ぶたが逃げた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みんなのうた
ぶたが逃げた
歌手 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
作詞者 宮沢章二
作曲者 小田啓義
映像 アニメーション
映像制作者 柳原良平
初放送月 1968年10月-11月
再放送月 1969年2月-3月
テンプレートを表示

ぶたが逃げた』(ぶたがにげた)は、日本の楽曲。作詞:宮沢章二、作曲:小田啓義、歌:ジャッキー吉川とブルー・コメッツ(「ブルー・コメッツ」名義)。

1968年10月-11月NHKの『みんなのうた』で紹介。町に売られた親を追い、子豚が村から逃げ出すも、鈍足ゆえにカラスに笑われ、道に迷った挙句に空腹で倒れ、夜は涙をこらえながら道端で眠ると、様々な障害にぶつかりながら、「明日は誰かが拾ってくれる」と子豚を励ますといった内容の楽曲。アニメーションは「アンクルトリス」で知られる柳原良平で、柳原は他にも『いいやつみつけた』『トトトの歌』などといった『みんなのうた』楽曲のアニメを制作している。

当時NHK出演が許されたブルコメの唯一の『みんなのうた』出演だが、再放送は1969年2月-3月の1回きりで、DVDやCD(ブルコメ関連も)にも収録されていない。現在は日本放送出版協会発売の『NHKみんなのうた』第9巻に収録されている。

世界文化社発行の「ドレミファブック」には、熊倉一雄の歌唱で収録されている。

2016年12月24日放送分の『エンタの神様』では「我が家」のコントのBGMとして使用された。

参考資料[編集]

  • みんなのうた(公式サイト)
  • みんなのうた缶(非公式サイト)