ぶどう畑のあの男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぶどう畑のあの男
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週月・火曜 21:55 - [1](70[2]分)
放送期間 2006年7月24日 - 9月12日(韓国)(16回)
放送国 韓国日本
制作局 KBS[2]
企画 カン・イルス[3]
演出 パク・マニョン、キム・ヨンジョ[4]
原作 キム・ラン[5]
脚本 チョ・ミョンジュ[4]
出演者 ユン・ウネ
オ・マンソク
音声 ステレオ[6]
字幕 日本語BS日テレ[6]
外部リンク 公式サイト KBS
テンプレートを表示
ぶどう畑のあの男
各種表記
ハングル 포도밭 그 사나이
漢字 葡萄밭 그 사나이
発音 ポドバッ ク サナイ
日本語読み: ぶどうばたけのあのおとこ
ローマ字 podobat Geu Sanai
題: The Man of the Vineyard[2]
テンプレートを表示

ぶどう畑のあの男』(ぶどうばたけのあのおとこ、포도밭 그 사나이)は、韓国KBS2006年7月24日から9月12日まで放送されたテレビドラマ。全16話。日本ではBS日テレなどで放映された。

あらすじ[編集]

若い女性イ・ジヒョンを中心として話がすすむ恋愛喜劇。見かけは平凡だが、内には強い思いがあって、いつか大物になるつもりの特別な存在であることを分かってほしいと思っているジヒョンは、服飾デザイナーとして一生けんめいで、いつか自分のブランドを持ちたいと思っている。ところがその願いは、大叔父の申し出を不承ぶしょう受け入れたことで、いったん保留となる。ブドウ園を譲渡するという大叔父の示した条件のために、1年間ブドウ園で働くことになるのだが、そのブドウ園には農園の生活に適応しようとするジヒョンをいっそう困難にさせるいっけん粗野で冷淡な男チャン・テッキがいた。ジヒョンはテッキの監督のもとでブドウの育成方法を習得しなければならない。

さまざまな騒動や譲渡をめぐる問題を通じてジヒョンとテッキは互いにいたわりあうことを覚える。いつしかジヒョンはブドウ園とそのブドウ園の男テッキを愛していることに気づく。本作は、ブドウ園のありふれた日常とふたりの個人的人間関係を通じて、真の美しさや真の優しさを、あらゆる物の内にそしてあらゆる人の内側に、たんなる表面のみならずその隠された内面を知ることで見出し得ることを描き出す。

登場人物[編集]

  • イ・ジヒョン - ユン・ウネ [7] [3]
  • チャン・テッキ - オ・マンソク
  • カン・スジン - チョン・ソヨン
  • キム・ギョンミン - キム・ジソク
  • イ・ピョンダル - イ・スンジェ
  • ムン・ウニョン - オク・チヨン
  • パク・ホンイ - カン・ウンビ
  • イ・ジホ - チョ・ギョチョル
  • チェ・オクスク - イ・ミヨン
  • イ・ヒョンマン - キム・チャンワン
  • イ・ミョング - イ・ジオ
  • ソ・ヨンナン - パン・ウニ

スタッフ[編集]

  • 演出 - パク・マニョン、キム・ヨンジョ
  • 脚本 - チョ・ミョンジュ
  • 原作 - キム・ラン(インターネット小説)

            

受賞歴[編集]

  • 2006年 KBS演技大賞 ベストカップル賞(オ・マンソクとユン・ウネ) [8]
  • 2006年 KBS演技大賞 新人賞(オ・マンソク)
  • 2006年 KBS演技大賞 新人賞(ユン・ウネ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 포도밭 그 사나이 (ぶどう畑のあの男) Daum 영화(映画)(韓国語) 2011年9月5日閲覧。
  2. ^ a b c The Man of the Vineyard HANCINEMA (英語) 2011年9月5日閲覧。
  3. ^ a b 포도밭 그 사나이 (ぶどう畑のあの男) 出演 Daum 영화(映画)(韓国語) 2011年9月5日閲覧。
  4. ^ a b 포도밭 그 사나이 (ぶどう畑のあの男) KBS (韓国語) 2011年9月5日閲覧。
  5. ^ 포도밭 그 사나이 (ぶどう畑のあの男) NAVER 책(本)(韓国語) 2011年9月5日閲覧。
  6. ^ a b 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」番組概要 Archived 2011年8月8日, at the Wayback Machine. BS日テレ 2011年9月6日閲覧。
  7. ^ 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」登場人物紹介 Archived 2011年12月1日, at the Wayback Machine. BS日テレ 2011年9月6日閲覧。
  8. ^ 2006년 연기대상 (2006年 演技大賞) KBS (韓国語) 2011年9月5日閲覧。