ふれあいバス (多久市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ふれあいバス(ふれあいバス)は、佐賀県多久市にて運行しているコミュニティバスである。

自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送である。

祐徳バス佐賀市と多久市を結んでいた路線を廃止したことや、昭和自動車の市内3路線が廃止されるのに伴い、運行を開始した。

運行概況[編集]

料金

  • 中学生以上200円、小学生以下100円、乳児および保護者同伴の幼児1名は無料。
    • 回数券は200円券12枚綴り2,000円、100円券12枚綴り1,000円がある。
    • 全路線フリー定期券あり、6か月有効で10,000円。

なお、車内等で無料乗り継ぎ券(発行当日限り有効)を発券している。

運転日

  • 日曜日は全路線運休。

沿革[編集]

  • 2003年平成15年)9月30日:祐徳バスが佐賀市と多久市を結ぶ「東多久線」(20.3㌔)を廃止。
  • 2005年(平成17年)9月30日:昭和自動車が多久市内の「西多久線」(4.8㌔)「岸川線」(3㌔)「市内循環線」(19.8㌔)を廃止。
  • 2005年(平成17年)10月1日:運行開始。当時は市内循環線、東多久線、岸川線、西多久線、立山線の5路線だった。
  • 2006年(平成18年)5月1日:ダイヤ改正、路線を3路線に再編。
  • 2010年(平成22年)3月1日:コーリー(ショッピングセンター)閉店に伴いコーリー停留所を休止。東多久・岸川線、西多久線については循環線の浦山停留所で代替。
  • 2011年(平成23年)11月9日:スーパーセンターフードウェイの開店にともない、休止していたバス停を「フードウェイバス停」として再開。

路線[編集]

以下は2006年5月1日改正時点での情報である。

循環線

  • 多久発着所 - 京町 - コーリー - 多久市役所 - 多久原 - 東多久 - 渋木 - 東多久駅前 - 羽佐間 - 平瀬 - 谷下 - 花祭(折返) - 谷下 - 西牟田辺 - 南多久公民館 - 長尾 - 市立病院 - 多久聖廟(折返) - 市立病院 - めぐみ町 - 多久発着所 - 立山 - 東原 - 浦山 - コーリー - 京町 - 多久発着所
    • 東回り(上記正順)3本、西回り(上記逆順)3本運行。

東多久・岸川線

  • 多久発着所 - 京町 - コーリー(浦山) - 多久市役所 - 中多久駅前 - 中央中前 - 中小路 - 東多久 - 羽佐間 - 裏納所(折返) - 中小路 - 南多久公民館 - 長尾 - 市立病院(折返) - 長尾 - 中多久駅前 - 多久市役所 - 岸川(折返) - 多久市役所 - コーリー(浦山) - 京町 - 多久発着所
    • 東回り(上記正順)2本、西回り(上記逆順)3本運行。

西多久線

  • 多久発着所 - 砂原 - コーリー(浦山) - 多久市役所 - 中多久駅前 - 長尾 - 市立病院 - 平山(折返) - 市立病院 - 長尾 - 梅ノ木団地前 - 多久発着所
    • 東回り(上記正順)2本、西回り(上記逆順)3本運行。

 

車両[編集]