びゅうヴェルジェ安中榛名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

びゅうヴェルジェ安中榛名(びゅうヴェルジェあんなかはるな、View Verger Annaka-haruna)は、北陸新幹線安中榛名駅前で分譲販売されていた、日本初新幹線直結型の定住型リゾートシティ(ニュータウン)。

概説[編集]

びゅうヴェルジェ安中榛名は、群馬県安中市が推進する北陸新幹線・安中榛名駅前の周辺整備計画に基づいて、東日本旅客鉄道(JR東日本)が駅前に広がる約48.7ヘクタール土地を購入し、1999年平成11年)11月から宅地造成工事が開始された。総区画数は601区画で、2016年(平成28年)6月末に完売した[1]

事業主[編集]

販売代理東急リバブル2003年(平成15年)10月から「一番街」「三番街」「五番街」の順に分譲販売が開始され、2007年(平成19年)からは「四番街」の申込み受付けが開始された。

1区画相当の宅地面積新幹線通勤別荘、定住型等、多種多様なニーズに対応できるよう、330 - 990平方メートルが用意されている。販売方法は建築条件付き宅地販売、建築条件なし宅地販売、宅地・建物一体型販売のいずれかが選択できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “JR東日本 「びゅうヴェルジェ安中榛名」完売”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年7月25日) 

関連項目[編集]