ひろ子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「凞子内親王」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

凞子内親王(ひろこないしんのう、元久2年(1205年) - 薨年不詳)は、鎌倉時代中期の皇族後鳥羽天皇皇女、母は丹波局。順徳天皇朝の伊勢斎宮深草斎宮、また大谷斎宮と号した。

建保3年(1215年)3月14日、順徳天皇即位に伴い11歳で斎宮卜定。同年9月21日、左近衛府初斎院入り。同4年(1216年)9月20日、野宮に入る。同5年(1217年)9月14日、伊勢群行。同6年(1218年)2月14日、准后承久3年(1221年)4月20日、順徳天皇譲位により17歳で退下、同年8月21日帰京。寛喜2年(1230年)1月28日、26歳で出家

斎宮退下の後の消息は『明月記』にしばしば登場し、藤原定家神祇伯家と親しい関係にあったことが知られるが、天福元年(1233年)、29歳の頃の記事が最後で、その後の消息は不明。

参考文献[編集]

  • 山中智恵子『続斎宮志』砂子屋書房、1992年。 ISBN 4-7904-9221-4
  • 安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』 新人物往来社、1990年。
  • 芳賀登ほか監修『日本女性人名辞典』日本図書センター、1993年。