ふたご座ミュー星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふたご座μ星[1]
Mu Geminorum
星座 ふたご座
視等級 (V) 2.87[1]
2.75 - 3.02(変光)[2]
変光星型 LB[2]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 06h 22m 57.62686s[1]
赤緯 (Dec, δ) +22° 30′ 48.8979″[1]
赤方偏移 0.000181[1]
視線速度 (Rv) 54.38 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 56.39 ミリ秒/年[1]
赤緯: -110.03 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 14.08 ± 0.71ミリ秒[1]
(誤差5%)
距離 230 ± 10 光年[注 1]
(71 ± 4 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -1.39[注 2]
Gemini constellation map.png
Cercle rouge 100%.svg
μ星の位置
物理的性質
半径 104 R[3]
質量 2.1 M[4]
表面重力 1.50 (log g)[5]
自転速度 8.4 km/s[6]
スペクトル分類 M3IIIab [1]
光度 2,799 L[5]
表面温度 3,650 K[3]
色指数 (B-V) +1.64[7]
色指数 (U-B) +1.85[7]
色指数 (R-I) +1.38[7]
別名称
別名称
ふたご座13番星[1],
BD +22 1304[1],
FK5 241[1],
HD 44478[1],
HIP 30343[1],
HR 2286[1],
SAO 78297[1]
■Template (■ノート ■解説) ■Project

ふたご座μ星(ふたござミューせい、μ Gem)は、ふたご座の恒星で3等星。

特徴[編集]

ふたご座μ星は、太陽に比べ1,540倍以上のエネルギーを放出している[3]。視直径は0.0135秒[3]。μ星は、地球から見た場合、他の恒星よりも5倍以上の速度で移動しているように見える[3]

地球から見て2分離れて位置する9等級の星は、近くに見えているだけであり、実際にはμ星とは関連性は無いと推測されている[3]

名称[編集]

固有名の Tejat[8][9] は、古いアラビア語でその意味もわからず、議論が続いている単語 al-taḥāyī の単数形 tiḥyāt に由来するとされる[8]。元々 al-taḥāyī はこの星とη星、ν星の3つの星のことを指していたとする文献もある[8]。かつては隣り合わせに位置するη星Tejat Prior、μ星を Tejat Posterior と呼ぶこともあった[3]が、2016年にη星にプロプス (Propus) という固有名が正式に付けられ[9]Tejat はμ星だけの固有名となった[3]。2017年2月1日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Tejat をふたご座μ星Aaの固有名として正式に承認した[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年はパーセク×3.26より計算。
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第2位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for mu. Gem. 2017年2月10日閲覧。
  2. ^ a b GCVS”. Results for mu. Gem. 2017年2月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Tejat”. STARS. 2017年2月10日閲覧。
  4. ^ Tsuji, Takashi (May 2007), “Isotopic abundances of Carbon and Oxygen in Oxygen-rich giant stars”, in Kupka, F.; Roxburgh, I.; Chan, K., Convection in Astrophysics, Proceedings of IAU Symposium #239 held 21-25 August, 2006 in Prague, Czech Republic, pp. 307-310, arXiv:astro-ph/0610180, Bibcode 2007IAUS..239..307T, doi:10.1017/S1743921307000622. 
  5. ^ a b Mallik, Sushma V. (December 1999), “Lithium abundance and mass”, Astronomy and Astrophysics 352: 495-507, Bibcode 1999A&A...352..495M. 
  6. ^ Massarotti, Alessandro; Latham, David W.; Stefanik, Robert P.; Fogel, Jeffrey (January 2008), “Rotational and Radial Velocities for a Sample of 761 HIPPARCOS Giants and the Role of Binarity”, The Astronomical Journal 135 (1): 209-231, Bibcode 2008AJ....135..209M, doi:10.1088/0004-6256/135/1/209. 
  7. ^ a b c 輝星星表第5版
  8. ^ a b c Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 39. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  9. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2017年2月13日閲覧。