ひらけ!チューリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ひらけ!チューリップ』は、日本お笑いタレント間寛平の歌唱による、パチンコを題材としたコミックソングである。また、本項では同曲をモチーフとした映画作品濡れた欲情・ひらけ!チューリップ』(ぬれたよくじょう - )についても記述する。

概要[編集]

  • 作詞・作曲:山本正之 編曲:市久
  • 1975年8月25日リリース(徳間音楽工業
  • オリコン最高位は1975年10月27日付の第25位だが[1]、累計で100万枚超をセールスする大ヒット曲となる。
  • 寛平の話によると、元々この曲は桂三枝(現・六代 桂文枝)が歌う予定で持ち込まれた企画だったが、当時の吉本興業社長がこれを拒否、「こんなしょうもない歌、寛平にでも歌わせとけ」として指名されて寛平が歌うこととなった。後に寛平は「100万枚売れても歌唱印税は24万円だった」と話している[2]
  • 作詞・作曲の山本にとっては前年の『燃えよドラゴンズ!』(歌唱:板東英二、約40万枚セールス)を超える大ヒット曲となる。そしてこのヒットによって、アニメシリーズ『タイムボカンシリーズ』の音楽を担当する様になる。
  • 山本が音楽&ドンファンファン伯爵役を演じた『タイムボカンシリーズ』の1本『ヤットデタマン』(1981年放送)では、最終回、ジュジャクが入った洞窟の扉を開けようとした伯爵が、「ひらけ!チューリップ」と唱えた。
  • 1991年HI-MEが『わたしの777 NEWひらけ!チューリップ』としてカバーした。
  • 1994年11月21日に間寛平がリリースしたシングルCD『なめくじ君』に、カップリング曲として『平成版!ひらけチューリップ デジパチ編』(作詞:間寛平、作曲:山本正之)が収録された。

映画「濡れた欲情・ひらけ!チューリップ」[編集]

出演

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1968 - 1997 オリコン チャート・ブック(1997年12月11日第1刷)p.255
  2. ^ “ミリオンセラー歌手”間寛平がサブローライブで28年ぶり熱唱「いけるね~」”. スポーツ報知 (2017年11月24日). 2017年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年11月26日閲覧。