものの、その姿を作中で見せることなく再び引っ越してしまった。
その後、最終ページ右側の位置固定ネタは「隣の空き部屋」の回と「姿を見せない隣の新しい住人」の回があった。

備考[編集]

笹木まみの名前「まみ」は、色々な姿にコロコロ変わるというイメージから、「」の異称である「まみ()」に由来している。そのため、この作品の固有名詞には「狸穴」「コダヌキ食品」「ラクーンドッグス」など、「狸」に関連する言葉が使われていることが多い。

これまで笹木が経験した職業[編集]

幼稚園児、小学生、中学生、高校生、大学生、マラソン選手、お笑い芸人、気象予報士、女子プロ野球選手、農家小説家、うどん屋経営、魔女、寿司職人、郵便局員、劇団員、教師、爆発物処理班、OL、通訳、ストリートミュージシャン新聞記者、似顔絵屋、競泳選手、発掘調査員、フライトアテンダント陶芸家、社長秘書、女子サッカー選手etc.

雑誌情報[編集]

単行本 - 芳文社より「まんがタイムコミックス」として全5巻が刊行されている。

  • 第1巻 ISBN 4-8322-6230-0
  • 第2巻 ISBN 4-8322-6271-8
  • 第3巻 ISBN 4-8322-6323-4
  • 第4巻 ISBN 4-8322-6416-8
  • 第5巻 ISBN 4-8322-6520-2

なお、『ささきまみれ』の単行本化はされていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 作者は色々な設定の笹木まみを同一人物としてではなく、平行世界の住人として考えているという(1巻あとがき)。