ふりむかないで (Winkの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ふりむかないで
Winkシングル
初出アルバム『Nocturne 〜夜想曲〜
B面 ロマンスの方舟
リリース
規格 8cmCD
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップス
時間
レーベル ポリスター
作詞・作曲 作詞:岩谷時子
作曲:宮川泰
編曲:門倉聡
プロデュース 水橋春夫
チャート最高順位
  • 週間7位(オリコン、1992年8月3日)[1]
  • 1992年度年間141位(オリコン)[2]
Wink シングル 年表
摩天楼ミュージアム
1992年
ふりむかないで
(1992年)
リアルな夢の条件
(1992年)
テンプレートを表示

ふりむかないで」は、Winkの15枚目のシングルである。1992年7月22日ポリスターより発売された。

解説[編集]

表題曲は、1962年に発売されヒットしたザ・ピーナッツふりむかないで」のカバー。Winkの楽曲として門倉聡が編曲を担当しており、『ザテレビジョン』では「ダンサブルなアレンジで生まれ変わった」として紹介された[3]。本シングルを含めたWinkの全25枚のシングル表題曲において邦楽カバーしたのは、唯一、本楽曲のみである。

本曲は、1992年7月7日より[注 1]フジテレビクイズ番組なるほど!ザ・ワールド』のエンディングテーマとして使用された[4]

カップリング曲は「ロマンスの方舟」。1987年に発売された、イタリアの歌手であるミスター・ジヴァゴ英語版の "Little Russian" のカバーである。日本語詞を及川眠子、編曲を船山基紀が担当している。

1992年7月22日に発売。はじめ7月8日発売と告知されていた[3]オリコンチャートの週間ランキングでは、8月3日付の初登場7位を最高位とし、以後、100位以内には、9月21日付の84位まで、8週連続ランクインした[5]。同チャートの年間ランキングでは、1992年度において売上13.236万枚により141位となっている[2]

収録曲[編集]

  1. ふりむかないで
  2. ロマンスの方舟
    • 作詞・作曲:セトロジー・アレッサンドロ, デグリノサンティー, マルコ・マッシーニ、日本語詞:及川眠子、編曲:船山基紀

収録アルバム[編集]

テレビ番組における歌唱[編集]

※ 放送日は首都圏のもの。地方の系列局の放送日は異なる場合がある。

  • ふりむかないで
放送日 (曜日) 番組名 放送局 衣装 備考
1992.07.19 (日)[注 2][注 3] 歌謡びんびんハウス[注 2][注 3] テレビ朝日 Winkは同番組の前回7月12日(日)放送分にも出演[注 4]
1992.07.24 (金)[6] ミュージックステーション[6] テレビ朝日
1992.07.29 (水)[注 5] SOUND ARENA[注 5] フジテレビ
1992.08.14 (金)[7] ミュージックステーション[7] テレビ朝日
1992.08.15 (土)[注 6] 鶴ちゃんのプッツン5[注 6] 日本テレビ
1992.09.19 (土)[注 7] 第16回長崎歌謡祭[注 7] TBS Winkはコンサート用の衣装を着用して本曲を歌唱。
1992.10.03 (火)[注 8] 思い出音楽館[注 8] テレビ朝日
1992.12.22 (火)[注 9] Silent Night From Angels '92[注 9] WOWOW Winkはコンサート用の衣装を着用して出演。
1993年10月19日(火)に再放送[注 10]
同番組は、ビデオ『La Soirée D'anges 〜天使たちの夜会〜』(ポリスター、1993年6月25日)として商品化。『Wink Performance Memories ~30th Limited Edition~』(ポリスター、2019年4月24日)のボーナス映像としても収録。
1993.04.04 (日)[注 11] 日曜はピアノ気分[注 11] 読売テレビ Winkは同番組に「永遠のレディードール」の衣装を着用して出演し、同曲も歌唱。また、この番組のレギュラー出演者であり本曲の作曲者でもある宮川泰が編曲した「ふりむかないで」を、振付せずに、通崎睦美によるマリンバ伴奏および馬詰のりあきとザ・スクラッチによる演奏で歌う。

カバー[編集]

  • ふりむかないで
    • Yoo Yoo英語カバー。タイトルは「Baby Don't Look Back」。Yoo YooによるWinkの楽曲の英語カバーアルバム『WINK COLLECTION』(ポリスター、1992年9月26日)に収録。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1992年7月7日放送分から使用開始される予定が「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1992年第26号)p.60(各地方版共通)に記される。
  2. ^ a b 読売新聞』1992年7月19日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1992年7月号p.954)のテレビ番組表に「誰だ・アイドルビール飲んで本番‥‥荻野目光ゲンジ?ウィンク」として番組放送予定記載あり。
  3. ^ a b 「音楽」(『ザテレビジョン』1992年第29号)p.67(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  4. ^ 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1992年第28号)p.49(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。
  5. ^ a b 『読売新聞』1992年7月29日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1992年7月号p.1482)および夕刊第24面(同前p.1506)のテレビ番組表に「サザンオールスターズ 杏里アルフィー大江千里・ウィンク競演」として番組放送予定記載あり。
  6. ^ a b 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1992年第33号)p.45(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。
  7. ^ a b 『読売新聞』1992年9月19日朝刊第28面(『読売新聞縮刷版』1992年9月号p.924)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  8. ^ a b 「音楽」(『ザテレビジョン』1992年第43号)p.71(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。ただし、予定される曲目が「待つわ」とされている。
  9. ^ a b 『読売新聞』1992年12月22日朝刊第23面(『読売新聞縮刷版』1992年12月号p.991)の「衛星・UHF TV」番組表および夕刊第16面(同前p.1016)のテレビ番組表に「ウィンク・ライブ」の表題で番組放送予定記載あり。
  10. ^ 『読売新聞』1993年10月19日朝刊第23面(『読売新聞縮刷版』1993年10月号p.871)の「衛星・UHF TV」番組表および夕刊第16面(同前p.896)のテレビ番組表に「ウィンク・ライブ」の表題で番組放送予定記載あり。
  11. ^ a b 朝日新聞』大阪版1993年4月4日朝刊第24面のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  12. ^ 外部リンク」の節の「ふりむかないで(M.V.) / Wink【Official Music Video】」。

出典[編集]

  1. ^ 『オリコン・チャート・データ'92』 1993, p.138。
  2. ^ a b 『オリコン・チャート・データ'92』 1993, p.4。
  3. ^ a b 「NEWすたーれぽーと - お待たせ!WINKニュー・シングル7/8発売」(『ザテレビジョン』1992年第24号)p.48(各地方版共通)。
  4. ^ 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1992年第31号)p.51(各地方版共通)。
  5. ^ 『オリコン・チャート・データ'92』 1993, pp.138-147。
  6. ^ a b 「出演者ラインアップ - 1992.07.24.FRI」(『MUSIC STATION』)、2019年7月29日閲覧。
  7. ^ a b 「出演者ラインアップ - 1992.08.14.FRI」(『MUSIC STATION』)2009年3月30日時点のアーカイブ
  8. ^ 「NHKクロニクル - 番組詳細検索結果」(『NHK ONLINE』)2019年11月1日時点のアーカイブ

参考文献[編集]

  • 『オリコン年鑑1993別冊 オリコン・チャート・データ'92』オリコン、1993年5月15日。

関連項目[編集]