ひたちなかインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひたちなかインターチェンジ
ひたちなかインターチェンジ(料金所)
ひたちなかインターチェンジ(料金所)
所属路線 E50 東水戸道路
IC番号 19
料金所番号 01-046(出入口)
01-047(本線)
起点からの距離 10.2km(水戸南IC起点)
水戸大洗IC (4.7km)
所属路線 E50 常陸那珂有料道路
料金所番号 56-047(本線)
起点からの距離 0.0km(ひたちなかIC起点)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0245.svg国道245号
供用開始日 1999年7月22日
通行台数 6,875台/日(2012年度平均)[1]
所在地 311-1252
茨城県ひたちなか市部田野
テンプレートを表示

ひたちなかインターチェンジは、茨城県ひたちなか市にある、東水戸道路常陸那珂有料道路インターチェンジ (IC) である。ひたちなか市の南東部に位置している。

常陸那珂有料道路への本線料金所を併設しているため、ゴールデンウィーク国営ひたち海浜公園で野外音楽イベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」が開催されている際は、渋滞が発生しやすい。

なお、本線料金所および東水戸道路の出入口(東行き出口・西行き入口)ではETCが利用できるが、常陸那珂有料道路の出入口(東行き入口・西行き出口)ではETCが利用できず、自動精算機による現金か回数券での精算のみとなる。

また、常陸那珂有料道路から東水戸道路方面へ連続して走行する一般車は、収受員のいる本線料金所にて常陸那珂有料道路の通行料金を精算した上で通行券を受け取るシステムになっており、現金もしくは回数券以外での精算はできない。

接続している道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:10

上り線入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

上り線出口[編集]

  • ブース数:1
    • 一般:1

下り線入口[編集]

  • ブース数:1
    • 一般:1

下り線出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

上り線本線[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

下り線本線[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

利用状況[編集]

通行台数(単位:台、2012年度)[1]
料金所 1日平均
ひたちなかIC 1,253,168 1,230,046 2,483,214 6,874.7
ひたちなかTB 486,964 623,038 1,110,002 3,032.8
1,740,132 1,853,084 3,593,216 9,817.5

歴史[編集]

周辺[編集]

[編集]

E50 東水戸道路
(18) 水戸大洗IC - (19) ひたちなかIC
E50 常陸那珂有料道路
(19) ひたちなかIC - (20) ひたち海浜公園IC

脚注[編集]

  1. ^ a b 50.有料道路の交通量”. 統計ひたちなか. ひたちなか市企画調整課. 2014年11月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月5日閲覧。

関連項目[編集]