ひたちBRT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひたちBRTの車両
(日野・ブルーリボンシティハイブリッド)

ひたちBRTは、 茨城県日立市茨城交通(旧・日立電鉄交通サービス)が運営しているバス路線である。廃線になった日立電鉄線の跡地を利用したバス・ラピッド・トランジット(BRT)で、2013年(平成25年)3月25日に第一期区間が開通した[1]大甕駅から常陸多賀駅までの第二期区間は2018年(平成30年)3月26日に暫定運行を開始[2]、2019年4月1日から本格運行を開始した[3]

概要[編集]

日立市が渋滞が激しい南北方向の交通改善を図るため、取得した日立電鉄線跡地をバス専用道として整備、新交通システムとしてBRTを導入したものである。計画は3期に分かれており、段階的に旧久慈浜駅から旧鮎川駅までの約8.5kmを専用道路として整備する。全体の完成後は一般道を経由して日立駅に乗り入れる予定である[4]

専用道上の停留所には上屋が設置され、一部の停留所ではパークアンドバスライド用駐車場やサイクルアンドバスライド用駐輪場が整備されている。

歴史[編集]

  • 2005年(平成17年)3月31日:日立電鉄廃線[5]
  • 2008年(平成20年)
    • 3月:日立電鉄線跡地を日立市が取得。
    • 8月:日立市が跡地利活用を進めるため、学識経験者、交通事業者、公募による市民委員などで構成された検討委員会を設置。
  • 2009年(平成21年)3月:「日立電鉄線跡地活用整備基本構想」策定。
  • 2010年(平成22年):学識経験者、交通事業者、市民委員などで構成された検討委員会により「新交通導入計画」が取りまとめられる。
  • 2013年(平成25年)3月25日:ひたちBRT開通[6][1]
  • 2016年(平成28年)2月1日:「日立商業高校」停留所新設(日立商業下 - どうのいり公園間)[7]
  • 2018年(平成30年)
  • 2019年(平成31年)4月1日:本格運行を開始[3]

運行形態[編集]

主な停留所を記す、「=」は専用道区間。

上記のように、おさかなセンターと多賀駅前を結ぶ便のほか、臨海工場西からルートが変わる大甕工場前発着便がある。また、一部便は大甕駅発着となる。サンピア日立は早朝・深夜時間帯は経由しない。

車両[編集]

大型ハイブリッドバスと中型ディーゼルバスがあり、各車両には「ブルーラピッド」などの愛称がある[11][3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 導入計画策定を支援した『ひたちBRT』が開業”. 一般財団法人計量計画研究所. 2013年10月23日閲覧。
  2. ^ ひたちBRTが常陸多賀駅まで運行を開始します - 日立市(2018年3月5日)
  3. ^ a b c ひたちBRTが本格運行を開始!”. 日立市. 2019年6月2日閲覧。
  4. ^ 新交通導入計画 第3章 事業計画 - 日立市
  5. ^ 跡地の概要について”. 日立市. 2012年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月23日閲覧。
  6. ^ ひたちBRT、3月25日運行開始…日立電鉄線跡地を走行”. レスポンス. 2013年10月23日閲覧。
  7. ^ ひたちBRT停留所「日立商業高校」新設のお知らせ - 日立電鉄交通サービス
  8. ^ 「ひたちBRT」第2期区間 暫定ルート26日開通
  9. ^ 日立市が自動運転バス実証、バス専用道では全国初”. 日本経済新聞. 2019年6月2日閲覧。
  10. ^ ラストマイル自動走行の実証評価(日立市)を開始-廃線敷利用のバス専用道路及び一般道での自動運転バスの社会受容性検証-”. 産総研. 2018年12月5日閲覧。
  11. ^ 新交通車両のデザイン及び愛称の決定について”. 日立市. 2019年6月2日閲覧。