びなす (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
びなす(二代目)
Tsugarukaikyo-Ferry VENUS.JPG
びなす(津軽海峡フェリー移行当初の塗装)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1995-2017)
マルタの旗 マルタ(2017-)
所有者 東日本フェリー(1995-2009)
道南自動車フェリー/津軽海峡フェリー(2009-2017)
運用者 東日本フェリー(1995-2008)
道南自動車フェリー/津軽海峡フェリー(2009-2017)
建造所 三菱重工業下関造船所
姉妹船 ほるす
信号符字 JD2733
IMO番号 9114567
MMSI番号 431800044
改名 ATHAYA(2017-)
経歴
起工 1994年8月17日
進水 1994年11月25日
竣工 1995年3月28日
就航 1995年4月
運航終了 2017年3月11日
要目
総トン数 7,198トン
載貨重量 3,096トン
全長 136.6 m
垂線間長 125.0 m
型幅 21.0 m
型深さ 12.03 m
喫水 5.7 m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
推進器 2軸
最大出力 18,200馬力
定格出力 15,510馬力
最大速力 21.88ノット
航海速力 20.0ノット
旅客定員 800名
乗組員 35名
車両搭載数 8tトラック 87台、乗用車 20台
テンプレートを表示

びなす(VENUS)は、津軽海峡フェリーの青森 - 函館航路に就航していたフェリーである。船名はギリシャ神話の美の女神アプロディーテーに由来する。本項目では1995年に就航した2代目を取り扱う。

概要[編集]

びなす(東日本フェリー時代)

1995年、姉妹船である「ほるす(1994年就航。韓国パンスターライン社「パンスターハニー」を経て、現在は津軽海峡フェリーの「ブルードルフィン」)」と共に青森-室蘭航路に就航。あまり知られてはいないが造船を担当した三菱重工業下関造船所の記念すべき1000番船である。

東日本フェリー時代ではその後、僚船の「びるご」と共に何度か青森-函館航路と青森-室蘭航路を行き来したが、2007年9月1日、高速フェリー「ナッチャンRera」が就航すると古巣である青森-室蘭航路に転配される。2008年12月、東日本フェリー撤退後は一時青森港第4バースに係船されていたが、12月5日の朝便で「ばにあ」が引退したため、同日夕方便より道南自動車フェリー(現:津軽海峡フェリー)の青森-函館航路に転配・就航することとなった。

2016年度、2隻の新造船就航計画に伴い[1]ブルーハピネスが就航、その入れ替わりで引退し「ATHAYA」に改名されマルタへ売却。

船内[編集]

船室[編集]

  • 特等室(洋室)(2名×3室)
  • 特等室(和室)(2名×2室)
  • 1等室(4名×14室)
  • 2等室
  • プライベートドッグルーム
  • ドライバールーム

設備[編集]

  • レストラン(末期はオートレストラン)
  • ショップ・自動販売機
  • レセプション(案内所)
  • 浴室(末期はシャワーのみ利用可)
  • ゲームコーナー
  • ドッグルーム - 最大20匹収容

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 船舶技術協会『船の科学』1995年7月号 第48巻第7号
  • 海人社『世界の艦船 別冊 日本のカーフェリー -その揺籃から今日まで-』2009年 JANコード 4910056040393