ふるさと (五木ひろしの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふるさと
五木ひろしシングル
B面 丘の上の赤い花
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル 徳間音楽工業
作詞・作曲 作詞:山口洋子
作曲:平尾昌晃
チャート最高順位
  • 11位(オリコン
  • 1973年度年間44位(オリコン)
五木ひろし シングル 年表
霧の出船
(1973年)
ふるさと
(1973年)
狼のバラード
(1973年)
テンプレートを表示

ふるさと」は、1973年7月に発売された五木ひろしのシングルである。

解説[編集]

1986年8月中旬までのシングルの累計出荷枚数は76.0万枚(徳間ジャパン調べ)[1]で、同時点で五木のシングルとしては歴代7位のヒットとなっている(デュエット曲を除く)[1]。同年の日本歌謡大賞第24回NHK紅白歌合戦でもこの曲が歌われた。この年は第15回日本レコード大賞のみレコード会社が急きょ勝負曲を「夜空」に切り替えたため歌われることは無かったが、五木は後に「この年は僕は『夜空』よりも『ふるさと』で賞レースを戦おうと思っていました。」と語っている[2]

2007年〜2008年放送のNHK連続テレビ小説ちりとてちん』ではヒロインの母の愛唱歌という設定で劇中歌として用いられ、五木自身も本人役でドラマにゲスト出演している。2008年には、新録音盤のシングルCDを「ふるさと 〜'08バージョン〜」として発売している。

五木のふるさとである福井県美浜町にある、三方五湖レインボーラインの山頂公園内「五木の園」に歌碑が設置されている。

収録曲[編集]

  1. ふるさと(3分09秒)
    • 作詞:山口洋子/作曲:平尾昌晃/編曲:竜崎孝路
  2. 丘の上の赤い花(3分09秒)

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「『よこはま・たそがれ』ヒットから16年 2000万枚」『読売新聞』1986年9月25日付夕刊、10面。
  2. ^ 【あの時・日本レコード大賞<6>】五木ひろし、勝負曲「夜空」に急きょ変更 - スポーツ報知 2019年12月21日

関連項目[編集]