びわこエクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
びわこエクスプレス
「びわこエクスプレス」方向幕(681系・683系)
「びわこエクスプレス」方向幕(681系・683系)
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車(通勤特急)
現況 運行中
地域 滋賀県・京都府・大阪府
前身 ホームライナー「びわこライナー」
運行開始 2003年6月1日
運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 米原駅草津駅(上りのみ)
終点 大阪駅
営業距離 110.5 km (68.7 mi) (米原 - 大阪間)
運行間隔 1.5往復
使用路線 JR西日本:東海道本線琵琶湖線JR京都線
車内サービス
クラス グリーン車(683系4000番台)・普通車
技術
車両 683系電車キハ189系気動車吹田総合車両所京都支所
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500V(683系4000番台)
非電化(キハ189系気動車)
最高速度 130 km/h (81 mph)
テンプレートを表示

びわこエクスプレスは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が米原駅 - 大阪駅間を東海道本線琵琶湖線JR京都線)経由で運行する特急列車(通勤特急)[1][2]である。

前身の「びわこライナー」についても記述する。

概要[編集]

本列車の前身は、ホームライナー座席定員制)の「びわこライナー」である。これは、国鉄分割民営化後まもない1987年から、北陸本線の特急車両の間合い運用を利用して、通勤客向けに米原駅 - 大阪駅間で運行していたものであった。しかし、2003年6月1日のダイヤ改正で北陸方面の新型車両が増備されることになり、「びわこライナー」についても車両を置き換えることになった。これに伴い、ホームライナーではなく、特急列車として運行することとなり、「びわこエクスプレス」と改称された[3][4]

2007年3月18日に特急「東海」が廃止されて以降は、東海道本線のみを走る唯一の特急列車で、「はるか」・「らくラクはりま」と同じくアーバンネットワーク内で運行が完結する。

運行概況[編集]

2015年3月14日現在、平日ダイヤに米原駅 - 大阪駅間で1往復と大阪発草津行きの上り1本の計3本が設定されている。なお、土・休日ダイヤでは設定されていない[5]。2014年3月15日のダイヤ改正以降、このダイヤで運転されている。

本列車の利用客向けに、回数特急券などの割引乗車券が発売されている[6][7]

停車駅[編集]

米原駅 - 彦根駅 - 近江八幡駅 - 野洲駅 - 守山駅 - 草津駅 - 石山駅 - 大津駅 - 山科駅 - 京都駅 - 新大阪駅 - 大阪駅

使用車両[編集]

2019年3月16日現在の編成図
びわこエクスプレス
← 米原
大阪 →
1・4号
1 2 3 4 5 6 7 8 9
G
← 大阪
草津 →
2号
1 2 3
  • 全車禁煙
凡例
G=グリーン車座席指定席
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席

1号と4号には特急「サンダーバード」の間合い運用として、683系4000番台金沢総合車両所所属)が使用されている[8]

2015年3月ダイヤ改正までは吹田総合車両所京都支所所属の681・683系が使用されていたが、2015年3月ダイヤ改正より上述の683系4000番台に運用移管された。

「びわこライナー」の時代は特急「雷鳥」用の485系が用いられていたが、1995年から1997年までの間は運用上の関係で東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両も使用されていた[3]

2号には特急「はまかぜ」の間合い運用として、キハ189系が使用されている[9][5]

沿革[編集]

  • 1987年昭和62年)10月:「びわこライナー」が運転開始[3]
  • 1988年(昭和63年)3月:「びわこライナー」が定期列車化[3]
  • 2003年平成15年)6月1日:「びわこライナー」が廃止され、特急「びわこエクスプレス」が運転開始[4]
  • 2004年(平成16年)10月16日:山科駅が停車駅に追加される[10]
  • 2009年(平成21年)6月1日:全車禁煙になる[11]
  • 2014年(平成26年)3月15日:キハ189系を使用して[5]上り1本(草津行き)を増発、下り1本・上り2本(2号:草津行き、4号:米原行き)となる。
  • 2019年(平成31年)3月16日:通勤特急「びわこエクスプレス」に名称が変更される[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2019年春ダイヤ改正(3月16日【土曜日】) (PDF)”. 西日本旅客鉄道 (2018年12月14日). 2018年12月14日閲覧。
  2. ^ 2019年3月16日にダイヤ改正を実施します (PDF)”. 西日本旅客鉄道 近畿統括本部. 2018年12月15日閲覧。
  3. ^ a b c d 「特集・通勤ライナー」『鉄道ピクトリアル』第747号、電気車研究会、2004年6月、 20頁。
  4. ^ a b 特急「びわこエクスプレス」の運転、特急「はるか」の米原延長運転の開始インターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年4月18日
  5. ^ a b c 『JR時刻表』2014年3月号、交通新聞社
  6. ^ 鉄道のご案内|トクトクきっぷ:JRおでかけネット - びわこ通勤回数特急券【自由席回数特急券(料金)】 - 西日本旅客鉄道
  7. ^ 鉄道のご案内|トクトクきっぷ:JRおでかけネット - マイシート(指定席特急料金定期券) - 西日本旅客鉄道
  8. ^ 『鉄道ダイヤ情報』2015年5月号、交通新聞社、2015年、p.26
  9. ^ 平成26年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道近畿総括本部 2013年12月20日
  10. ^ 平成16年秋のダイヤ改正(別紙) (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2004年7月23日
  11. ^ 在来線特急列車などの全席禁煙化ならびに在来線ホームの禁煙化の拡大について Archived 2009年3月29日, at the Wayback Machine. - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年3月26日
  12. ^ 2019年3月16日にダイヤ改正を実施します (PDF)”. 西日本旅客鉄道 近畿統括本部. 2018年12月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 今尾恵介原武史『日本鉄道旅行歴史地図帳 - 全線・全駅・全優等列車』8号・近畿、新潮社、2010年。ISBN 978-4-10-790042-5。