ふっく (NHK福岡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ふっくは、NHK福岡放送局が初めて制定した独自マスコットキャラクター。

概要[編集]

コンセプトは、「ふくおかをカンガェル〜」。ということで、カンガルーをモチーフにしている。まだ育児嚢からは完全に出られないオスの“ジョーイ”で、好奇心旺盛、また福岡らしいキャラクター付けが成されている。

九州・沖縄管内では、同じ県内の北九州局が“北九さん”やリリー・フランキー作の“ハレピョン”を世に送り出したほか、佐賀局がおにぎりをモチーフにした“ギュッとくん”、長崎局が“カステラ猫 ふわりちゃん”を、宮崎局が“ファイトくん”を、沖縄局が伝統菓子をモチーフにした“さあたあちゃん”を、それぞれ制定している。こうした流れに取り残されまいと、福岡局が天神から六本松に移転して20年になったことを機に2012年10月制定され、月末の局イベントでお披露目された[1]

デザインは“くまモン”にも関わった小山薫堂の友達・水野学が手掛けたため、体形が“くまモン”の特徴にやや似ている。またテーマ曲まで存在しており、栗コーダーカルテットが演奏、バンドを率いる栗原正己が作曲した[2]。さらには「ふっくダンス」まで作られ、“カンガールズ”なる福岡局の若手女性職員が振り付け・実演を担当。プロバスケットボールチーム・ライジング福岡のホームゲームをNHK福岡が中継した際には、何と公式チアダンスチーム「RFC」と一緒に踊り、場内の笑いを誘っていた[3]

これ以外にも、『ぐるっと8県 九州沖縄』の福岡局県枠で木曜日アシスタントを務めるほか、2013年からは不定期制作の冠番組が始められた。

ふっくTV[編集]

ふっくTV ふくおかをカンガェル〜(ふっくてぃーヴぃー ふくおかをかんがぇるー)は、NHK福岡放送局が2013年1月に開始した、不定期単発番組である。第2回目以降は、NHK北九州放送局でも本放送を同時ネットで放送されている。

ふっくと『熱烈発信!福岡NOW』キャスター・佐々木理恵が、エリア内の様々な疑問を現場に直接出向いて調べていく。ただ、第5回目以降の放送がある場合は、『はっけんTV』でふっくと共演する武藤麻美に交代した。公式サイトでは既にそのコンビで素材収録が1本終わっているものの、編集の都合から第4回で放送できなかった旨が告知されている。

また福岡局管内では、EPGで番組として扱われるフィラーの形で、各項目を2分に纏めた『ふっくTVミニ』が随時放送されている。この『ふっくTVミニ』は公式サイトでも公開されている。

最初の2回はふっくは子どもなのですぐにおなかが空くが、佐々木に「まだ早いよぉ〜」とあしらわれる。そこから、いろいろと話が展開するというのが、一つの流れとして成立している。特に第2回はヤフオク!ドームを舞台として、大掛かりなストーリーになった。3回目以降は演出が変わっている。

脚注[編集]

  1. ^ 田口五朗 (2013年1月4日). “あけましておめでとうございます”. ぐるっと8県 九州沖縄「ぐるっとブログ」. NHK福岡放送局. 2013年3月9日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 『ふっくTV』第1回で「ふっくのおともだち」としてこれらの事実が紹介され、水野・栗原が出演した。
  3. ^ ふっくのお世話係職員 (2013年2月22日). “ふっく☆ダンス×チアダンスチームRFC×カンガールズ!”. ふっくがゆく. NHK福岡放送局. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月9日閲覧。スクロールせよ。
  4. ^ NHK番組たまご『5分間の“大切な物語”』を差し替え。
  5. ^ あなたが主役 50ボイス』を差し替え。
  6. ^ この回は途中のコーナーを挟んで一つのストーリーとして作り上げられている。
  7. ^ 『ミニ』では、本編において尺の都合で放送できなかった部分が新たに公開された。
  8. ^ にっぽん紀行』を差し替え。
  9. ^ にっぽん紀行』を差し替え。